« ニラ饅頭の聖地 | トップページ | スカラシアター »

2019年12月 1日 (日)

ワット・カンペーン

MTRバンパイ駅から北に約850m、運河沿いに建つワット・カンペーン (Wat Kamphaeng) は、証拠となる文献はないそうですが、窓枠の装飾スタイルなどからアユタヤ朝中期から後期にかけて建てられたものだと言われています。

その後、ラーマ4世の時代に大規模な修復がなされたそうですが、ラーマ4世が関係したお寺といえばワット・ボロムニワート (→過去記事) など近代をモチーフにした壁画で有名なものがあります。ここも影響を受けたのでしょう、壁画にそのテイストが現れていました。

217kampen01
217kampen02
217kampen03
217kampen04
217kampen05
217kampen06

|

« ニラ饅頭の聖地 | トップページ | スカラシアター »

旅行・地域 タイのお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニラ饅頭の聖地 | トップページ | スカラシアター »