« 珍味個人史 | トップページ | インフルエンザ »

2020年1月12日 (日)

ハーブテント

BTSオンヌット駅から北に約500m、ハーミットハーブスクール (Hermit Herb School) でハーブテント (Herbal Steam Sauna Tent) を体験してきました。スクールを一人切り盛りするのはティウ先生というタイ人女性。

ハーブテントはタイに古くから伝わる民間療法です。テントの中でハーブを鍋で煮出し、薬効成分たっぷりのスチームを全身に浴びることによって、デトックス効果、ホルモンバランスの調整、冷え性の改善、リラクゼーションなどが期待できます。

スチームを浴びる4つの体勢を教えてもらい、着替えを終えると、ティウ先生からいくつか質問が。生まれた日の曜日、自身の健康状態、両親は健在か、兄弟は健康か、日頃の運動量などなど。答えながら特製のハーブティーやタマリンドをいただきます。

ほどよくスチームが充満したところでいよいよテントにイン。縦長で細身のテントの中には折りたたみ椅子がひとつ。座面の下で電気コンロがグラグラとハーブを煮出しています。

香りは漢方ほど薬臭くはありません。鼻通りが良くなりそうな爽やかな香りもありつつ、いかにも効きそうな重た目で複合的な香り。10種類のハーブをブレンドしているそうです。

効き方は人それぞれなので、スチームを浴びる時間は1時間の人もいれば2時間の人も (あるいはそれ以上も)。ちなみに自分は生まれた日が日曜日なのですが、日曜日生まれの人は身体が強いので、比較的短くても効くそうです。

こう聞いていたのと、思っていた以上に暑かった (蒸気が熱かった) ので、約1時間、身体が完全に温まったなと感じたところで終わりにしました。ティウ先生もここは本人の感覚に任せているようです。


最初の5分くらいは我ながら汗をかかないなと思いましたが (昔から低血圧、冷え性)、その後はたくさん汗をかきました。途中、体勢を変えるタイミングで水分補給し (温めのハーブティー)、終わった後は冷たいハーブティー (別のブレンド) をいただきました。

仕上げとして簡単な身体の歪みチェックを行い、毎日のチェック方法と改善運動を教えてもらいました。他に人もいなかったので、前後にお菓子やもち米をいただきながらたくさん話をしました。

流暢とは言えませんが、ティウ先生は日本語で会話可能です。こちらがもう少しタイ語ができればもっとあれこれ聞けたのになと反省。トータル2時間くらいいましたが、これで料金200バーツ (720円) はこちらの気がひけるほど。

ティウ先生は時々ナンに里帰りするそうなので、行くときは事前に確認したほうがいいと思います。→ホームページ
262sauna01
靴を脱いで上がりましょう
262sauna02
ハーブテント (常設2つ)
262sauna03
ハーブ類
262sauna04

|

« 珍味個人史 | トップページ | インフルエンザ »

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珍味個人史 | トップページ | インフルエンザ »