« 牛肉麺テイクアウト | トップページ | タイの新型コロナ (4/06) »

2020年4月 5日 (日)

タイ映画鑑賞:愛しのゴースト

「愛しのゴースト」は2013年のタイ映画です。"プラカノンのメーナーク (→Wiki)" というタイでは誰もが知る怪談を題材に、コメディ✕ホラー✕ラブロマンス=新感覚エンターテイメント、という一大娯楽作品に仕上がっています。

ちょっと変わった面々の戦友4人を連れて、地獄のような戦場から奇跡的に故郷のプラカノンに戻ったマーク (マリオ・マウラー) は、愛する妻ナーク (タビカ・ホーン) と、マークの出征後に生まれた子供に再会を果たしますが、村人はナークがすでに死んでいると噂していました。

戦友4人は早々にナークがピー (幽霊) だと気づくのですが、忠告されたマークは信じようとしません。そのうち本当は誰が生きていて誰が死んでいるのかさえわからなくなり、混乱はピークに。

ついにマーク自身、ナークがピーである証拠を目にしてしまったため、戦友とともにお寺で最後の戦いに挑みますが、結果的に、二人の愛が真実だったことが確認されます。さて、そこにはいったいどんな結末が。

笑ってふるえて (いや全然怖くないか)、最後は泣けて、そして最高のエンディングが待ち受けています。タイではアバターやアナ雪を超えるメガヒットを記録したそうですが、タイ人てやっぱりこういうテイストの映画が好きなんだな。自分も好きです。

主人公のマーク (マリオ・マウラー) の好青年ぶりもいいですが、やはりピーとなったナークを演じるタビカ・ホーン (Davika Hoorne) が輝いています。透き通るような白い肌と長い黒髪の真ん中分けは、アダムズファミリー感満載。

8時だョ!全員集合とかベタな笑いが好きな人にはたまらない作品です。

355ghost

|

« 牛肉麺テイクアウト | トップページ | タイの新型コロナ (4/06) »

映画・アニメ・本・音楽」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛肉麺テイクアウト | トップページ | タイの新型コロナ (4/06) »