« タイ映画鑑賞:ヘッドショット | トップページ | タイ映画鑑賞:祟り蛇ナーク »

2020年5月23日 (土)

ドリアン食べ納め

ドリアンはモントーン種なら一年中売られていますが、いろいろな種類が出回るのはタイがもっとも暑くて乾燥する4月前後。去年の4月、5月はドリアンの食べくらべなどずいぶん楽しませてもらいました。

・過去記事
バンコクで食べられるドリアン
ドリアン食べくらべ (1)
ドリアン食べくらべ (2)

今年は新型コロナの影響で物流が止まってしまい、農家も果樹を出荷できず大変というニュースは聞いていましたが、4月になってもバンコクではモントーンしか買えず、残念な気持ちで過ごしていました。

5月に入りコロナ規制が解除されてきたことが関係あるのか、バンコクの路上でやけにドリアン屋台が目につくようになり、今週はようやく近所のスーパーにモントーン以外のドリアンが並ぶようになりました。

今日、スーパーでモントーン以外のものを見つけ、今年の旬はこれで最後、食べ納めだなと思いつつ、はやる気持ちを抑え、閉店間際までねばり (今はコロナ規制で閉店が夜の8時)、値段が半額になったところでゲットしてきました。

プアンマニーは甘さが際立っていて、あまりクセは感じませんでした。同じプアンマニーでも農園によって差が出るのかな。去年食べたのはクセのかたまりみたいでした (でもそれが好きだった)。

もうひとつは初めて食べるノックイップ (Nokyib)。ノックラチップと同じく、トーンヨイの派生種。甘さは強烈、ブランデーのようなほろ苦さがあって相当美味しかったです。

ドリアン5大ファミリー
・コップ (Kop, Gop):50品種に派生
・ルアン (Luang):10品種に派生 (チャニーなど)
・ガーンヤオ (Ganyao):最高級品種 (派生なし?)
・トーンヨイ (Thong Yoi):ノックラチップ、ノックイップなど
・ガンパン (Gampan):モントーンなど

423durain

|

« タイ映画鑑賞:ヘッドショット | トップページ | タイ映画鑑賞:祟り蛇ナーク »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイ映画鑑賞:ヘッドショット | トップページ | タイ映画鑑賞:祟り蛇ナーク »