« ガパオライス@コンビニ | トップページ | タイ映画鑑賞:フリーランス »

2020年5月 2日 (土)

タイ映画鑑賞:App War

「App War」は2018年のタイのドラマ映画です。青年起業家によるアプリ開発の舞台裏を描くドラマパートと、ライバルを蹴落とすためのスパイ大作戦的なコメディパート、仕事上はライバルだけれどプライベートでは恋人同士という二人のロマンスパート、最後はコンペのプレゼンで決着をつける (投資家から開発資金を得る) というスポ根的なパートがあって、合間合間でサバゲーなんかも入るものですから、2時間10分と長めの尺にもかかわらず、ストーリーとテンポの良さから最後まであっという間でした。

映画を含めタイのエンタメ業界は美男美女がたくさんいます。とくに欧米とのハーフの俳優は男女ともに人気が高いです。この映画、そういう意味では主人公の二人はわりと普通の容姿。物語のキャラを反映して、主人公は自分の世界観にこだわりを持つオタク青年風、ヒロインは起業を成功させるためなら汚い手も使う勝ち気な性格がにじみ出ている顔つきです。

他の主要登場人物もみんな濃い感じのキャラで、彼らだけ見ていると胃もたれを起こしそうですが、ちゃんと可愛い系の担当もいるので (BNK48, Orn/オーン)、絵面もバランスがとれています。みんなはまり役に見えますから、この映画の凄さはキャスティングがちゃんとしているということなのかもしれません (当たり前のことなのかもしれませんが)。

最後はどうなるかいろいろ考えながら観ていましたが、予想はみんなはずれました。素直に結ばれればいいのに、タイ映画ってだいたい最後にひと悶着あって別れ、時間をおいて再会、希望を予感させるラストシーンで暗転みたいなパターンが多いかもしれません。総じて大変面白い作品でしたが、この最後のひと捻りは何なんでしょうね。

400appwar

|

« ガパオライス@コンビニ | トップページ | タイ映画鑑賞:フリーランス »

映画・アニメ・本・音楽」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガパオライス@コンビニ | トップページ | タイ映画鑑賞:フリーランス »