« ドリアン食べ納め | トップページ | タイ映画鑑賞:The Down »

2020年5月24日 (日)

タイ映画鑑賞:祟り蛇ナーク

「祟り蛇ナーク」は2019年のタイのホラーコメディ映画です。25歳の厄年を迎え災難続きのノーンは、父の勧めで、腐れ縁のオネエコンビ、バルーンとファーストと共に人里離れた寺院に出家します。

しかし、そこは出家志願者を呪い殺す大蛇ナークの伝説があり、何も知らずに寺院を訪れた3人は、身の毛もよだつ怪奇現象に次々と巻き込まれるのでした。

タイのドラマには欠かせないオネエが最初から最後まで甲高い声でギャアギャア騒いでいるドタバタコメディです。俳優は人気者をそろえ、タイ人にはしっかりウケたようですが、外国人にはちとツラいかなと。

古いお寺のセットや雰囲気作りなど美術にはけっこうお金をかけているように見えるので、ここまでお金をかけて、徹頭徹尾バカバカしさを追求しているのは逆にすごいことです。

最後は母の愛で丸く収まって、意外といい話で終わったなと思っていたら、ラストシーンで「また出たッ!?」とうかがわせるあたり、続編やる気満々で制作スタッフの手応えを感じます。(実際に続編できました)

こういう映画をもっと楽しめるようになりたいなと、そう思ったり、思わなかったり。。

424peenak

|

« ドリアン食べ納め | トップページ | タイ映画鑑賞:The Down »

映画・アニメ・本・音楽」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドリアン食べ納め | トップページ | タイ映画鑑賞:The Down »