« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月の38件の記事

2020年10月31日 (土)

ロイクラトン祭り2020

今年もロイクラトンがやってきました (→2018年2019年の様子)。今日はハロウィンでもありますが、日が重なってしまったせいか、ショッピングモールではハロウィンぽいデコレーションや商品ラインナップはほとんど見かけません。

今年は週末にあたったので少し足をのばしてチャオプラヤー川の方まで行ってみるつもりでしたが、午後3時過ぎから土砂降りになって、1時間ほどで止んだものの、急に蒸し暑くなり、なんだか一気に面倒くさくなってしまいました。

ということで、今年もまた家の近くの公園を訪問。芝生もどろどろぐちゃぐちゃで、写真を何枚か撮り早々に退散しました。ちなみに来場者のマスク着用率はほぼ100%でしたが、よく見たら露天の店員はほぼ誰も着けていなかった。。

595loykrathon01
595loykrathon02
595loykrathon03
595loykrathon04

| | コメント (0)

2020年10月30日 (金)

Relic (ホラー映画)

ホラー映画が好きなのでタイに来てからもよく観ていますが、自分が根源的な恐怖を感じるのは心霊もの (幽霊、人の怨念) です。なので、やはりJホラーの女優霊とか呪怨が怖いですね。

悪魔 (反キリスト、カルト教団の悪魔信仰) を主題にしたホラー映画には数々の傑作がありますが、エクソシスト、ローズマリーの赤ちゃん、オーメンなどを観て自分もすこぶる怖かった一方、キリスト教徒が肌感覚で感じるほどには、自分はその恐怖が理解できていないだろうとも思います。

悪魔と心霊の両方が混在するのかなと思うのが、死霊館シリーズ。これは自分的には近年もっとも怖いホラー映画シリーズです。ただし、死霊館のシスターを除きます。シスターはさすがにちょっとアレな出来だったと思うので (→感想)。

モンスター映画 (吸血鬼、狼男、ゾンビ、クトゥルフ神話など) は、ホラーというよりダークファンタジーなのかなと。このジャンルも大好きですが、自分はもうホラー感覚では観ていません。怖さよりは世界観を求めています。

スティーブン・キングのモダンホラーは、今となっては自分には厳しいです。世界観に没頭して無理やり怖がらないと、油断して笑ってしまう作品が多いので。イット2がまさにそんな感じでした (→感想)。イット1はクライマックスシーンを除けばけっこう怖かったんですけどね。

モンスターとも重なりますが、"異形のもの" というジャンルがあります。人が何かの作用によって (往々にして呪い)、人ではない別のものに変化していく。肉体そのものが変わっていくならモンスターに近いですが、心が変わっていく (壊れていく) 場合は心理サスペンスにもなるし、病気による変化なら社会派ドラマにも。

さて、"Relic"。本作はまさに "異形のもの" を扱った物語でした。作中、おばあさんが変化していきます。変化も一方的ではなく、普通の優しいおばあさんに戻ることもあります。なぜそうなるのか、なかなか明かされません (結局明確には語られません)。呪いなのか、病気なのか。

途中、目を背けるようなおぞましい描写も出てくるので、多くの観客は一気にホラー的な展開がありそうだと予想するでしょう。しかし物語はいたずらにホラーを煽ることなく、ピンと糸が張り詰めたような恐ろしい緊張感が最後の方まで続きます。

ラストシーンは、そこに本作の最大の価値があるので書きませんが、怖くておぞましい、そして悲しい、けれど深い愛が感じられるものでした。その上で、この先も終わらぬ恐怖を想像させる秀逸な描写。面白かったです。DVDが出たらまた観よう。

ちなみに、テイストでいったら古賀新一先生の名作 "妖虫" に近いものを感じました。昔これを読んで震え上がり、しばらくの間、夜中トイレに行けなくなりました。

なお、本作は全編オーストラリア英語なので、ヒアリングはけっこう厳しかったです。「Take it=タイキッ(ト)」とか (エイ→アイ)。このセリフは印象的なシーンで出てきます。

蛇足ですが、オーストラリアの女優、ミア・ワシコウスカが出演したゴシックホラー映画 "クリムゾンピーク" のレビューは→コチラ

595relic

| | コメント (0)

2020年10月29日 (木)

タイのLGBT

LGBTに関する法整備が進み社会からの受容度も高いように見えるタイですが、当事者にしてみたらまだまだ生き辛いのだそうです。たとえ法律でLGBT差別が禁止されたとしても、"男は男らしく、女は女らしく" という考え方が根強いタイでは、根本のところで受け付けられないのかもしれません。

このところこうしたグループもデモに参加して主張を行っていますが、"自分は自分らしく" というごく自然な考え方が万人に受け入れられる世の中になればいいなと願う一方、果たして自分はそれができているのかと自問自答。

タイのジェンダーグループ (Coconuts Bangkokより)
594lgbt01

バンコク大学制服 (2015年~)
選択肢は4種類 (男・女・トムボーイ・レディボーイ用)
594lgbt02

おすすめ!タイのLGBT映画
#1 ミウの歌
#2 ミー・マイセルフ
#3 愛なんていらない
#4 トロピカルマラディ
#5 マリラー
・ビューティフルボクサー (未見)
・アタックナンバーハーフ (未見)
・ジェリーフィッシュの恋 (未見)

| | コメント (0)

シューズ購入 (2)

7月にニューバランスのシューズ (CM996BG) を買いました (→コチラ)。もともとニューバランスは好きでしたが、誰もが知る定番シューズはさらに履き心地が抜群 (アジア製のコスパモデルだとしても)。あらためて、ニューバランスはいいなと。

最近、通勤用シューズがちょっとヘタってきたのと、あとここ数ヶ月でだいぶ痩せたせいか、フィット感もゆるめになってしまったので、そろそろ新しいのがほしいと考えていました。

そんな時、たまたまのぞいたショップがセールをやっていたため、思わずまたニューバランスのシューズを買ってしまいました。仕事用なので地味な黒いシューズがあればいいなと考えていたら、ちょうどいい感じのものがあってよかったです。

購入シューズはUL720CA。見た目はレザーっぽく、Nマークも黒で目立ちません。落ち着いたデザインでスポーティーすぎないのが好感触。2,290バーツが30%オフで1,603バーツ/5,600円でした。

初めて996を履いて1歩ふみ出した時に感じた「お!すごい!」という感動には及びませんが、ニューバランスらしいクッションの良さ、軽々とした履き心地には満足です。いい買い物しました。^^

593shoes01

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

ガパオ牛丼@タイ吉野家

タイの吉野家でガパオ牛丼 (商品名はスパイシータイバジル牛丼) をいただきました。普通の牛丼より少し甘めですき焼き寄りの味に、ピリ辛というよりけっこう大辛なアクセント、そこに新鮮なガパオの香りがマッチした、吉野家渾身の一杯。予想外の美味しさに思わず頬はゆるみっぱなしでした。

ローカルのガパオライスとくらべてもまったく見劣りしない本格的な味わいには脱帽ですが、値段はドリンクが1杯ついて159バーツ/550円。これでもプロモーション価格 (30%オフ) のようなので、やはりちょっと高いですかね。でも本当に美味しかったので、近々また食べに行こう。

592yoshigyu01
592yoshigyu02

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

インスタント刀削麺

台湾製、新宏 (Shin Horng) のインスタントラーメン "憨仔麺/刀削麺" (憨は敢の下に心) がすこぶる美味しかったのでご紹介。トップスで4食入り224バーツ/780円でした。
589noodle01

乾麺は確かに刀削麺ぽくてなかなか本格的。汁なし麺で、タレは1種 (銀の袋はネギ)。あまりにも麺が美味しそうだったので、1個じゃ足りないだろうとつい2個茹でてしまいましたが、茹でたらめちゃめちゃ量が増えて、食べきるのはかなりきつかったです (湯で時間6~8分)。
589noodle02

辛そうに見えてそれほど辛くはありませんが、舌がしびれるほどたっぷり花椒が入っていました。意外と塩気は少なめで、油脂と花椒の味、あとは麺そのものの小麦の味で一気にいただく感じ。化調的な旨味は少ないので、日本人にはウケないかも。花椒好きな自分は歓喜の涙でした。
589noodle03

とにかく麺が美味しいので、アレンジしてもいけるだろうと、ひとつはピリ辛肉野菜スープ (の残り汁) に入れ、もうひとつはトマトソースで和えていただきました。やはり美味しかったです。農心のマッチャンポン (→過去記事) に続いて、これは常備決定だな。
589noodle04
589noodle05

刀削麺過去記事@日本
 →刀削麺
 →陳家私菜
 →刀削麺の日々

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

再会@オンヌット

2年前、オンヌットで出会った数々の野良犬と野良猫たち (→過去記事:野良犬野良猫)。今回なんと、その時の1匹と奇跡の再会。当時から太っていましたが、あいかわらず重そうな身体をしていて、一瞬こちらに近寄ってきましたが、すぐにダルくなったのか目の前でその場に伏せて寝始めてしまいました。

よく見たら眉毛を描かれています。人間のイタズラでしょう。でも良くとらえれば、地元の人気者なのかなと。周囲にバイタクの運ちゃんがたむろしていたし、たくさん餌をもらっているのかも。この体型を維持しているんですから、食べるのには困っていないんじゃないでしょうか。なんだか安心しました。

591inu01

| | コメント (0)

タイの宝くじ (3)

自分の誕生日に引っかけた数字で宝くじ (→過去記事) を買おうと、この週末、またオンヌットへ出かけました。しかし残念ながら該当する数字はぜんぜん見つからず。近い数字もなし。

とりあえず何でもいいから買ってみようかなとも思ったのですが、この時ふと、ワット・マハーブット (→過去記事) のことを思い出しました。宝くじの当たり数字がわかると評判のお寺です。まあものは試しと、15分ほど歩いてワット・マハーブットへ。

まずは "メーナーク" にお祈り、金箔またはキャッシュをお布施
590mahabut01

壺の中に数字の書かれたボールが、これで6桁の数字をゲット
(自分が使ったのは別の壺、壺はパッと見で4つありました)
590mahabut02

上:こすると数字が浮かび上がる?、下:願掛け?
590mahabut03

オンヌットにもどり6桁の数字を探すも・・・
590mahabut04

最初は6桁の順番まで一致したものを探したのですがさすがにそれはなく、順番を入れ替えてもいいから6つ一致するものはないかと目を皿のようにしてお店を見てまわったのですが、やはりありませんでした。

それなりに近いものはあったので、2枚買ってみました。タイの宝くじ、初購入です。1枚の公定価格が80バーツのところ、1枚95バーツでした (連番綴りや同数綴りになると数千バーツのものも)。抽選は11月1日。さて、結果やいかに。

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

バミー・ジャップガン

中華街ヤワラートにあって大盛りバミーで名を馳せる "バミー・ジャップガン"。何度か紹介するほど大好きなお店だったのですが (過去記事:2018年2019年)、新型コロナが流行りだしてから中華街そのものに足が遠のいてしまい、お店にも久しく行っていませんでした。

今回、ギンジェーのにぎわいを見ようと10ヶ月ぶりに中華街を訪れたのをこれ幸いと、久しぶりにお店に寄ってバミーをいただきました。しかし去年の今頃とくらべたら客足の減少は顕著で、テーブルはガラガラ、食べていても続いて客が来るわけでもなし。

そのせいかどうなのか、麺はのびてて量も減ったような、スープはぬるいし味も薄いような、チャーシューはあいかわらず美味しかったけれど、ワンタンは少し水っぽかったような。。(でも値段は据え置き、50バーツ)

ということで、もしかしたら記憶の中で味を美化していたのかもしれませんが、久しぶりにいただいたバミーは、なんだかちょっと切なさを感じる味でした。客足がもどればお店にもまた活気がもどり、バミーの味も元にもどる、今はそう信じたいですね。

【今回:丼と割り箸は小ぎれいに、でもどこか物足りない】
588bami02

【去年:丼も割り箸も汚い、だけど美味しかった】
588bami03

| | コメント (0)

菜食週間/ジェー (齋) 2020

10月16日から始まった2020年の菜食週間 (ギンジェー)。中華街ヤワラートにはまた鮮やかな黄色のバナーがかけられていました。でもやっぱりこれまでとくらべたら人手が少ない。外国人観光客もいないし仕方ないですが、これはちょっとさみしい。
587je01

ワット・マンコンはタイ人でほどよいにぎわいを見せていました。白い服を来て一所懸命お祈りする姿を目の当たりにすると、ああこれは厳かな伝統行事なんだなと、当たり前のことを再認識。今の状況も悪いことばかりではないのかも。
587je02
587je03

2019年の様子
2018年の様子 (ジェーの由来も)

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

ラートナー@バーンポー

バンスー駅で蒸気機関車を見たあと、MRTで西に移動しバーンポー駅で下車、駅のすぐ近くにある "ラートナー・バーンポー" で極上のラートナーをいただきました (45バーツ/155円)。(→ラートナー過去記事)

揚げ麺を選択したら、他店ではあまり見ない太麺でした。あんの量が多く、ほとんどラーメンスープくらいたっぷりなので、揚げ麺は完全に水没しほどよくやわやわに。カリカリ感は楽しめませんが、この柔らかさ・くにゅくにゅ感は、クセになる不思議な食感です。

あんはコショウとニンニクはほとんど感じられません。甘しょっぱくてとても優しい味。麺もあんも、そして柔らかくて味のある豚肉も、個人的にはかなり好みのラートナーでした。ちょっと遠いけれど、また来よう。

586ratna01
586ratna02

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

蒸気機関車、走る

去年トンブリー駅で見かけた日本の蒸気機関車 (→過去記事)、本日 (祝日:チュラロンコーン大王記念日)、実際に走行しているのを見てきました。朝8時10分にフアラムポーン駅を出発とのことだったので、バンスー駅に先回りし、8時前から待機。
585kikansha01

鉄道は運賃が非常に安いので、まだまだ利用者は多いです (→過去記事)。バンスー駅のホームは柵とか何もないのでちょっと危なっかしいですが、お客も駅員も慣れたもの。鉄道写真を撮りたい人からすれば、まあありがたいですが。
585kikansha02

8時40分、蒸気を上げながらパシフィック824号がゆっくりバンスー駅に到着。自分も含め写真を撮りたい人たちがたくさん集まっていました。車両の銘板には1949年の刻印が。年に数回とは言え、まだ商業運行できるんですね。
585kikansha03

3分ほど停車したあと、824号はバンスー駅を出発。車輪がゆっくりと力強く回りだす瞬間は、なぜだかとてもワクワクしました。銀河鉄道999が観たくなったな。
585kikansha04

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

鬼滅の刃、タイでは12月9日公開

タイの紀伊國屋書店で長らく大量に平積みされている「鬼滅の刃」。ずっと気になっていますが、未だにマンガは読んでいません。しかしタイでも12月に映画が公開されるので、最近ようやく、まずはアニメから観始めました。観終わるまでもう少しですが、なるほど、これはおもしろい。

キャラクターたちが魅力的な分、もう少しじっくり描写してほしいと思ったりもしますが、その分サクサク進む展開は観る者を飽きさせません。これはこれで正解なんでしょう。何より日本での爆発的な人気がその正しさを証明しています。

すでにもう絶対に映画は観るぞと思っているのですが、問題は、日本語版 (タイ語/英語字幕) なのか、それともタイ語吹替版 (外国語字幕なし) なのかということ。先月はデジモン映画を観たかったのですが、タイ語吹替版のみだったのであきらめました。

今日オフィスで、日本アニメが大好きなタイ人スタッフに聞いてみたところ、タイで公開される日本のアニメ映画がタイ語吹き替えかどうかは、ある法則があるとのこと。それは、古くからタイでテレビ放送されている日本アニメは、映画版もタイ語吹き替えなんだそうです。

ドラえもん、しんちゃん、コナン、デジモンなどが該当しますが、タイ人声優の声がもう広く浸透しているということなんですね。スタッフ曰く、ドラえもんの声を大山のぶ代さんや水田わさびさんで聞くととても違和感があるそう。

なので映画版しかないような作品は新作も旧作もだいたい日本語とのこと。自分がタイの映画館で観た、君の名は、天気の子、ハローワールド、海獣の子供、AKIRAも日本語でした。ありがたいのですが、字幕が2種類 (タイ語/英語) 出るので画面がうるさくなるのが玉にきず。

鬼滅の刃が日本で驚異的なヒットを飛ばしていることは、タイのアニメファンにも伝わっています。うちのスタッフも映画公開を楽しみにしていますが、おそらく日本語 (コアなアニメファン向け) とタイ語 (子供向け) の2種類が公開されるのではないかとのことでした。そうであることを願います。

587kimetsu01

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

マッサマンカレーは世界一

タイ政府観光庁 (TAT) は、CNNトラベル "世界のベスト料理50" (CNN Travel The World’s 50 Best Foods) で、タイのマッサマンカレーが1位に選出されたことを明らかにしました。

2011年の同ランキングでマッサマンカレーは栄えある1位に選ばれましたが、2017年は10位に陥落 (このとき1位はインドネシアのルンダン)、そして今年、V奪還。もう本物ですね。あとは8位にトムヤムクン、46位にはソムタムが選出されています。

 →TATサイト
 →CNNサイト
 →マッサマンカレー過去記事

586massaman

| | コメント (0)

タイと日本の塩卵ポテチ

久しぶりにファミマに入ったら、プリングルズの新作ポテチ "塩卵" があったので、興奮気味に即購入。その足でセブンに立ち寄り、レー (Lay's) の塩卵ポテチを買い、家に帰って食べくらべしてみました。

最初に口に入れた時、レーは塩卵のみでシンプルに味付けしているように感じられ、プリングルズは塩卵に加え他の旨味も舌に感じられました。プリングルズの方がわかりやすく美味しいので幅広く好まれそうですが、レーの直球勝負感は個人的には好印象。塩卵が好きな人ほどレーの評価は高いんじゃないかなと。

まあでも少し食べ進めていったら、レーも塩卵だけじゃなくちゃんと他の旨味成分もあるなとあらためて感じられ、最後はもうどちらも優劣つけ難く普通に美味しいと思ったのでした。レーは袋の塩卵ポテチは無事定番化されたようなので、成型/筒型のもぜひお願いしたいです。プリングルズもライバルとして継続販売されるといいな。
585potechi01

さて一方、日本でも今年5月にカルビーから塩卵味のポテトチップスが販売されました。買い置きしてもらって夏に休暇で帰ったとき食べようと思っていたのですが、コロナのせいで帰国が叶わず、結局タイまで郵便で送ってもらい実食することができました。

期待値マックスで食べてみると、うーん、これって、塩卵、なの?・・・というなんとも言えないぼんやりした印象。いや、美味しいんですけどね、ポテチとしては。でも、塩卵じゃないよなあ。ちょっと濃い目のコンソメパンチみたいな。よく見たらパッケージにも「塩漬け卵の味わい!?」ってハテナマークがついてる。。

ホームページを見たら『開発にあたっては、海外で流行しているソルテッドエッグ味の濃厚でインパクトのある卵の風味や、やみつきになる味わいはそのままに、日本人の口に合うよう試行錯誤を重ね、食べやすいテイストを実現しました』と記載がありました。いやいや、それはちょっと違うのでは。。
585potechi02

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

ダイエット続くかな (4) その後

9月14日に、4ヶ月続けたダイエットをいったん終了しました (→過去記事)。この時の体重は61.8kg。ダイエット開始前にくらべたら10kg以上痩せ、目標 (63.6kg=BMI:22) を余裕で達成しました。成功の要因は、新型コロナ (重症化と肥満の関係性) に割と本気でビビったことと、オートミールに出会ったのが大きいです。

オートミールのお弁当 (スープジャーでお粥) は7月から初めて今も続けています。ただ、夕食でオートミールはほとんど食べなくなりました。今は備蓄食料として大量に買ったインスタントラーメンと冷凍炒飯の消費を進めています。これまでの食生活を乱すのは嫌だったのですが、消費期限もあるし捨てるのはもったいないので仕方なく。

4ヶ月間、米・パン・麺は主食としては数回を除いて食べなかったのですが、幸いダイエット明けもそれほど強い欲求は湧いてきません。あいかわらず野菜はできるだけ食べるようにしているし、想像していたほどにはリバウンドは起きていないのでひと安心。35日たって、体重増加は自分としては想定の範囲内です (61.8kg→62.6kg)。

しかし、主食よりはむしろ甘味を渇望していたなと痛感するのが、ここ1ヶ月のドーナツ熱。もともと嫌いではなかったですが、自分がこんなにドーナツ好きとは思ってもいませんでした。数えてみたら、1ヶ月でなんと70個近いドーナツを食べていました。我ながら驚きです。

逆に、大量のドーナツとさらにスナックやケーキなども好き放題食べていたにもかかわらず、よくこれだけの体重増加で済んでいるなと、ちょっと不思議なくらいです。コーヒーと一緒に食べているからかな。筋トレもそれなりに続けているけれど。

とりあえず今後の目標は年内62kg台キープ。自分的には20代前半の体重です。ズボンもシャツもLサイズからMサイズに買い直したのは嬉しい悲鳴。

【コーヒーが飲みたいから甘味を買うのか、甘味が食べたいからコーヒーを飲むのか】
584diet01

【空芯菜が大好きになりました、ラーメン (下2枚) はホントいらないんだよなあ・・・】
584diet02

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

ドリアンカレー@Sri Trat

スクンビット Soi33 にあるちょっと格式高そうなタイレストラン "Sri Trat" でドリアン入りチキンマッサマンカレーをいただきました。先に行った2軒でドリアンカレーが食べられなかったので、ようやく念願のドリアンカレーです (→過去記事)。

店名のとおり、タイ東部トラート県にゆかりのあるお店だろうと思いますが、未熟のドリアンを料理に使うのも、やはりドリアンの産地であるタイ東部 (トラート県、チャンタブリ県、ラヨーン県他) ならではでしょう。

熟していないドリアンは、火を通すとほとんどお芋のようでした。食感はねっとりしたジャガイモのようで、ジャガイモよりもう少し甘味があり、ドリアンの香りはほのか。まったく臭くはなく、青っぽいドリアンの匂いがほどよいアクセントになっていました。

マッサマンカレーは豊かなスパイスの香りが鼻腔をくすぐりますが、ルーの口当たりはあくまで滑らか。コリアンダーだけは丸ごと殻のまま入っているのでそれを噛んでしまわないよう要注意です。甘さはやはり十分甘かったですが、それでもまろやかな上品さがありました。

ご飯はメニューにあったライスベリー (紫米) がこの日はなく、代わりにレッドライス (赤米) をもらいました (レッドライスはメニューにはない)。色や食感が似ているし特ににこだわりもないのですが、栄養価とか違うのかな。

ココナッツミルクにつけたドリアンが有名なデザートらしいので最初は食べようかなと思っていましたが、メニューを見たらこれも未熟ドリアンだったので、とりあえず今回はパスしました。料金はカレーとご飯、水で税サ込436バーツ/1500円。ちょっと高めですが満足感も高いです。

581sritrat01
581sritrat02
白っぽいのがドリアン
581sritrat03
ウェルカムドリンクの青いアンチャンティー (→過去記事)
581sritrat04

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

タイ味ピザ@Real Pizza

BTSアソーク駅の真横にあるピザ屋 "リアルピッツァ (The Real Pizza Service)" でタイ風の具材が載ったピザをいただきました。肉系 (ガイヤーン、コームーヤーン) は予想以上にどっさりお肉が載っていて食べごたえ十分。照り焼きっぽい味付けがチーズとマッチしていて満足感はかなり高かったです。

グリーンカレーはグリーンカレーそのものの味。そういう名前をつけているんだから当たり前だろうと思うかもしれませんが、タイの味を外国料理と組み合わせる場合、変なアレンジをしてタイ風味が削がれることも多い中、これはちゃんと美味しかったです。

ツナバジルはガパオ (ホーリーバジル) の香りが良かったです。欲を言えば、焼き上がった後に生の葉っぱをふりかけてくれたら完璧。食べ終わった後、店員さんに「辛すぎなかった?」と聞かれましたが、いやいやもっと辛くても良かったです。

ピザ生地はこれ以上ないくらい薄々でパリパリ。薄いのが好きな人はかなり気にいるはず。ピザはハーフ・ハーフができるので、一度にふたつの味を楽しめます。今回頼んだピザはMサイズで213バーツ/740円でした。

初日に食べたガイヤーンピザがとにかく美味しかったので、思わず翌日も行ってしまいました。コームーヤーンも美味しかったし、一緒に頼んだトムヤムクンスパケディ (224バーツ/780円) がこれまた本格的なトムヤムクン味で美味しかったです。

普通のイタリアンピザもたくさんあるので、ここはまた来よう。ちなみに上に書いた値段は20%割引されたものです。お客が減ってどのお店も経営が大変そうで、今はこうしたプロモーションも多く見かけますが、なんだか悪いなあと思いつつ支払いを済ませたのでした。
581pizza01

ガイヤーン&ツナグリーンカレー
581pizza02

コームーヤーン&スパイシーツナバジル
581pizza03

トムヤムクンスパゲティ
581pizza04

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

タイの宝くじ (2)

9月に宝くじの高額当選ニュースを見て以来 (→過去記事)、宝くじの売り子を見かけると彼らが手にする6桁の数字の羅列を目で追っている自分がいます。どうせ買うなら何かしらこだわった数字の方がワクワク感が増して楽しいので、自分の誕生日の4桁がないかずっと探しているのですが、今のところその数字には出会えていません。

宝くじのお店では大量の宝くじを見やすく順番に並べて売っているので、探すのは簡単です。自分の行動範囲で宝くじが一番充実しているのは、オンヌットのビッグCの手前。宝くじを売るお店が大小複数並んでいます。しかし最近ふと気づいたのですが、自分の誕生日はタイの前国王と同じ。国民に敬愛された偉大な王だったので、もしかしたらすごく人気のある数字なのかもしれません。

そうだとすれば、抽選が終わって次の宝くじが売り出されたらすぐに探しに行く必要があります。そうして今日、再びオンヌットへ。昨日 (10/16) が抽選日だったので、もう新しいのが売っているかなと思って行ったのですが、残念ながらまだでした (週末だったからかも)。かわりに、当選情報が書かれた新聞をゲット (5バーツ/17円)。

やはり1等600万バーツ/約2000万円はインパクトありますね。他にも前後賞10万バーツや、20万バーツ/8万バーツ/4万バーツ/2万バーツの当選数字もあって、思っていたよりたくさん当たりはあるのかもと思いました。ここ1年の1等の数字 (24回分) も載っているし、それなりに研究してみようかなと。まあ法則も何もあるわけはないんですが。。
580takara01

今日は午後2時前にオンヌットまで電車で来て、ビッグCで買い物したりコーヒーを飲んだりした後、午後3時半頃また駅に戻ったのですが、なんと改札の前でシャッターが降ろされていました。デモ対策でBTS (スカイトレイン) もMRT (地下鉄) も空港線も、すべての駅が閉鎖されてしまったのでした。結局4駅分歩いて帰宅。あー疲れた。
580takara02

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

ポテトチップス✕Pizza Hut

レー (Lay's) からピザハットとコラボしたポテトチップスが発売されました。食べてみるとしっかりしたチーズの風味に加え、ハーブ (ローズマリー?) もちゃんと香っていて、意外なほど本格的なピザの味でした。これはなかなか美味しいです。定着する可能性もあるのでは。ちなみにシーフードピザはセブンイレブン限定。(→ポテチKFC味)

579pizzahut01

| | コメント (0)

トムヤムクンピザ@Pizza Company

ドリアンピザが美味しかった "Pizza Company" (→過去記事) で、こんどはトムヤムクンピザをいただきました。タイならではの味ですね。いや、ちゃんとトムヤムクンの味でした。美味しかったです。トムヤムクンとチーズ (モッツァレラなどさっぱりしたもの) は相性いいのかも。

最近ピザが食べたいとずっと思っていたので、帰宅途中に Pizza Company を見かけつい身体が反応し、思いがけず入店してしまったのですが、トムヤムクンピザを頼んだところ、プロモーションで "Buy 1 Get 1" とのこと。なんというサプライズ。

嬉しいことは嬉しいのですが、さすがに2枚はきついよなあとも思いつつ、でもやっぱりその権利を捨てるほど大人でもなく (単なる貧乏性)、おまけでダブルチーズピザもゲットし、結局ほくほく顔で帰宅したのでした。

しかしこの日は昼も夜も Buy 1 Get 1 に遭遇しました。昼はタピオカミルクティー、夜はピザ。完全にカロリーオーバーです。。

577pizza01

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

卒業記念はお札の首飾り

今週、BTSカセサート大学駅の高架下はこんな露店であふれています。卒業式があるんですね。花束やぬいぐるみ、卒業年度 (仏暦2562年=西暦2019年) が書かれたプレートなどが並ぶ中、日本人的に「おっ?!」と目を引くのがタイバーツのお札の首飾り。

まさかと思いつつタイ人スタッフに聞いてみたところ、やはり本物だそうです。値段は実際の合計金額よりちょっと上乗せして売っているそう。実際、首にかけられ記念写真を撮っている卒業生を何人か見ました。親御さんが買うんだろうな。

100バーツ札でも10枚で1000バーツ=3500円なので、周囲の目に対してインパクトもあるし、使用後はお小遣いにもなるし、意外とコスパのいいプレゼントなのかも。日本では、、さすがに流行らないか。。

578grad01
578grad02
578grad03

| | コメント (0)

てんこ盛りラーメン@Mootuahere

ガパオライスが美味しかったお店 "Mootuahere (ムートゥアヒヤ)" で、トッピングマックスのゴージャスラーメン (自分比) をいただきました。前回来たときも肉団子が美味しいなと思いましたが、今回もやっぱり美味しかったです (→過去記事)。

まだまだ1杯40バーツでがんばっているお店がバンコクにもたくさんある中、本品は159バーツ/550円となかなかのお値段。もはや日系ラーメン店の (安い方の) 価格帯です。

しかしボリュームもタイ基準でいったら2人前は余裕であるので、けっして高くはありません。飽きるほどの豚肉三昧に加え、海老まで乗っていますから、むしろこの内容なら割安とも感じました。丼の底には意外と野菜 (キャベツ、もやし) も埋まっています。

自分の注文はバミー (玉子麺)・ナム (汁あり)・トムヤム。スープはタイラーメン特有のダシ感少なめ、塩気より甘味が勝っている感じのさっぱりスープで、トムヤムペーストを少しずつ溶かしながらいただくスタイル。

みっちり詰まったワンタンは、たぶん中身は肉団子と同じものなんだと思いますが、それでもまた違った味わいになっていて美味しかったです。豚肉もプリプリ。海老は火の通し方が絶妙で、固くなる寸前で止めている最高の状態でした。

あー美味しかった。大満足。

576ramen01

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

台湾茶店シェアティー

サイアムディスカバリーに出店した台湾茶店 "シェアティー (Sharetea)" がなかなか美味しかったです。
575sharetea01

ウーロンティー (55バーツ/190円)
注文時にまごついて、デフォルトの砂糖入りにしてしまいましたが、鼻に抜ける烏龍茶のいい香りは楽しめました。ストレートの烏龍茶に砂糖を入れて飲んだのは初めてかも。そんなに悪くないですね、甘いのも。アイスだったからかな。もう少しお茶が濃かったらさらに良し。
575sharetea02

クラシックパールミルクティー (65バーツ/225円)
上のウーロンティーをお店で飲んでからお昼ご飯を食べに行って、帰りがけにまた立ち寄ってパールミルクティーをテイクアウトしようと思ったら、プロモーションで "Buy 1 Get 1" でした (店員に言われるまで知らなかった)。ということで黒茶と緑茶をゲット。ちゃんと味の違いがあって両方楽しめました。どちらも美味しかったです。パール (タピオカ) はほどほどの弾力で食べやすかった。しかし2個いっぺんに飲むのはきつかったな。ていうかトータル朝から3杯も飲んだので、午後は尿意が止まりませんでした。
575sharetea03

ちなみに、サイアムディスカバリーにあった台湾チーズティーのお店 "Heekcaa" がなくなり、"KAMU" のお店になっていました (→Heekcaa過去記事)。ちょっと残念。バンコクも新型コロナの余波で閉店するところが多いです。

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

マッサマンカレー@Mother May I

エカマイ通りの少し北の方、広い庭に繁る緑に囲まれた閑静なレストラン "Mother May I Kitchen" でマッサマンカレーをいただきました。本来ならドリアン入りのこのメニュー、残念ながらこの日はドリアンがなく、代わりにジャガイモが入っていました。

実はもともとドリアンカレーを目当てに訪れたのですが、注文のときにそう言われたものの、もうお腹がマッサマンカレーを欲していたのでそのままオーダーしました。(→マッサマンカレー過去記事)

カレーに合わせるドリアンは未熟のものを使うそうで、ドリアンの産地であるタイ東部の名物料理なのだそうです。このメニューを食べた人のレビューには「ドリアン臭はなくジャガイモみたい」とありましたから、代わりにジャガイモを使うのは定番なのかもしれません。

さて、マッサマンカレーそのものの出来ですが、少し粒感が残るくらいに荒く刻んだスパイスをたっぷり使った、香り高くスパイシーな一品でした。柔らかく煮込まれたチキンは量もたっぷり。一緒に頼んだライスベリー (紫米) との愛称も抜群でした。

ただ、スパイスの粒感があるので口当たりの滑らかさについてはややマイナス。あと、もともとマッサマンカレーは甘いのを出すお店が多いですが (たぶんそういう料理)、ここのもけっこう甘かったです。甘くて辛い。まあこれぞタイ料理なのですが。

天井が高く広々として明るい店内はとても快適。他にもたくさんメニューがあるのでまた来たいです。この日のお勘定は水を入れて税サ込400バーツ/1400円。

574mother01
574mother02
574mother03

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

台湾おにぎり

エムクオーティエの地下フードコートにできた台湾おにぎり (飯糰/ファントゥアン) のお店 "Fan Tuan" でポークと麻辣チキンのおにぎりをテイクアウトしました。タイの屋台で食べる安い食事とくらべたら値段は2倍くらいするので (89バーツ/310円)、受け取った時は正直「あれ?意外に小さいな」と心の中でつぶやきつつ、2個買って正解と思いお店を後にしました。

家に持ち帰って袋から取り出すと、まだ少しホカホカしていました。「そうか、おにぎりって温かい食べ物だったよな」 あらためてそう思う自分。もう何年もおにぎりはコンビニで買うものだったので、おにぎりが温かい食べ物だという感覚を忘れていました。これはちょっと悲しい。まあ思い出せたから良かったけれど。

さて、実食。まず、具材もお米も予想外にたっぷり詰まっていて、このサイズにしてはけっこうな重量感が。濃いめの味付けの具材とモチモチした紫米 (もち米) を一緒にほおばると、意外なほど脂感もあって、おにぎりとは似て非なる、パンチの効いた美味しさが口いっぱいに広がります。多彩な具材ゆえ食感の変化も楽しく、また身が詰まっているので、ひとつでも十分満足感がありました。(2個はちょっと多かった)

台湾おにぎりファントゥアンは、複数のおかずとご飯をひとつにまとめたものであり、またもち米なので温かいうちにいただくのが基本。1回のちゃんとした食事が1個の中に詰まっている、そんな印象でした。おにぎりというよりは太巻きかな。でもコッテリ感が段違い。これはクセになる美味しさ。

573fantuan01
573fantuan03
573fantuan02

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

シャインマスカット

シャインマスカットがタイでも販売されるようになりました。これは朗報、と思っていたところ、さっそくドンキモールで発見しました。

しかし、、うう、、1房990バーツ/3400円。。なかなかのお値段。。うーん、ちょっと考えよう。。

573shine01

| | コメント (0)

Embassy Coffee

久しぶりにセンセープ運河のボートに乗って西の終点パンファーブリッジに行きました。カオサンまで歩いて行ってご飯を食べた後は、またワット・サケートの方まで戻ってきて、カフェ "Embassy Coffee" で一休み。
572embassy01

この辺りは交通量もそれほど多くなく、ブロック単位で同じレトロデザインの建物が続くなど整然とした町並みになっているのがとてもいい感じ。いくつかあるカフェはどこも静かで落ち着けますが、ここエンバシーコーヒーも同じようにゆったりくつろぐことができました。
572embassy02

犬がいました。近づくと巣から出てきてコロンとひっくり返り、お腹を見せて「撫でろ」と。
572embassy03

アメリカンコーヒー (ホット55バーツ/190円) は意外にも濃い目でしっかり淹れられたものでした。ベイクドチーズケーキ (145バーツ/510円) もなかなか美味しかったです。大きめで食べごたえあり。
572embassy04

周辺のカフェ
Eden's
Rue de Mansri

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

マンゴーレストラン@カオサン

バンコクの旧市街区、カオサンにあるビーガンとベジタリアンのレストラン "Mango" で、土曜の朝ご飯をいただきました。目にも鮮やかなサラダボウルは、その名も "ブッダボウル" (205バーツ/700円)。スプーン・フォークとくらべるとわかりますが、とにかく器が大きいです。

具材は、敷き詰められたサニーレタスの上に、黒豆、プチトマト、アボカド、コーン、蓮の実、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツ、人参、かぼちゃの種、アーモンド、くわい(?)、マンゴー、さつま芋、ライスベリー(紫米)。カイワレとざくろが少々。カレーソース付き。

最初は全部食べられるかなと心配でしたが、具材がどれも新鮮で甘みがあって、カレーソース以外にドレッシング的なものはないのに (カレーはご飯にだけかけました)、いちいち美味しいなあとうなずきながら食べていたら、気がつけばぺろりと食べきっていました。

店内の雰囲気も素敵です。お店のマークの上に猫が描かれていますが、どうやらオーナーの愛猫のようで、なるほど店内には黒猫が1匹、のんびりくつろいでいました。次はドリアンカレーを食べに来よう (この日はなかった)。

571mango01
571mango02
571mango03
571mango04

| | コメント (0)

2020年10月 9日 (金)

オールスパイス

ティムホートンズのOld-Fashioned Glazedドーナツの香りに惹かれ、スパイスの正体を探るべくあれこれネット検索してみました。公式レシピは見つかりませんでしたが、再現レシピをうたった動画がいくつかあって、そこでは "オールスパイス" が使われていました。

ということで、日曜のお昼にスーパーでオールスパイスを購入。容器の蓋を開けてクンクン嗅ぐと、、うん、近い、いやきっとこれだ、これに違いない。。とは思ったものの、いまいち確信が持てません。なんだか嗅げば嗅ぐほど、だんだんと記憶がぼんやりしてきます。

やはりドーナツと一緒に嗅ぎくらべないとわからないなと思い、その日の夕方プルンチットのティムホートンズに行ったのですが、残念ながら売り切れていました。その後2回、仕事帰りにお店に立ち寄ったら、なんと連続で品切れ。主力商品でしょうに。。

そうしてようやく今日の夕方ゲットできたのですが、やはり今日もドーナツはなく、代わりにテムビィッツがあったので購入しました。これ、ドーナツの真ん中をくり抜いた時にできる余った生地で作られたものなんだそうです。

さて、Old-Fashioned Glazed (ティムビッツ) ですが、オールスパイスと嗅ぎくらべながら食べてみると、うーん、、近いことは近い。でもオールスパイスの3つの香り (シナモン、クローブ、ナツメグ) のうち、クローブはやや弱く、ナツメグがやや強いように思いました。(この感想で合ってるのかな・・)

いまいちスッキリした回答は出ませんでしたが、それにしてもこの香りは大好き。やっぱり自分はドーナツの中でもティムホートンズのオールドファッションが一番好きなんだなと再確認したのでした。

ちなみにオールスパイスの粒の方は、毎日サーモスの水筒にコーヒーを淹れて持っていく際、2粒ポチョンと水筒に入れています。どこかエキゾチックな香りのコーヒーになってとてもいい感じ。

569allspice01

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

タイの新型コロナ (10/08)

本日のタイの新型コロナ陽性は+7名、これで累計3,622名となりました。海外とくらべたら本当に微々たる数字です (タイの人口は7000万人弱)。しかも陽性は外国帰りの人ばかりで、国内での新規感染はほぼゼロという状況がもう4ヶ月ほど続いています。

一方で、タイから日本に到着した人からコロナが出たというニュースもちらほらあるので、タイ国内も実は静かに感染が広がっているのではないかという声は根強く聞かれるものの、いずれにしてもそこまでひどくはないのでしょう。今は経済、とくに観光業の再興が望まれています。

タイ政府は、最高で270日間滞在できる特別観光ビザを用意し、今日 (10月8日) はそのビザを取得した最初のグループとして、エアアジアのチャーター便で中国からの150人がプーケットに到着する予定でしたが、延期が確定しました。

地方政府から現地の検疫体制が十分に整っていないという説明があったようですが、今このタイミングで外国人観光客を受け入れることに対して地元住民から強い反対を受けているという報道もありました。実際のところ、どうなんでしょうね。難しい問題です。

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

学生運動、10月

昨日 (10月6日) はタイのメディアが、1976年10月6日に起きた「血の水曜日事件」、別名「タマサート大学虐殺事件」の犠牲者を追悼する記事をあげていました。

1973年10月14日の「血の日曜日事件 (学生クーデター)」とあわせ、半世紀近くたってもなお、タイの映画にはこうした学生運動の爪痕を想起させる描写が多くあります。

人肉ラーメン (2009年)
ブンミおじさんの森 (2010年)
暗くなるまでには (2016年)
マリラー:別れの花 (2017年)

今年は大学生の反政府運動が次第に高校生にも広がり、今は批判の矛先が王室にまで飛び火しています。過去、10月は悲劇的な出来事が重なっていますが、平穏無事を祈るばかりです。

572wednesday

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

軽やかドーナツ@SO DOUGH

存在は知っていたものの、デリバリー専門店とのことで手を出していなかったドーナツ屋 "SO DOUGH"。エムクオーティエG階のスーパーに行ったらたまたま臨時店舗がありました。ラッキー。しかもこの日は Buy 1 Get 1 Free!

値段は小ぶりのドーナツ6個にアイシングシュガーとクリームがついて120バーツ/420円 (この日はもう1箱おまけ)。家に持ち帰って、まずはビニール袋にドーナツとアイシングシュガーを入れ、シャカシャカふって砂糖でコーティング。よしよし、うまくいった。

白いドーナツをつまんでぱくりとひと口いただいてみると、評判どおりふんわり軽やか食感のドーナツでした。揚げ油で唇がテカる感じもなく、パン生地はひたすらふわふわ。あっという間に3個ぺろりです。美味しい。ドーナツの常識を覆す軽さ。

残り3個も余裕だなと思いまたドーナツに手をのばしたその時、ふと手が止まりました。あれ?ドーナツとして見れば極上の軽さに喜びもひとしおだけれど、そもそも軽さを追求するなら油で揚げないパンを食べればいいのでは・・・?

・・・自分はいったい何に喜んでいるのか、一瞬わからなくなってしまいました。ドーナツって何?パン (揚げパン) との違いもよくわからないし。。

571donuts01
571donuts02

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

担々麺 in バンコク

中華風の担々麺を一度紹介しましたが (→過去記事)、バンコクには日本人が経営するラーメン屋もたくさんありますから、日本風の担々麺もあちこちでいただくことができます。普段ほとんど日本食屋に行かないので、数がたまるまで時間がかかってしまい、最初の頃に食べたものはちょっと記憶が曖昧なところもありますが、結論としてはどのお店で食べてもハズレはない (ただし好みはある) と思うので、以下、4店舗をご紹介。個人的には最近食べた "がんてつ" の麻辣汁なし担々麺がベストワンです。

TAKAKI (高木)
担々麺といえばここ、というほど認知度が高いだけあって、やはりさすがの美味しさでした。濃厚なごまの風味、味濃いめの肉味噌、彩りもきれいで丼を見て惚れ惚れする逸品です。でも少しごまの苦味も感じたかな (たぶん他人より苦味に敏感な自分)。お値段税サ込258バーツ/900円。
570tantan01

担々麺
店名からして気合の入り方が違います。そしてしっかり美味しかった。ごまは濃厚。しかし苦味も出ずコクのある一杯に仕上がっていました。トータルで麺もスープも日本のラーメンだなあと安心感のある味・食感。170バーツ/590円はリーズナブルに感じました。実は担々麺以外にもメニューが盛りだくさん。
570tantan02

らーめん仙台 釜神屋
ごまの風味たっぷりのこってり担々麺は食べごたえ十分。ただ、白ねぎもたくさん入っていて、正直ごまとねぎがダブルで苦味を強くしていた印象。まあでも苦味も味のうちですから、そこは好き好きですね。まさに大人の味わい。190バーツ/660円。
570tantan03

北海道らあめん がんてつ
パクチーがのった麻辣汁なし担々麺は別皿で出てくる花椒がポイント。濃厚ながら苦味のないごまダレと味濃い目の肉味噌、新鮮なパクチーのアンサンブルは相性抜群で、そこに干しエビの旨味とさらに香り高く強烈なしびれの花椒が加わることによって、担々麺を次のステージに押し上げています。

花椒好きの自分には本品がクリティカルヒット。興奮冷めやらぬままあっという間に完食してしまいました。これまでバンコクで食べたどの花椒入り料理 (主に麻婆豆腐) よりも美味しかったです。240バーツ/840円の価値大いにあり。次はパクチー増し(30B)、肉増し(30B)、花椒増し(20B)も試してみたい。
570tantan04

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

え、もう?

トンロー通りで見かけたバーガーキング店頭のクリスマスデコレーション。いやちょと早くない?まずハロウィンでは?笑

568xmas01

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

静岡おでん@バンコク

今年トンローにオープンしたお店、"おでん青葉" (Shizuoka Oden Aoba) をちょこっと訪問、サクッと "静岡おでん" をいただきました。自分にとって、おでんは子どものころ駄菓子屋で食べるものでした。それがいつの間にか "静岡おでん" としてクローズアップされ、あわせて "黒はんぺん" も全国に知られるように。

今では自分も黒はんぺんという単語にそれほど違和感はなくなりましたが、自分にとってはもともと黒はんぺんがはんぺんであって、県外で売られているはんぺんは "白はんぺん" という認識でした。たぶんこれ、静岡県人はみんなちょっとだけ心の底で思っているんじゃないでしょうか。

それはさておき、久しぶりに黒はんぺんをいただきました。しかもバンコクで。感慨深いなあ。若干ホームシックだー。
(→静岡おでん過去記事)

567oden01
567oden02

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

バンコクのドーナツ屋12選

ドーナツ好きにとって、町のあちこちにドーナツ屋があるバンコクはパラダイスです。ただ、ふだん目にするお店はそれほどバラエティーに富んでいるわけではなく、やはり世界的なチェーン店が目立ちます。

次の12店はもっとたくさんある中でのベスト12ではなく、これまで自分が行ったことがあるお店ということなのですが、それでもこの12店でほとんどのドーナツ欲求は満たされるのではないかと思います。

brassica
ドーナツとフライドチキンのお店。個人的にこのカロリーマックスの組み合わせは異次元過ぎて、まだ同時に食べたことはありません (でもいつかは・・)。ドーナツは本当に美味しいです。ガッツリ満足感あり。(→過去記事)
566donuts01

CREAM by Flour Flour
味・見た目ともにパーフェクトだと深く唸らされたドーナツ界の完璧超人。バンコクのドーナツ屋で一番おすすめできるお店です。(→過去記事)
566donuts02

DROP BY DOUGH
値段はチェーン店の3倍ですが、その分手のこんだドーナツがいただけます。バラの花の香りが効いたドーナツ (ラズベリーローズ) など珍しくそしてオシャレなものも。デートに使える (かもしれない) ドーナツ屋。(→過去記事)
566donuts03

Dunkin' Donuts
ご存知の世界的チェーン店。タイ国内の店舗数はミスタードーナツと競っています (ダンキン280店舗、ミスド300店舗)。これまで馴染みがありませんでしたが、どのドーナツもミスドと変わらない (この価格帯なりの) 美味しさだと知りました (各29バーツ/100円)。
566donuts04
566donuts06

Holey Artisan Bakery
バンコク在住外国人に人気のベーカリー。ドーナツも定番の一品。と言いつつ、自分はまだ食べたことがないのですが (最近3回行って3回ともなかった)。クロワッサンとニューヨークチーズケーキは納得の味でした。ドーナツにも期待。(→過去記事1記事2)
566donuts07
(10/12追記)
ようやくドーナツを買うことができました。さすがパン屋のドーナツ、バン生地がそもそも美味しいです。ちょっと塩気が効いていてモチモチしていて。バタースコッチ (90バーツ/310円) は至高の美味しさ。
566donuts07b

KINU
ふわふわもちもちドーナツ。シンプルさがいい。1個あたりの値段も手頃で大きさも小ぶりなためパクパクいけちゃいます。タイ人からも大人気だそう。(→過去記事)
566donuts08

Krispy Kreme Doughnuts
主だったショッピングモールで見かけます。タイ国内には28店舗あるそう。カラフルで派手な見た目のドーナツもありますが、結局ベーシックなOriginal Glazed (27バーツ/95円) が一番飽きずに食べられるなと。しかし甘さは強烈。ブラックコーヒーがないと自分は食べられません。逆にコーヒーとの相性は最強。塩卵クリーム入りのドーナツも甘いしょっぱいがそれぞれかなり濃い目。むしろバターチーズがあっさりに感じられます。最近グレイズドチョコケーキがなくて悲しい。
566donuts09
566donuts10

Mister Donut
一番好きなドーナツはと聞かれたら、ミスドのポンデリングがまず頭に浮かびます。イーストドーナツ (イースト菌、パン生地)、ケーキドーナツ (ベーキングパウダー、ケーキ生地)、クルーラー (シュー生地) などありますが、そのどれでもない不思議なもちもち食感のポンデリングを初めて食べた時の衝撃は今でも忘れられません。ダンキンにもほぼ同じものあり。ポンデリング以外は平凡 (美味しいですけどね)。(ポンデリング 27バーツ/95円)
566donuts11
566donuts12

Mandarin Oriental Shop
ブルーベリージャムがたっぷりつまったドーナツは、全体的にベーシックな作りでありながら、ジャムの完成度が際立っており、なかなか他では見つけることができない、唯一無二の存在感を放っています。必食。(→過去記事)
566donuts13

STARBUCKS COFFEE
普通のドーナツ (30バーツ/105円) は他店とくらべれば甘さ控えめで食べやすい。美味しいけれど、表面がシットリというかネットリしていて、ひと口噛んだときの食感はいまいちかなあと。チョコドーナツ (40バーツ/140円) はコーヒーとの相性もいいですね。(→関連記事)
566donuts14

Tim Hortons
カナダのドーナツカフェ (→過去記事)。知らぬ間に支店がいくつもできていて、最近はよくプルンチットで購入しています (写真のお店)。Old-Fashoned Glazed (30バーツ/105円) が100円クラスのドーナツとしては出色の出来。独特のスパイスの香り (あるサイトで再現レシピを見たらオールスパイスを使っていました) もあって、大人の嗜好にも耐えうるドーナツだなと。Chocolate Glazedも美味しいし、メイプルシロップ系はさすがだし、普段づかいのドーナツ屋としてはもっともお気に入りのお店。
566donuts15
566donuts16

TKT's Row House
なんといっても全粒粉豆乳ドーナツが食べられる希少なお店。しかも美味しい。(→過去記事)
566donuts17

| | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

久々チーズケーキ@バンコク

1. Holey Artisan Bakery
欧米人に人気のパン屋さん。ドーナツを買いに行ったら品切れだったので、じゃあ何か別のものを買って帰るかと、値段も見ずにニューヨークチーズケーキを指差してからレジ前でサイフを出したところ、レジに表示された値段はなんと200バーツ/700円。えぇ・・・。

120~130バーツくらいを想像していたので思わず動揺してしまいましたが、レジに打たれてしまったし、今さらやめるのも格好悪いのでそのまま何食わぬ顔でお金を払うと、ちょっとドキドキしながら帰宅。お皿に移してからまじまじと眺めてしまいました。

値段が高かったという意識もあったかもしれませんが、これ、本当に美味しかったです。重過ぎず軽過ぎないちょうどよい食感、しっかりしたチーズ感、上品な甘酸っぱさ、シナモンが効いたクッキー台、すべてが絶妙で高バランス。何より見た目が美しい。個人的にはバンコクのチーズケーキNo.1。(→過去記事その1その2)
564cake01

2. AOBAUAN (オウブアン)
プロンポンのフジスーパー1号店の手前、ブレズ薬局の軒下にあります (期間限定?)。バスクチーズケーキというものを初めて食べました。本物を知らないので何とも言えないのですが、ねっとりした食感と濃厚なチーズ感がすごく美味しかったです。

たぶんちゃんとしたマスカルポーネチーズを使っているのではないかなと思う、風味豊かな味でしたが、馬鹿舌なので自信はありません。。ミニサイズで120バーツ/420円。ちょっと高いけれどこのサイズでも満足感あり。
564cake02
564cake03

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »