« ワット・プラプッタバート・スッターワート | トップページ | ワット・シーローンムアン »

2020年11月26日 (木)

ワット・シーチュム

ワット・シーチュム (Wat Si Chum/Sri Chum) はランパーンの町中にあるビルマ様式の寺院です。シーチュムは菩提樹の意 (北タイ語/チェンマイ方言)。

ラーマ5世 (在位1868-1910年) の統治時代に、ラムパーン周辺地域の豊富なチーク材の伐採に従事していたビルマ系木材商の寄進により、ビルマ様式の寺院として創建されました。1906年にはビルマからの仏舎利が納められたそうです。

当時、ランパーンはタイにおけるチーク材取引きの中心地であり、その扱いに長けたビルマ人がたくさん住んでいたそうです。そのため、功徳を積むという意味で彼らがビルマ様式で建てた寺院がランパーンには多いのだそうです。

1981年にタイ芸術局により国の史跡に登録されました。1992年の火災により礼拝堂 (ウィハーン) が大きく損壊しましたが、その後、同様の建築様式で再建されました。(→関連サイト:英語)

626watsichum01
626watsichum02
626watsichum03
626watsichum04
626watsichum05
626watsichum06

|

« ワット・プラプッタバート・スッターワート | トップページ | ワット・シーローンムアン »

旅行・地域 タイのお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワット・プラプッタバート・スッターワート | トップページ | ワット・シーローンムアン »