« 冷え込むバンコク | トップページ | 一人鍋@ホーム »

2021年1月13日 (水)

タイのローカルニュースから

■缶詰は安全
タイ保健省食品医療品局 (FDA) は、サムットサコン県の缶詰工場で900人以上の新型コロナ陽性者が出たあと国民に不安が広がったことを受け、同県で製造された缶詰は安全が確認されたと発表しました。コロナウイルスは中身の魚とともに缶詰製造工程の高温処理を耐え抜くことができないためだそうです。魚の缶詰を使ったサラダ "ヤムプラーカポン" も安心して食べていいとのことでした。

■Covid-19食堂
ある男性がコラート県で "Covid-19" という名前の食堂をオープンしました。彼はこれまでパタヤの観光客向けレストランに200万バーツ (700万円) 投資してきましたが、新型コロナのせいで客足が伸びず昨年閉店、人生設計が大きく狂ってしまったそうです。憎むべきコロナの名前を冠し、少しでも話題になればとのこと。

■マスク非装着に罰金
タイ深南部パッターニー県は、住民が外出の際マスクを装着しなかった場合、最高で2万バーツ (7万円) の罰金を科すことを決めました。いまタイは新型コロナの対応策を各県ごとの判断に委ねています。バンコクを見る限りマスクを装着せず出歩いているタイ人は見かけませんが、地方はまた状況が異なるのかもしれません。

■ガスー目撃される
新型コロナが重い影を落とすサムットサコンに、今週、新たな恐怖が。何人もの住民が、タイの首だけお化け "ガスー (Krasue)" を目撃したというのです。住民は今もコロナに怯えており、そんな社会不安がこうした物の怪を呼び起こすのかもしれません。(→ガスー映画過去記事)
688krasue

■LGBTラブストーリー
タイでは毎年数多くの同性カップルが生まれていますが、家族の祝福を受けて結婚できる人は限られています。しかしウン君の両親は違いました。ウン君が連れてきたボーイフレンド (高校の同級生トーイ君) のことを認め、結婚を許すとともに、最大限のサポートを約束しました。ウン君の母親は「家族は助け合う責任があるし、子供のことは受け入れなければならない」とメディアに語りました。(→元記事)

|

« 冷え込むバンコク | トップページ | 一人鍋@ホーム »

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷え込むバンコク | トップページ | 一人鍋@ホーム »