« タイ味ポテトチップス (5) | トップページ | タイは新型コロナ第二波 »

2021年1月 5日 (火)

安い醤油ラーメンは美味しいのか

先月、麺屋一燈MENSHO TOKYOと、タイの物価を考えたらだいぶ高価格帯の醤油ラーメンを食べたのですが、やはりそれなりに満足度が高く、支払いの時は若干手が震えましたが、今後もたまに食べたくなるであろう予感がひしひしと。

ふだんタイご飯ばかり食べていて、タイラーメンにも十分満足しているつもりでしたが、もしかしたら自分は日本の醤油ラーメンに飢えていたのかもしれないという思いも。ということで、今後のために、日系の安い価格帯の醤油ラーメンを食べくらべてみました。

日系の高いラーメン (上記3店) が350~450バーツ/1200~1600円、タイラーメンは40~60バーツ/140~210円。今回は100バーツ/350円前後をターゲットにしました。

①幸楽苑
・中華そば (106バーツ/370円) *税込

今回の中ではもっとも高いラーメン。ですがその価値大いにありでした。スープがちゃんと醤油の味で美味しい。麺は少し柔らかめでしたが、許容範囲。チャーシュー (3枚!) もメンマもとくに不満はありません。日本で食べるのと同じ、幸楽苑の中華そばでした。値段はタイラーメンの2倍ですが、量もタイラーメンより多いし、これは味的にもコスパ的にも納得。もちろん、高いラーメン店のようなこだわりを感じさせる味ではありませんが、これはこれで充分アリです。むしろホッとする味かも。
674ramen01

②七星
・淡麗鶏そば醤油 (105バーツ/365円)

濃厚鶏白湯そばで有名な七星。しかし今回は醤油。鶏でしっかり出汁をとったことがわかるスープは、チェーン店にはない自然な味わい。ただ、主役は醤油よりも鶏という感じなので、「醤油ラーメンが食べたい!」という気分に応えられるかは微妙。チキンラーメンと醤油ラーメンが同じようでやはりどこか違うという感覚でしょうか。でも美味しいことは間違いないです。鶏団子とチャーシューもさすが専門店という出来。量は少なめ。
674ramen02

③8番らーめん
・8ちゃん麺 (73バーツ/250円)

1年ぶりに行ったら68バーツから値上がりしていました。醤油系のスープですが、野菜やチキンの旨味が前面に立っています。醤油ラーメンというよりはまた別の何か (チキンラーメンとかそんな感じ)。あっさりしたスープが美味しいんですけどね、でも麺やチャーシューのクオリティーを考えると、わざわざここに来ようという訴求力は低いかもしれません。この値段ならタイラーメンを選んでしまうかなあ。他のメニューも安いので、あれこれ頼むなら良い選択肢。(→過去記事)
674ramen03

④すき家
・東京醤油ラーメン (69バーツ/240円)

ノーマークでしたがたまたまお店の前を通ったらラーメンもあることに気づき入店。日系ラーメンでは最安値だと思います。この値段でも麺のボリュームがあり (でもちょっと茹ですぎ)、チャーシューと卵も入っています。スープもちゃんと醤油が効いていて悪くないし (チェーン店ぽい化学調味料的な味は否めませんが)、コスパ的にはタイラーメンを超えていると思いました。安かろう悪かろうのいまいちなタイラーメン店もたくさんある中、くらべたらずっと美味しいです。とは言っても、すき家なら牛丼 (Mサイズ79バーツ) を食べた方がずっと幸せになれると思いますが。
674ramen04

|

« タイ味ポテトチップス (5) | トップページ | タイは新型コロナ第二波 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイ味ポテトチップス (5) | トップページ | タイは新型コロナ第二波 »