2017年6月21日 (水)

インドネシアあるある

その1:フォークとスプーンでご飯を食べる

その2:レストランの赤い容器はケチャップ、黄色はチリソース

その3:ブルーバードタクシー後部座席のヘッドレストが前すぎ

333aruaru01 333aruaru02 333aruaru03

いかがでしょうか。。

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

モスでがっかり

同僚とモスバーガーに行ったときのこと。時間はそろそろ夜10時。閉店間際のため店内にお客は2組ほど。

同僚がAセットを頼んだので、それと見くらべ自分はCセットに。ポテトかオニオンか聞かれたので、ポテト&オニオンと答えました。

セットメニューの写真は1枚目です。たしかに、ポテト/オニオン/ポテト&オニオンはどれかひとつチョイスということは容易にわかります。

右側のチキン/スープ/サラダはきっと全部来るのでしょう。何も聞かれなかったし。なんだかすごくお得な気分。

なんて思いつつ待っていると、まず同僚のAセットが運ばれてきました (写真2枚目)。なかなか見た目もあざやかです。さすがモス。

続いてCセット登場。モスチーズバーガーもポテト&オニオンもやはり美味しい。しかしその後は、待てど暮らせどチキンもスープもサラダも来ない。

え?マジで?これって1品しか来ないの?Aセットより高いのに?4品のうち3品忘れるとかありえないしな。。

くー、、、なんだか猛烈に損した感じ。だったらせめてチキンを頼んでいたよ。いやホント、メニューの書き方悪いよ。あんまりだよ。。

332mos01 332mos02 332mos03

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

サテ・タイチャン

少し遅くまで仕事をした帰り道、前から気になっていた Sate Taichan (サテ・タイチャン) に行ってみました。

会社からすぐのところにあるこのエリアは、夜な夜なサテ (焼き鳥) の屋台が20~30軒も並んでいて、そして9割の屋台がサテ・タイチャンの看板をあげているのです。

そもそもサテ・タイチャンとは何か。これまで何度も会社のスタッフやタクシー運転手に聞きましたが、ちゃんとした答えはもらえませんでした。

そこに、どうやら塩味のあっさり系焼き鳥らしい、優しい味が日本ぽいので、日本風のタイチャンという名前になったらしい、という情報が。

タイチャンが日本風の響きかというとなんとも言えないところですが、それはさておき、果たしてその実態は、、、

はい、そのとおり、塩味の焼き鳥でした。ただしつけ合わせのソースが激辛で、ふだん食べる甘いピーナッツソースの焼き鳥にくらべたらけっこう厳しいものがありました。

深夜ますますにぎわいを見せるサテ・タイチャン。1本2000ルピア (16円)。

331sate01 331sate02 331sate03 331sate04 331sate05

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

インドカレー

いろいろな国の料理が楽しめるジャカルタですが、意外とありそうでないのがインドカレー。日頃、あまりインド人を見かけないので、インド人コミュニティーがないのかもしれません(まあ知らないだけだろうけど)。また、インドネシア料理にもカレーっぽい料理がたくさんあるので、あえてそこからインドカレーへと国民の食指が動かないのかも。

とにかく、ジャカルタのインドカレー屋は自分が知る限りわずか数店。タイ、ベトナム、韓国、日本食などとくらべたらお店の数は雲泥の差です。とはいっても、これまで行った3店はどれも美味しく満足のいくものでした。個人的な好みで言えば、油多めのご馳走カレー(Ganesha、Queen's Tandoor)よりも、毎日食べられるようなあっさり系(Waytuki)がいいですね。

Ganesha
メニューは日本の本格インドカレー屋にありそうなラインナップ。あっと目を引く珍しいメニューはありませんが、どれも間違いのない美味しさ。でもバターチキンやスピナッチのカレーってぜんぜん芸がないですね。もっと違うもの頼めばよかったかな。変な話、日本で食べるインドカレーと変わらないので、また行こうという気になっていません。

330curry04 330curry05

Queen's Tandoor
パンもカレーもサイドディッシュもメニューが豊富。カッテージチーズにカシューナッツをまぶした揚げ物とか初めて目にしたものもたくさんありました。カレーは普通。ビリヤニも凝っていました。とにかく目で見て楽しいですね。5~6人で行ったら盛り上がるでしょう。自分には5~6人集める動員力がないので、一度連れて行ってもらっただけですが。

330curry06 330curry07 330curry08

Waytuki Vegetarian
最近見つけたカレー屋さん。南インドカレーセット(40,000ルピア=320円)がとても美味しかったです。インドカレーの真髄はベジタリアンにあり、なんて思ったりするほど野菜系のカレーが好きです。ナスと油の相性の良いこと。ちょっとこげかけたナスの甘味が抜群で、最近では一番のヒットでした。

マサラドサも安心の味(セットで48,000ルピア=380円)。外側の生地はしっとりモチモチなので、パリパリが好きな人は異を唱えるかも。中のジャガイモカレーは丁寧におこげをつけていて、香ばしさにほっぺたが落ちそうでした。それと、普通マサラドサにはココナッツのちょっと酸っぱいようなしょっばいようなつけ合わせソースがついてきますが、ここのソースはさらにピーナッツペーストが入っていて少し甘みのあるものでした。インドネシア風なのかな。でも自分はこっちの方が好きかも。小さいお店ですがメニューも豊富なので、何度も通いたいと思っています。

330curry01 330curry02 330curry03

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

サイゴンカフェ

少し高めのベトナム料理屋 SAIGON CAFE。メニューには本格ベトナム料理がずらりと並んでいます。

いや、実はベトナム料理ってベトナム以外の国でしか食べたことがないので、正解は本当のところ知らないのですが。

でもとても美味しかったです。料理と一緒にパクチーやハーブをむしゃむしゃ食べてきました。

もっともっとパクチーがほしかったな。揚げ春巻きとパクチーって永遠に食べ続けられるな。

コンデンスミルクと絶妙のマッチングを見せるベトナムコーヒーもさすがの美味しさでした。

329saigon01 329saigon02 329saigon03 329saigon04

| | コメント (0)

うどん屋MUGIMARU

会社の近くのプラザ・スナヤンにうどん屋さんができました。ジャカルタにすでに何店舗もお店を構える丸亀製麺とくらべると、麺、出汁、揚げ物のどれもなかなか点数は厳しくなってしまいますが、変わり種うどんや丼物もあるのが強みでしょうか。

スパイシートマトハンバーグなんてメニューもあって(写真4枚目)、ハンバーグが載っていて麺の味付けはスイートチリソースがかかっているだけなのですが、これが意外とマッチしています。和風の極地ともいえるうどんが、急にアジアンテイストに大変身。これでパクチーが載っていたら完璧なんですけどね。

328udon01 328udon02 328udon03 328udon04

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

ラマダン・カリーム!

夕方、日本から戻ってきました。1週間前と違うのは、昨日からラマダン(断食月)に入ったこと。

5時過ぎに空港に着いて、入国審査は短時間でクリアしたものの、荷物がほんの少しずつしか出てこなくて結局1時間待ったのは、やはり間に日没が入ったからでしょうか。

そりゃみんな作業そっちのけでご飯(ブカ・プアサ=Breakfast)を食べるでしょうね。。

327ramadan

| | コメント (0)

2017年5月18日 (木)

アート

アート、芸術ってなんなんでしょうね。こんな(写真の)やつとか。イスラムの国でこれを展示するのがすごいとか?そうなるともうアートというより思想・主義主張だけど。

326art01 326art03 326art04

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

空港のタクシー

夜10時、スラバヤから飛行機で戻ってきたら、空港のタクシーが800人待ちという。。

325taxi

正確には、ブルーバード(メーター制の良心的なタクシー:市中まで1000円くらい)は人気があるので800人待ち、その他のタクシー(メーター倒さない、市中まで2000~3000円)も500人待ちという状態。これはいつもの20倍くらいの混雑です。

実はこのターミナル3、これまでインドネシア国内線のみでしたが、今月からガルーダ・インドネシア航空の国際線も移ってきたため、まだ関連サービスが追いついていない様子。去年8月にターミナル3がオープンしたての頃も、タクシーに100人以上行列ができていましたが、国際線が入るとなれば混雑もレベルが違います。

結局、値段は2倍するけれどすぐにつかまるシルバーバード(ベンツ!)で帰ってきました。

| | コメント (0)

2017年5月14日 (日)

ジャカルタ絆駅伝2017

日曜日の朝6時半に号砲が鳴らされたジャカルタ絆駅伝2017。仲川遥香さんもランナーとして参加しました。うちの会社からもエントリーしていたので応援に行きましたが、実際の目当ては表彰式後のCOWCOWとピコ太郎さん。

あたりまえ体操インドネシア語バージョンはちょっと感動しました。世界に通用しているなあ。「イヤイヤラ~♪イヤイヤラ~♪」 あ、ジョコウィ大統領ネタは若干スベっていました。笑

ピコ太郎さんは生PPAPを見れたことに感動。ネタはこの1本でしたが、アドリブの面白さが芸歴を感じさせました。COWCOWとのコラボも最高でした。

会場横のビルに入ったらエレベーターから少女コンプレックスが降りてきて、思わず「少女コンプレックス!」と声が出てしまったのですが、13人全員でふり向いて「おはようございまーす!」と言ってくれました。^^

323ekiden01 323ekiden02 323ekiden03 323ekiden04 323ekiden05 323ekiden06

| | コメント (0)

より以前の記事一覧