2013年4月 2日 (火)

日本出発

フィジーに来て1ヶ月以上たちました。インターネット環境は先々週から整っていましたが、なかなかハードな毎日にブログを更新する気になれず、ついつい放置してしまう日が続きました。しかしこれからはちょっとずつでも何か書いていこうと、ようやくそんな気になった今日このごろ。

で、ちゃんと順番に書こうと思ったので、今更ですが日本出発の様子を。

今回のフィジー赴任ルートは、静岡→韓国→ナンディ→スバ。それにしても富士山静岡空港って命名はいかがなもんでしょう。県民ですが、なんだかとってもセンスが。。。いや、偉い人が知恵をしぼって考えたんでしょうから別にいいんですけど。

そんな静岡空港のグルメといえば、まぐろラーメン (写真1枚目)。ん?初めて聞いたよ。そんなご当地ラーメンがあったんですね。まあその名の通りマグロの竜田揚げが入っているだけなんですが、これで700円くらいなので、空港の食事としては安くて美味しい部類だと思います。ちなみに静岡空港は駐車場が無料。これはうれしいサービスです。

滑走路を飛び立つと、眼下には静岡市と駿河湾、そして遠くには富士山も見えます。冬晴れのあざやかな空の青さが目に染みた、印象深いテイクオフでした。

大韓航空の機内食は前評判もよく、かなり期待していました。日本路線のパスタは普通に美味しかったのですが、フィジー路線で出てくる、自分でかき混ぜて作るビビンバは、確かに目新しさはあったものの、味の方は、うーん、普通? いや、なんか微妙だったかな。「飛行機でビビンバ!」というインパクトはすごいと思いましたけど、次があれば違うものを頼もう。朝食のお粥にいたっては、これはもうそもそも。。。

ただし、コーヒーは美味しかった。今までいろんな飛行機に乗りましたが、圧倒的に美味しかったです。日本路線もフィジー路線も同じように美味しかったので、偶然ではないと思います。これから大韓航空に乗る方はぜひコーヒーをお試しあれ。

ちなみに韓国の空港 (インチョン) では5時間のトランジットでした。手土産に毒蛇パックを購入。韓国の文化紹介スペースがあったりネットが無料だったり、こじんまりとして使いやすい空港でした。ここや香港にくらべたら、成田の魅力って。。。

フィジーの空の玄関口、ナンディに到着したのは翌朝。しかし任地は島の反対側にある首都スバ。ここから車で3時間半かけ、昼過ぎにようやく目的地に到着しました。道中、車窓からうかがえるフィジーの雰囲気は、まさにトンガのそれ。のんびりとした南の島の風景が目に心地よいドライブでした。大きく違うのは、景色の向こう側に常に高い山がそびえていること。そしてスバに入った途端、一気に大都会に変わったことでしょうか。

こんな都会でうまくやっていけるかな。。。心底そう思いました。元トンガ住民としては、とっても不安な第一歩だったのでした。

001airport 001cantine 001fujisan 001shoku1 001shoku2 001shoku3

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

まぎらわしい

<パンダのふんでオーガニック緑茶、1杯1万6000円>

中国四川省の雅安市で、ジャイアントパンダのふんを肥料に使ったオーガニック緑茶の栽培が行われている。

同省の起業家An Yanshiさん (41) は近くのパンダ飼育センターから大量のふんを調達。50グラム入りの茶葉を2万2000元 (約29万円) で販売する予定だ。計算すると1杯あたり約1万6000円となり、Anさんは世界一高いお茶になると話している。

週末に開かれた茶の販促イベントに出席したAnさんは、「役に立たないものを有益なものに変えるというメッセージを世界中の人に発信したい」と語った。

パンダの主食は竹だが、Anさんによると、パンダは餌に含まれる栄養分の30%以下しか吸収せず、残りの70%はふんとして排泄される。このため「有機肥料を大量に生み出してくれる」のだという。

ただ、試飲したゲストからは「こんな高い値段で売るなんて、単なる誇大広告だ」と厳しい声も上がった。[2012.03.19 ロイター]

………ビックリした。糞をお茶がわりに飲むのかと。中国ならアリとか思ってしまいました。スミマセン。でもパンダの着ぐるみはいらないだろ…。(´・ω・`)

497panda

| | コメント (2)

2011年4月13日 (水)

鉄道の旅

懐かしいついでにもう1枚。

キャンディーからコロンボ、長距離列車。

鉄道旅行したいな 。

197train

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

南アジアの美女50

インド・パキスタンのメンズをターゲットにしたオンラインマガジン、Men's Crunch。

世界でもっとも美しい南アジアの美女50人」と題したページにはもちろん佐々木希なんかは入ってなくて、燦然と輝くボリウッドスターがずらり勢ぞろいしています。(in the worldというタイトルですが、もちろん南アジア限定)

栄えある1位は今をときめく大スター、カトリーナ・カイフ。ま、大洋州にくらべたら人口も100倍以上だし、はなから勝負になりませんね…。

172katrina

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

インド女優

もともとインド映画の女優さんはきれいですが、こうしてまとめて見せられると、やはりレベルが高いなとあらためて思います。→コチラ

ただ、「インドの町を歩いていても、映画に出てくるような女性はまったく歩いていない!」と知人が断言しておりました。それもまた真実のようです。

108indian

| | コメント (0)

2010年2月 6日 (土)

0ルピー

0ルピー
インドのとあるNGOが、汚職 (賄賂) 撲滅と称して0ルピー札をデザイン。なんと2年で100万枚配ったそうです。

これ、ぎりぎりアウトだと思うんですけど…。

| | コメント (0)

2010年1月25日 (月)

配慮しすぎて失敗した例

マクドナルド、シンガポールの十二支「ブタ」差し替えで謝罪
(シンガポール ロイター 2010.1.22)

米マクドナルドがシンガポールで今月始めた十二支にちなんだ動物の人形コレクション販売で、イスラム教徒に配慮してブタ(日本のイノシシに相当)をキューピッドに差し替えたところ、中国系の客から苦情が相次ぎ、同社は22日に謝罪した。

マクドナルドは英字紙ストレーツ・タイムズに謝罪広告を掲載。ブタの人形をラインナップに戻した。

娘がブタ年生まれというある女性は、同紙への投書で「シンガポールは多人種多文化社会であり、イスラム教徒の国民を尊重すべきなのは理解するが、今回の場合、ブタは中国の文化習慣である十二支の1つであり、また食品ではなく単なるおもちゃだ」と訴えた。

………ブタにしたらしたで、イスラム教徒が文句を言うんでしょうけどね。

| | コメント (0)

2010年1月15日 (金)

鳥葬

鳥葬
チベットの人に言わせたら、土葬なんてとんでもないことなんでしょうね。

| | コメント (0)

2009年9月28日 (月)

中国のキャラがちょっとおかしい件

中国のキャラがちょっとおかしい件
乳飲料の広告ですが、キャラが不気味すぎ。明太子の服?

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

娯楽が貧困を救う⁉

「テレビ普及で人口抑制」 インドの新政策が物議 [2009.08.22 CNN]

貧しい農村に電気を引き、夫婦が夜遅くまでテレビを楽しむようになれば、子どもをつくる時間がなくなって人口増加を抑えることができる――。人口問題を抱えるインドで、世界人口デーの先月11日、アザド保健・家族福祉相がこんな政策を打ち出した。「わかりやすく、効果が期待できる」「いや、ばかげている」と、賛否両論が巻き起こっている。

オマル・モハメドさんは、国内で最も人口の多いウッタルプラデシュ州に住む80代の男性。「人口抑制策など聞いたことがない」と語るオマルさんには、男13人、女11人と計24人の子どもがいる。「これは私の意志ではなく、神様のおぼしめしだ」と、信じて疑わない。

一方、首都ニューデリーに住む2児の母、アンジャナ・アロラさんは「水も電気も不足しているのだから、子どもは2人までにしておくべき」という意見だ。9年前に生まれたアロラさんの娘は、「インドで10億人目の赤ちゃん」と認定された。国が直面する人口問題の一端を実感したとの思いがある。

国連の統計によれば、インドの人口は世界2位。今後50年以内に、首位の中国を追い越す見通しだ。現在でも、世界の貧困人口の50%が同国に集中しているとされ、人口抑制策は政府の急務となっている。家族計画指導や避妊具の無料配布を試みた結果、国内35州のうち14州で、「一家につき子ども2人」の目標が達成された。しかし残る地域、特に貧しい農村などでは、依然として一夫婦間の子ども数が平均3.5人にも上っている。

同国で人口問題に取り組む「インド人口基金」の代表者、A.R.ナンダさんは、テレビ普及で子どもの数を抑える案に「高い効果」を期待する。「国民にはっきりとしたわかりやすいメッセージを送り、合理的な考え方を促すことができる」と考えるからだ。「テレビが子作りを抑制した例はすでにいくつか報告されている」と、ナンダさんは指摘する。イタリアの性科学者が06年に実施した研究では、寝室にテレビを置いている夫婦はほかのカップルに比べ、セックスの頻度が約半分にとどまることが分かったという。

一方、アロラさんは、この案を「ばかげたこと」と一蹴。「国民の考え方を変える方法は、教育しかない」と主張する。オマルさんもまた、「テレビで華やかな世界を見た後は、もっと子どもをつくろうという気分になるんじゃないか」と反論している。

………こんなことを言うとあれですけど、このアイデア、あながち間違ってはいないと思います。エチオピアの田舎を何十回とまわって、自分もまったく同じことを考えました。まずはパイロットプロジェクトでも始めてみたらいいのに。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧