2014年6月 2日 (月)

肥満の女性が「美しい」国

ランキングサイト『Toptenz.net』が発表した、”とくに肥満の女性を称える国トップ10”。

■10位:トンガ
南太平洋の小さな島トンガでは、”体が大きい方が魅力的”とされています。
ちなみに、島の成人住民11万4千人のうち、肥満体質の人は約10万人も! 北米肥満学会が2004年に発表した研究によると、トンガ人は遺伝的に肥満になりやすい体質なのだそうです。

■9位:クウェート
中東のクウェートは昔から、”砂漠の遊牧民達が太っていることは健康と富の象徴”と考えられています。しかもこの慣習が今でも続いているのです。
また、女性は家を飾るデコレーションと捉えられているため、”大きければ大きいほど富裕”ということになっています。ちなみに、死因の1位は心血管疾患で、15歳以上のクウェート女性の52%は肥満体質です。

■8位:フィジー
南太平洋の孤島フィジーは、太いウエストの女性は”健康でお金持ちで子どもがたくさん産める存在”とあがめられています。
フィジーの人々がほとんど肥満体質なのは、健康リスクに対する教育不足が原因です。しかし、この国で彼らは幸せに過ごしています。

■7位:ジャマイカ
ジャマイカでは、大きなお尻や下半身がとくに重視されています。そのため、女性の約65%は肥満です。理想的な女性の体型が、なんと医学的な理想体型のおよそ2倍。
さらに、「もっと体重を増やしたい」と望む女性をターゲットにしたピル市場も急成長しています。

■6位:サモア
サモア人は第二次世界大戦後、タロイモや魚の代わりに加工食品を食べるようになってから、体重が増加傾向にあります。
この肥満は最近始まったわけではありません。生物学的人類学者によると、サモア人は長年の食糧不足から、先天的に脂肪細胞に余分なカロリーを溜め込むようプログラムされているそうです。
それで大柄な人が一般的となり、太った女性も「これが普通」と受け入れられているのです。

■5位:南アフリカ
南アフリカ人は、体重が減ると病気と関連付ける傾向があるため、痩せていることにネガティブなイメージを持っています。よって現在でも、太った女性は健康的で経済的地位の象徴として愛され続けています。

■4位:アフガニスタン
アフガニスタンは太った女性を、不妊の多い環境のせいもあって重宝しています。砂漠の中で必死に放牧してきたため、女性の体重と妊娠を強く結び付けているのです。
ただ、体のほとんどがブルカ(ヴェール)で隠されているため、女性の体形ははっきりと分からないようになっています。しかし、ふくよかで丸みのある顔立ちが強く好まれています。

■3位:タヒチ
タヒチは、丸顔とぽっちゃりした体の女性が崇拝されています。この国の肥満原因は、炭水化物やココナッツミルクなどの甘い物を普段よく食べるせいです。ちなみにタヒチはフランス領なので、フランス料理が主に食べられています。

■2位:ナウル
南太平洋の小さな島ナウルも、肥満が受け入れられています。そのせいもあって、31%という世界最高の糖尿病発症率です。この国の1万4,000人の人々は、肥満を美やたくさん子どもが産める体形と結びつけ、女性は出産に備えて太らされます。
また、生鮮食品の輸入はコストがかかりすぎるため、ほとんどありません。安くて脂肪の多い食品ばかり、ニュージーランドやオーストラリアから持ち込まれています。

■1位:モーリタニア
西アフリカの国モーリタニアでは、女性の肥満は美しさと富の象徴です。
若い女性は、脂肪たっぷりのラクダのミルクを毎日飲んでいます。中には、体重を増やせず、食欲増進のために体重管理センターで定期的に抗ヒスタミン剤とステロイドを摂っている女性も……。運動することも冷たい目で見られます。
そして出産後、太いウエストを維持できずに離婚する女性もしばしば……。日本では考えられない環境ですよね。

+  +  +
いかがでしたか?。エチオピアは病的にガリガリの人が多くて、そんな中でもやはりお金持ちは太っていたので、体型と収入は比例するんだなあと感心したものです。女性はちょっとぽっちゃりくらいがちょうどいいですね。^_^

| | コメント (0)

2014年3月14日 (金)

もっとも安全な航空会社

航空会社評価サイトが発表した、世界の航空会社448社中の安全ランキング。管理状況、各社の安全に関する記録、過去10年間の事故などの状況を分析したもので、ハイジャックやテロ、航空会社の過失によるものではない事故は考慮されていません。

●もっとも安全
1位 カンタス航空
2位 ニュージーランド航空
3位 エミレーツ航空
4位 エティハド航空
5位 キャセイ・パシフィック航空
6位 シンガポール航空
7位 ヴァージン・アトランティック航空
8位 エバー航空
9位 全日本空輸
10位 ロイヤル・ヨルダン航空。

7位、8位以外は乗ったことがありますが、ヨルダン航空はちょっと意外というか、実は安全な飛行機だったんですね。ヨルダン滞在中はよく乗りました。20歳で初めてカタールから乗った時は、飛行機のタラップをのぼって機体に入るドアの所にもうひとつ金属探知機ゲートがあって、けっこうビビリましたが。

この他に乗ったことがあるのは、JAL、タイ航空、ガルーダ・インドネシア航空、エアランカ、ガルフエアー、サウジアラビア航空、エジプト航空、モロッコ航空、チュニジア航空、エチオピア航空、南アフリカ航空、大英航空、ルフトハンザ、エアーフランス、KLM、スイス航空、オーストリア航空、アリタリア、イベリア航空、オリンピック、トルコ航空、チャタムズ・パシフィック(トンガ国内線)、フィジー航空、大韓航空。

●もっとも危険
カーム航空(アフガニスタン)
スキャット・エア(カザフスタン)
ブルーウィング・エアラインズ(南米スリナム)

これらの飛行機はもう一生乗ることはないでしょう。(^_^;)。なお、2013年は1945年以降で航空機の事故件数が最も少なく計29件、死者数は269人だったそうです。交通事故にくらべたら圧倒的に事故確率は低いですね。

168rj

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

報道の自由

「国境なき記者団」は世界各国の報道の自由度を勝手にランキングして毎年発表しています。迷惑な話ですね。それに基づいて色分けされたのが下図。

報道というよりはどちらかというと外国人記者の取材の自由度かなと思いますが、黒く色付けされた国はあらためて言われるまでもなく、「まあそうだよね」という納得の選出。

日本のランキングはそれほど高くありません。福島の原発関連報道 (取材) がかなり規制されたからなんだそうです。

隠せば隠すほど人は不安になるし、かといって現実を知れば不安にならないかといえばそんなこともありません。報道って難しいですね。

報道が社会不安をあおるだけだとしたら、自分が為政者だったとしても真実を隠すかもしれないなぁ。日本人も意外とパニックに陥りやすいからなぁ。

ちなみに、個人的に思う「子どもに見せたくない番組」は、間違いなくニュース番組。傷害事件とか交通事故のニュースなんて、まっっったく不要。

まあせめてどこか1局だけにしてほしいです。どのチャンネルも同じ事件報道とか選挙特番とか、テレビ離れが進む昨今、いったい何を争ってんだか。

023map

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

国名の由来

その国はなんでその名前なんだろうと、ふと考えることがあります。

たとえばトンガという国名は「南」という意味。でも、自分が中心なら「真ん中」という国名にするでしょうから、トンガは北側にある別の国につけられた名前なのかな、なんて考えるのはなかなか楽しいものです。

イエメンは、その当時隆盛を誇ったエチオピアから見て、紅海の右側にあるから「ヤマン (アラビア語で右)」。ああ、単純。(^_^)

バハレン (原音:バハレーン) はアラビア語の直訳で「ふたつの海」。まあ海に囲まれてはいますけど、挟まれているかどうかは。。。

カタール (原音:カタル) は「滴 (しずく)」。確かにそんな形をしていますね。コーランには、神は滴から人を作ったという表現がありますが、これは人の精液のことをさしているようです。自分の国の名前がそんなんだと、ちょっと複雑かもですね。

日本は「日出る処」ですから、やはり西側にある大陸の人たちにそう呼ばれていたのでしょう。その地域で最初に強大な力をつけた国が、周辺の国を勝手に呼んでいるうちに、それが定着してしまったパターンも多いのではないでしょうか。

そんな世界の国名を、現地の語源にもとづいて和訳してしまった地図があります。これがまた面白い!

多くはその国の精神風土や単に地理的なものが由来ですが、エジプトが「エーゲ海に沈む地」って。。。ちなみにフィジーはなんだろう。早急に調べなければ!

021country

| | コメント (0)

2012年5月 9日 (水)

意外と遠いトンガ

トンガに来て意外だったのが、日本との行き来にかかるフライト時間が思っていたよりずっと長かったこと。

ふだん見る世界地図では、オーストラリアやニュージーランドは西ヨーロッパよりずっと近いような印象がありましたが、実はオークランドまでのフライト時間は10時間半と、まったくロンドンと同じです。

丸い地球を、日本を中心にして見ると一目瞭然。いやはや、遠いなぁ。

545flight

| | コメント (0)

2012年1月20日 (金)

原風景

ときどき、ヨルダンの小麦畑を思い出します。

金色の穂がサワサワと風に揺れる情景。

どこか懐かしい感覚。

一方、トンガの畑もこれまた大好きです。

トンガの良さはなかなか伝えにくいのですが、

2枚目の写真 (ヤシの木) を見てピンときたら、

ぜひ一度トンガに!

マクドもスタバもないけれど、良い国です。

432field1 432field2

| | コメント (2)

位置の確認は大切です

都会の交差点に立つトイレや場所案内のポール。

観光地に立つ「パリまで○○km」みたいなポール。

とっても好きです。無造作に張りだしたこの感じ。

地図も好きだけどこの標識も大好き。

男は位置関係の確認作業にグッとくるのかも。

1枚目はエウア。

2枚目はヨーク。

3枚目は喜望峰。

ウン、やっぱり距離表示もほしい。

その場所の緯度経度とか書いてあったら最高。

あー、旅に出たい。

431kanban1 431kanban2 431kanban3

| | コメント (0)

2012年1月 4日 (水)

そういえば・その2

オークランドで買ったチーズ。手荷物に入れておいたカマンベールは空港で没収されました。

ゴーダとかパルメザンはOK、カマンベールとかブルーチーズはダメ。ハードとソフトの違いだそうですが。。。

| | コメント (3)

2011年3月24日 (木)

写真2000枚世界一周

旅行行きたいなー。

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

飛行機事故の確率

■2010年の航空機事故
件数: 28件
死者: 828人
事故確率: 1/130万飛行
死亡確率: 1/380万人
(2009年よりやや増加)

■大きな事故
1月: エチオピア航空(B737-800)
(ベイルート離陸直後に墜落、90人死亡)

5月: アフリキーヤ・エアウェイズ(エアバスA330)
(トリポリ空港で墜落、104人死亡)

5月: エアインディア・エクスプレス(B737-800)
(マンガロール空港で着陸失敗、158人死亡)

7月: パキスタン・エアブルー(エアバスA321)
(イスラマバード近郊で墜落、152人死亡)

※この4件だけで2010年死者数の65%。

………エチオピア航空に乗ることはもうないだろうなぁ。

| | コメント (0)