2014年4月25日 (金)

イランの今

イランは今こんな感じなんだそうです。
The Reality of Life in Iran (50 pic)

想像してたよりだいぶお洒落です!

194iran5 194iran7 194iran8

| | コメント (0)

2014年4月23日 (水)

MERSコロナウイルス

本社のお知らせ掲示板に珍しくアラブ首長国連邦(UAE)の新型コロナウイルス(MERS)流行のニュースが載りました。死亡者も数名出ているとのこと。

でも、実はサウジアラビアの方がよほど患者数は多くて(4/23時点で81名)、UAEのすぐ隣国なのに、サウジのニュースは日本にはなかなか届かないのかなあなんて思いました。

2002-2003年頃流行ったSARSは死亡率9%、これに対してMERS(最初のMEはMiddle East)はなんと死亡率30-60%です。ラクダが媒介しているとも言われていますが、実態は不明です。

ジェッダではマスクとハンドソープが店頭から消えているそうです。もともと4リヤル (110円) のハンドソープ(除菌剤/50ml)が、今は10リヤル (275円) なんだとか。どの国も変わりませんね。

| | コメント (0)

2014年3月20日 (木)

シャワルマ共和国

さすが、レバノンの広告はカッコイイ!

こんな柄のTシャツほしいなー。

174shawarma1 174shawarma2 174shawarma3

| | コメント (0)

2014年3月 5日 (水)

都市の生活費ランキング

英経済誌エコノミストの調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が3月4日に発表した生活費が高い世界の都市ランキングで、シンガポールが東京を抜いて1位となりました。これは世界の140都市で、160の製品・サービスが比較されたものです。

同日、サウジアラビア現地紙では、サウジアラビアの首都リヤドおよび西の都ジェッダが、世界でもっとも生活費のかからない町のひとつであると、誇らしげな記事が掲載されていました。

例えばガソリン代。サウジアラビアでは10年前に1リットル=0.24$ (25円) だったのが、現在は0.13$ (13円)。これがシンガポールでは1.73$ (176円) です。サウジでは電気も水もタダ同然。食料品はほぼ輸入なのに、お米なんか日本よりずいぶん安いです。

140都市のうち、もっとも生活費が安いベスト5はインド、パキスタン、バングラデシュ、ネパール、スリランカ。そこにサウジアラビアとか、いくら生活費が安くても、イコールそこに住みたいとは、またちょっと違うのかなと思ったり思わなかったり、やっぱり思ったり。^_^;

161cheapcity

| | コメント (0)

2013年10月19日 (土)

ホットなアラブ女性ベスト10

日本ではなじみが薄いかもしれませんが、アラブ世界が誇る、輝くような美しき女性ベスト10です。ほぼレバノン系ですが。まあレバノンとスペインのハーフなんて美人以外の何が産まれるのって感じですね。

でもやっぱり不動の1位はヨルダンのラニア王妃。ん? アラフォーになってちょっとかげりがでてきた?

Top 10 Hottest Arab Women
  (Start with #10をクリックでスタート)

| | コメント (0)

もっともパワフルなアラブ女性 2013

3位のアミーラ王女 (29) は大富豪ワリード・ビンタラール王子 (58) の奥さんなんですね。まるでアラビアンナイトの世界だなあ。若い美人の奥さんが歳の離れた富豪の旦那をサポートしてますます大成功するなんて。

あ、未だにフェイルーズが強い影響力をもっているのは喜ばしいかぎりです。

100 Most Powerful Arab Women

| | コメント (0)

2013年5月27日 (月)

憎しみの連鎖、あるいは悲しみの

初めての中東暮らしはカタールでした。ちょうどインティファーダ (パレスチナ人の蜂起) の頃で、毎日夕方のニュースでイスラエル治安部隊に投石するパレスチナ人の映像が流れました。

運悪く治安部隊に捕まったパレスチナ人は、その場に押さえつけられ、投石できないように大き目の石で両肩をゴンゴン叩かれ、骨を砕かれていました。平和ボケした日本から来た自分にとっては、衝撃の映像でした。

そこで自分が何を感じたか正直に言うと、それは押さえようのない怒りでした。明らかにパレスチナ人は被害者だと思ったし、「イスラエル許せん!!」と本気で腹が立ちました。

職場にもパレスチナ人が何人かいて、彼らとパレスチナ問題の話をしても、そこには「話し合いで」とか「政治的に解決を」などという生ぬるい言葉は微塵も出てきませんでした。

日本人なら、「傷つけられた悲しみは相手を傷つけても癒えない」という仏教的な(?)考え方が多少なりともあるように思いますが、パレスチナ人にとっては、徹底抗戦とイスラエル殲滅あるのみといった雰囲気が濃厚でした。

それから10年。ヨルダン勤務の2年間も、毎日新聞やテレビでイスラエル軍によるパレスチナ人殺傷のニュースを見聞きしていました。2、3ヶ月に1度は、職場のパレスチナ系ヨルダン人スタッフの身内がイスラエル軍に殺されたという話を聞きました。

そんなスタッフから、「家族が殺されたら誰だって銃を取るさ、お前だってそうだろ」と問いつめられた時は、ただ黙ってうつむくしかありませんでした。

イスラム教の聖典コーランには、「敵を見たら殺しなさい」とか「敵のうちでもっとも悪いのは自分の土地を占領する者である」などと書かれています。

パレスチナ人にとって対イスラエル戦は完全に正義であり、殉死をしたなら天国に行くことが約束される「ジハード(聖戦)」なのです。パレスチナ人が本気ならイスラエル人も本気です。両者が消耗しつくし完全に戦意を失わない限り、戦いは終わらないのかもしれないと感じました。

そしてまた10年。2013年の現在も、中東情勢は解決に近づくどころかますます混迷の極みです。何がいけないのか、どうすればいいのか、もう誰にもわかりません。誰が敵でなんのために戦っているのか、何をどうすれば「終わり」なのか。。。

神のみぞ知る? いいえ、神さえいなければ、とっくの昔に終わっていたはずです。歴史上、神に命を救われた人よりも、神の名において殺された人の方が圧倒的に多いでしょう。

神はずるいです。自分では殺さず、人に殺させる。そんなの、あんまりです。あんまりにも救いがない。救いがないから人は人を恨む。憎しみの連鎖が続く。このままでは、未来永劫に。

無理を承知で言いますが、勇気を持って、忘れることはできないものでしょうか?

| | コメント (2)

2012年2月20日 (月)

え、マジ…?

まぁ、ロイターなんで確かな記事だとは思いますが、さすがにこれはどうなんでしょう。

「オレの彼女、忍者教室に通ってんだぜ!」

そう誇らしげに話すイラン人男性の姿が、、、いや、見えないなぁ…。

464ninja

| | コメント (3)

2011年11月23日 (水)

ベール

なかなか象徴的なニュースではありますが、

ならいっそ自分のベールを脱いで燃やせば?

なんだかちょっと 「やらされてる感」 が。

今はこれが限界なのかな。

あ! ベールは受け入れた上での抗議?

うーん、よくわからない…。

396yemen

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

死海文書、オンラインで公開へ

ヘブライ暦の大晦日である今日、ついに死海文書がオンラインで公開されました。(→Googleブログポスト)

紀元前 3 世紀から 1 世紀に書かれた死海文書は、これまで発見されたものの中で最古の聖書の写本群といわれています。紀元前 68 年、これらの文書はローマ軍の侵攻から守るために死海沿岸にあるユダヤ砂漠の11の洞窟に隠されました。そして、1947 年、ベドウィンの羊飼いが洞窟に石を投げ、中に何かがあることに気づくまで発見されることはありませんでした。1965 年から、同文書はエルサレムにあるイスラエル博物館の聖典聖堂にて展示され、特にキリスト教の誕生を始め、古代エルサレムの生活や宗教について知るための非常に貴重な文献として扱われてきました。

文書の各行をクリックすると、パッと翻訳 (英語) が現れるのがすごい! (→イザヤ書はコチラ)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧