2017年6月24日 (土)

イード・ムバーラク!

ラマダンが明けました。ジャカルタの町は車もまばらで、普段の渋滞が嘘のようです。いつもこんなだったらとっても住みやすい町なのに。

334eid

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

ラマダン・カリーム!

夕方、日本から戻ってきました。1週間前と違うのは、昨日からラマダン(断食月)に入ったこと。

5時過ぎに空港に着いて、入国審査は短時間でクリアしたものの、荷物がほんの少しずつしか出てこなくて結局1時間待ったのは、やはり間に日没が入ったからでしょうか。

そりゃみんな作業そっちのけでご飯(ブカ・プアサ=Breakfast)を食べるでしょうね。。

327ramadan

| | コメント (0)

2017年5月18日 (木)

アート

アート、芸術ってなんなんでしょうね。こんな(写真の)やつとか。イスラムの国でこれを展示するのがすごいとか?そうなるともうアートというより思想・主義主張だけど。

326art01 326art03 326art04

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

ライラとマジュヌーン

アチェの本屋で「ライラとマジュヌーン」のインドネシア語版を見つけ、サウジアラビアのことを懐かしく思い出しました (過去記事はコチラ)。

「ライラとマジュヌーン」は中東地域で広く親しまれている悲恋物語です。詩才豊かな主人公カイスは、恋人ライラの名前を詩の中にうたってしまったため、先方の家柄を傷つけたとして求婚を拒否されてしまいます。ライラは他人に嫁ぎ、癒されぬ心の傷を抱いたカイスはやがて精神に異常を来します。マジュヌーン(気がふれた)と呼ばれ、砂漠をさまよい恋人の幻影を追い求めるカイスでしたが、ライラもまた恋人への想いと夫への忠節のはざまに苦しみ、やがては衰弱して死んでしまいます。この恋物語はアラビアの砂漠的環境に生まれ、その純愛と悲恋、詩のすばらしさなどから広く中東文化圏に伝えられ、時代時代で作品化されています。いわば、中東版ロミオとジュリエットなのです (ロミオとジュリエットがライラの物語を引用したという説も)。

ピンとくる方もいるかもしれませんが、エリック・クラプトンの「いとしのレイラ」は、当時ジョージ・ハリスンの妻パティ・ボイドに恋をしてしまったクラプトンが、友人から聞いたこの物語と自分を重ね合わせたことから生み出されたのだそうです。

204laila01

| | コメント (0)

2016年9月12日 (月)

犠牲祭2016@ジャカルタ

本日 (9月12日) はインドネシアも犠牲祭でお休みでした。朝、タナアバン市場の辺りに行ってみると、あちらこちらでウシやヒツジを屠る光景が。子どもたちも興味津々です。いろいろ感じるところはあるんだろうなと。

157eid01 157eid02 157eid03 157eid03b 157eid04 157eid05 157eid06 157eid07 157eid08 157eid10 157eid12 157eid11

| | コメント (0)

2016年6月 9日 (木)

デーツ

ラマダンということでどのスーパーでもデーツがたくさん売られています。ちょっと嬉しい。

そういえば初めて中東に出た時は1ヶ月の断食に挑戦しちゃんとやりとげました(過去記事)。なんとなくムスリムの気持ちがわかったような気になったので(あと思っていた以上に何も悟らなかったので)、その後はやっていませんが。

116dates

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

2016年ラマダンスタート

ラマダン・カリーム!

115ramadan

| | コメント (0)

2016年2月18日 (木)

アチェ女性の服装

アチェにはこんな立て看板が。女性は身体のラインが目立つような服装は避けましょう。

021aceh1 021aceh2

| | コメント (0)

2014年9月28日 (日)

犠牲祭

今年ももうすぐ犠牲祭 (Eid Al-Ad'ha/イードゥルアドハー) 。この日、イスラム教徒は1頭の生きた動物(ヒツジなど)を屠り、神に感謝を捧げます。3分の1は自分で取り、3分の1は隣人に、そして3分の1は貧しい人々に分け与えなさいという教えもあるそうです。

神に生け贄を捧げることは旧約聖書にもあるように、中東地域では数千年にわたり続けられてきた神聖な宗教行事です。カイロやアンマンではこの日、町のあちこちで血だらけのヒツジの生皮が山になっていました。子どもたちは物心ついた時から、生き物の命を食べているんだと実感できるわけです。

日本の小学校教育にも導入、、、できないか。。。

254eid 254eid3 254eid4

| | コメント (0)

2014年9月22日 (月)

ハッジの季節

今年もマッカ巡礼の季節がやって来ました。ジェッダの空港には続々と巡礼者が到着しています。今年は当局も、エボラ厳戒態勢をとっています。到着時に検査が行われ、医療相談も行われているようです。ハッジには国内外から300万もの人が集まり、また散らばっていきます。何事も無ければ良いのですが。

ちなみにこの時期はヒツジの需要が上がります。サウジアラビアは年間250万頭のヒツジを輸入しており、国内マーケットの7割は輸入ヒツジと言われていますが、ハッジの時はスーダンやソマリアなどから100万頭ものヒツジを輸入して、1頭の値段が500~900リヤル(15000~27000円)におさまるよう調整しているそうです。

そういえば今日お昼にTappooで食べたラムカレー、お肉の味がいまいちでした。フィジーの限界かな。サウジのヒツジが美味しすぎたんですね。。。

249hajj 249sheep 249curry

| | コメント (0)

より以前の記事一覧