2019年4月16日 (火)

映画鑑賞

タイは今日で5連休が終わりました。ソンクラン(タイのお正月/水かけ祭り)の3日間は、道を歩いているだけで毎日水をかけられました。最初こそ笑顔でリアクションしましたが(本当はちょっとイラッとしたけれど)、最後はもう諦めて無表情ノーリアクションでスタスタ歩き続けていた自分。

最悪だったのは、映画のチケットを買ってから外にご飯を食べに行きまた映画館にもどる際、ズボン全体にバシャッとバケツで水をかけられたこと。もうパンツまでビタビタ。映画まであと10分。1駅隣りの我が家に戻り着替えてくる時間はありません。

結果、そのまま着席。シートが濡れたのは申し訳なかったけれど、こちらもズボンが蒸れて気持ち悪い2時間でした。ホントにもう。。ということでよく映画を観た連休でした。4本それぞれカラーが違う映画。毎日感情の起伏がおかしかったです。

1. ヘルボーイ
オリジナルのハードボイルドさに加え今作はより悪魔チックに。とってもダーク。
934movie01

2. シャザム
これもDCコミックのヒーローなんですね。コメディ&ファミリー映画。
934movie02

3. ペットセマタリー
オリジナルとも微妙に違いさらに救いのない映画に。ホラーとコメディは紙一重とはよくいいますが、本作に関してはコメディを想起する要素はなく全編ガチ。。
934movie03

4. ドッグズ・ウェイ・ホーム
400マイル離れたホームへの帰還なるか。涙腺ゆるゆる。
934movie04

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

キャプテン・マーベル

タイでは3月6日から「キャプテン・マーベル」が公開されています。先週、初日にさっそく観てきました。

面白かったです。「あー、こういうテイストなんだ」と想像の斜め上をいく展開に、個人的にはすっかり楽しませてもらいました。

今年はアメコミ映画の当たり年になりそうです。

884marvael

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

マムアンちゃん

Japan Expoで見たTシャツのキャラがなんだかとても印象的だったので、きっと昔見たことがあるマンガかアニメだろうと、あれこれ思い出そうとしたのですがどうにも思い出せず。

それもそのはず、これ、日本のものではなくタイ発信のゆるキャラ「マムアンちゃん」でした。なんでしょう、この日本人の心の琴線に触れる絶妙な味わいは。

調べてみたら、すでにマムアンちゃん、タイだけでなく日本でもバリバリ活躍していました。すごいな。グッズもたくさんあります。

バンコク芸術文化センター(BACC)のショップ "heppening shop" で絶賛販売中。ハンカチほしいな。この日は下の階で売っていたBABのミニバッグを購入しました。

828mamuan01 828mamuan02 828mamuan03 828mamuan04 828mamuan05

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

バンブルビー

これも映画館で予告編を観てかなり期待が高まっていた映画、「バンブルビー」。ようやく観てきましたが、タイではすでに上映も終わりかけ。日曜だというのに自分を含め観客はたった3人でした。

トランスフォーマーシリーズは前作を観ましたが、個人的にはあまりツボではありませんでした。子供向けにしては残酷だし、かといって大人向けにしてはストーリーがちゃち。

CGがすごくてお金をかけているのはわかるけれど、どうやって観たらいいのかわからなかったというのが正直なところ。

そして今作。トランスフォーマー第1作の20年前(1987年)、バンブルビーと少女チャーリーを主役にした前日譚スピンオフ作品だそうです。

何が良かったかって、まず80年代のMTVで流れていた曲がバンバンかかります。これだけでも当時を思い出し懐かしさ全開。

故あってバンブルビーもなかなか戦闘モードにならず、前半はユーモアあふれる描写が続きます。と言いつつ、ところどころに挿入される敵軍との戦闘描写はさすがの迫力。

オートボット(ロボット)同士の戦いだというのに、もう喧嘩上等、ガチでマジのタコ殴り。これには観ているこちらも思わず力が入ります。

チャーリーは家族との疎外感に悩み、それをバンブルビーとの友情で埋めてゆくストーリーには涙を誘われます。ちょっとだけ青春モードもありますが、最後までほんのりで終わるのがよかった。

そしてやはりクライマックスの決戦は熱さ100%。え?参戦少なくない?とかいろいろ思いましたが、そこは大胆に割り切った演出でしょう。正解だったと思います。

映画バンブルビーは、トランスフォーマーというフォーマットを使い、少女の成長、家族の絆、異種生命体との友情、そしてド派手なアクションを、80年代テイスト満載で描いた傑作です。

これぞ大人も子供も楽しめる娯楽作品だと思いました。

801bumblebee

| | コメント (0)

2019年1月12日 (土)

メリー・ポピンズ リターンズ

タイではすでに公開されている「メリー・ポピンズ リターンズ」。昨年映画館で予告編を観ている時にこれはぜったい観ようと決めていましたが、やはり面白かったです。

なお、1964年の第1作を観てから行くとより楽しいです。ちゃんとつながっているので。実は今回第1作を初めて観たのですが、50年以上前にこんな斬新な演出をしていたんですね。

今ならオールCGでも違和感なく描けるであろう場面を、第1作の表現にならって作っているのがさらに良かったです。

エミリー・ブラントの歌と踊り、そして凛とした立ち居振る舞いが最初から最後まで美しかった。エミリーファンには至福の2時間。ミュージカル最高!

798mary

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

カメラを止めるな!in バンコク

10月4日からタイでも上映されている「カメラを止めるな!」、ターミナル21の映画館で観てきました。

ストーリーを知らずに観たので、「おー、そういうことか!」とびっくり。面白かったです。タイ人が大笑いしていたのでなんだかこちらまで嬉しくなりました。

この面白さは伝染しますね。ゾンビだけに。(←たいして上手くはない)

678kametome

| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

マグロック&フジソニック2018

週末弾丸帰国してマグロック&フジソニック2018を楽しんできました。こんな小さな町に若手からベテラン、アイドルから本格派までいろいろなバンドが来てくれて嬉しかった。

とくに日曜日はJR清水駅でマグロ祭りがあったりJリーグ静岡ダービーがあったり、間違いなくこの1年でもっとも清水が活気に溢れた1日でした。

主催者、ダイノジに感謝。

672maguro01 672maguro02 672maguro03

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

死霊館のシスター

ホラー映画「死霊館のシスター」を観てきました。プロンポン駅直結のエムクオーティエ4階にあるCineArtという映画館で、なんとScreenXで! 緊迫する場面で左右の壁にドーンとスクリーンが広がるのはやはり大迫力。さすがに臨場感が違いますね。

さて、映画の方ですが、もともと死霊館シリーズの心霊テイストが好きである程度そっち系を期待していたのですが、その点はかなり異なっていました。ホラー映画としては60点、でも死霊館シリーズとしては30点くらいでしょうか。

簡単に言うとこれ、脅かし系お化け屋敷映画なんですよね。アメリカでは大ヒットのようですが、絶叫したくて観に行って、期待通りに絶叫できるんだから、まあそういう映画として見れば100点の出来だと思います。

それにしても主役の3人がそろいもそろってうかつです。怪しい人影や物音に誘われて、ついて行った先で必ずひどい目に合うというパターンを延々と繰り返します。しかもひどいのレベルが斜め上。

一番がんばらなきゃいけない神父が終始自分のトラウマ(亡霊)と戦ってばかりで本当の敵と全然対峙しない展開もナゾ。その分シスター(映画のタイトル The Nun=修道女)と村の若者ががんばっていたけれど。

日本映画の幽霊は、そこに実体があるようなないような、夢かうつつかわからないところに恐怖があります。攻撃の主流は呪い。あるいは惑わせてハンドル操作を誤らせたり橋から飛び降りさせたり。幽霊そのものが攻撃を仕掛けてくるとか、日本人にはどうもピンときません。

でもこれが幽霊(人の怨念)ではなく、悪魔(反キリスト)だったらどうなのか。こうなるとそもそも日本人には理解できませんが、キリスト教圏の人たちにとってはむしろ悪魔の方がより根源的でリアルな恐怖なんじゃないかなと。また本来神の下僕である修道女が悪魔であるとかきっとあり得ない恐怖なのかも。

悪魔だったらそりゃあ超絶パワーもあるでしょう。宙に浮いたり壁を壊すのだって朝飯前。死体が起き上がりダッシュで追いかけてくる。異常に強い力で物理攻撃を仕掛けまくる。でも意外と銃で撃てば死んだりする。そして何より、キリストの血とか遺物とかを使うとなんなく倒すことができる。

この映画も中盤になって、「あ、これ、インディー・ジョーンズのホラー版だ!」と思い当たってからは、なんだかワクワクしてきました。序盤で心が折れそうになりましたが、最後は楽しめました。

このシリーズには欠かせないヴェラ・ファーミガの21歳も年の離れた妹であるタイッサ・ファーミガがよかったです。ヴェラほどの妖艶さはまだありませんが、たまにゾクッとするほど画面に映えました。こういう人をスターって言うんですね。血筋ってすごい。

639nun

| | コメント (0)

2018年8月27日 (月)

名探偵コナンカフェ in バンコク

7月末頃、地下鉄のホームで名探偵コナンの映画の看板を見て、タイでもコナンは人気なのかなあと思っていたのですが、サイアムセンターに8月・9月の期間限定でコナンカフェがオープンしていました。しかも長蛇の列。こういうのを見ると嬉しくなりますね。

622conan00 622conan02 622conan01

| | コメント (0)

2018年8月25日 (土)

アニメイト・バンコク

MBK(マーブンクロンセンター)の7階にあるアニメイト・バンコクの充実ぶりに驚嘆。 日本語の漫画・雑誌、タイ語に翻訳された漫画、キャラグッズ、プラモ、フィギュアなど本当にたくさんありました。翻訳版も少年誌から青年誌、少女漫画まですばらしく多彩。

読んだことのある漫画のタイ語版を買ったら勉強になるかなと思い訪ねてみましたが、あまりにもたくさん漫画があるので逆に何を買うか迷い今日は何も買えずに退散しました。お店の繁盛ぶりにあらためて日本が世界に誇れるコンテンツは漫画・アニメだなと、感慨もひとしおでした。

619anime01 619anime02 619anime03 619anime04 619anime05 619anime06

| | コメント (0)

より以前の記事一覧