2020年7月 4日 (土)

AKIRA鑑賞

日本SFアニメの金字塔 "AKIRA" をタイの映画館で観てきました。いつも行くSF Cinema Cityではなく久しぶりのMajor Cineplex。本作は昔DVDで観ていましたが、背景の書き込みなど目に飛び込んでくる情報量が圧倒的で、やはり大スクリーンで観るべき映画だなと思いました。

ただ、大友克洋の漫画から入った身としては (単行本も全巻家にあります)、アニメで見るキャラ画はさすがにちょっと・・・と思ったり、視覚的情報量も漫画の方が身震いするほどの凄まじさで、むしろ漫画の方が画が動いているよなあなんてことをついつい考えてしまったり。

いまタイでは "僕のヒーローアカデミア The Movie ヒーローズ:ライジング" が絶賛上映中で、来週は "仮面ライダー令和"、再来週は "デジモンアドベンチャー Last Evolution 絆"、さらにその翌週には "クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン" が上映される予定です。

最近の日本アニメはタイ人にも大人気ですが、AKIRAのような大人の鑑賞に耐えるレジェンド作品もぜひ観てもらいたいです。ちなみに来週は "サヨナラまでの30分" もやるんですよね。日本映画が多くてうれしい今日この頃。

457akira

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

新海誠2本立て@バンコク

新海誠監督の「君の名は。」と「天気の子」がバンコクで再上映されています。これは観るしかないと、今日、一気に2本続けて観てきました。先週の「ラストレター」から2週連続で邦画。珍しい。

「君の名は。」はインドネシアの映画館で1回とDVDで3回、「天気の子」は映画館で日本で1回、タイで2回観ていましたが、それでもまだ、今日も2本とも涙ぐむくらい感動しました。

「天気の子」を最初に観た時は「君の名は。」の圧倒的な面白さにくらべると少々地味かななんて思いましたが、2回目にタイで観たら、むしろ「天気の子」の方がグッと来るなあとちょっと評価が変わりました (過去記事→コチラ)。今回はさらに評価アップ。

今日は「君の名は。」があらためて最高のエンタメ作品だということ、そして「天気の子」が2019年夏に自分も含め多くの日本人の心をとらえたことを再認識しました。こんな時代だからこそ。
440eiga01

ちなみに、映画のチケットを買ってから上映まで時間をつぶそうと、3ヶ月ぶりにマッサージに行きました。激痛足つぼマッサージの本格派、プルンチット・ハタサート。今は1人ずつ仕切りが。
440massage01

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

Baifern & Mario 新作映画!

なんと! BaifernとMarioが "First Love (A Little Thing Called LoveまたはCrazy Little Thing Called Love)" 以来、10年ぶりに新作映画を準備中だそうです! 今度はAIが恋するお話 (らしい)。

YouTube動画は2月の記者会見です (→コチラ)。気がつかなかったな。まあそもそもファンになったのも先月くらいですが。しかしこれは朗報。仮のタイトルは "Laser Candy" です。2021年夏公開予定。観られるかなあ。楽しみ!

438baifernmario
438baifernmario2

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

Baifern & Mario

YouTubeを観ていたら "First Love (A Little Thing Called Love)" の主演コンビ、Pimchanok Luevisadpaibul (Baifern) と Mario Maurer の "Reunion 2019" という動画があって、つい見入ってしまいました (→コチラ)。(ユニクロの宣伝みたいになっています 笑)

コメント欄には海外の映画ファンがたくさん書き込みをしていて、実生活でもカップルになればいいのにとか、映画の続編を待っているとか、みんな思うことは同じだなあと、なんだか自分もニコニコ。

Baifern の映画は5本観ていて、人肉ラーメンはちょっと特殊ですが、あとの4本はどれもロマンチックコメディで、それぞれ人気の男優と組んでいます。

Marioはもちろん、Dan Aaron Ramnarong (Back to the 90s, *カップルではない)、Arak Amornsupasiri (Cat a Wabb)、Naphat Siangsomboon (Friend Zone) と顔良し演技良しのナイスガイばかり。

映画の出来の良さも含め、どの作品のBaifernが一番輝いていたかといえば、うーん、First Loveかなあ。初々しさ・愛しさでは100点。Friend Zoneも相当良かったですけどね。可愛さ・美しさではこちらかな。

順番的にはFriend Zoneを観てBaifernにハマったら、さかのぼってFirst Loveを観てみるのがいいかも。ということで、ベストカップルはやはりBaifern & Marioでした。

映画紹介
人肉ラーメン
First Love
Back to the 90s
Cat a Wabb
Friend Zone

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

ラストレター (2020年)

邦画「ラストレター」を観ました。今日の観客はたったの3人。どの映画館も客足がまったく戻っていないようなので予想はしていましたが、さすがこの人数はショック。いい映画なのでもっとタイ人に観てほしいけれど、あっという間に終わってしまいそう。

日本では評判をよんだ作品なので詳細は省くとして、ありきたりな感想ですが、キャスティングがすごく良かったです。広瀬すずと森七菜の透明感 (神木くんも!)、松たか子やトヨエツの達者さ (意外とミポリンも!)、そして福山雅治のこじらせ感。

岩井俊二監督はやはり美少女を撮らせたら右に出るものがいませんね。舞台は仙台のほどほど自然が残る田舎町。季節は夏の終り。ノースリーブのコットンワンピースを着る広瀬すずなんてもはや記号です。

森七菜が歌う主題歌「カエルノウタ」もいい。思春期の不安定さを思わせるような、危ういけれども意志を感じる歌声だからこその良さがありました。設定は古めかしいですが、こんな映画を令和の時代に観るのも、一周回って悪くないなと思いました。

436lastletter

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

透明人間 (2020)

昨日 (6/03)、タイは祝日だったので、6/01から再開された映画館に行って「透明人間」を観てきました。客席のキャパ168名に対して、着座の間隔を開けることにより最大40名のみ入場可。1日の上映回数も3回のみ。お昼の上映回に行きましたが、自分を含め6人しか客はいませんでした。

レストランも古式マッサージ店も再開されましたが (3蜜制限あり)、今のところ客足があまり戻っていないように見えます。しばらく経済的には厳しい状況が続きそうです。町中の人混み自体はだいぶ増えましたけどね。

さて、映画の方ですが、H.G.ウェルズの古典的SF小説が現代風にアレンジされ、極上のサイコ・サスペンス映画になりました。画面には終始緊張感が漂い、ヒロインの鬼気迫る演技は素晴らしく、最後は「おー、こうなるか!」と驚きました。製作費700万ドルに対してすでに世界興行収入1億2600万ドル。コロナの渦中なのに。それも納得の出来栄えでした。

あらすじ (公式サイトより)
『富豪で天才科学者エイドリアンの束縛された関係から逃げることの出来ないセシリアは、ある真夜中、計画的に彼の豪邸から脱出を図る。失意のエイドリアンは手首を切って自殺をし、莫大な財産の一部を彼女に残した。セシリアは彼の死を疑っていた。偶然とは思えない不可解な出来事が重なり、それはやがて、彼女の命の危険を伴う脅威となって迫る。セシリアは "見えない何か" に襲われていることを証明しようとするが、徐々に正気を失っていく』

434movie02

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

タイの女優

コロナチャレンジとして毎日1本タイ映画を観ていたら60本になりました。これまで観たタイ映画に出ていた女優さんのインスタグラムのまとめ。映画を観るたびみんなきれいだし演技上手いなあと思ってその都度フォローしていたら30人以上に。フォロワー数が多い順に並べてみます (名前/ニックネーム、インスタ登録名、フォロワー数、出演映画:自分が観たもの)。ちなみにインスタ登録名は "ニックネーム+本名" というパターンが多いです。(6/01更新:Bow、Cherprang、Chompoo、Minnie、Nat、Noona、Peak、Tukky、Tye 追加)

1. Davika Hoorne /Mai
Insta: davikah
FL-No: 1115万人
Movie: 愛しのゴースト、フリーランス、タイの怪しい彼女
401davikah

2. Araya Alberta Hargate /Chompoo
Insta: chomismaterialgirl
FL-No: 978.9万人
Movie: Tootsies & the Fake
401arayaalberta

3. Urassaya Sperbund /Yaya
Insta: urassayas
FL-No: 971万人
Movie: ブラザー・オブ・ザ・イヤー、Nakee 2
401urassayas

4. Laila (Chermarn) Boonyasak /Ploy
Insta: chermarn
FL-No: 777.8万人
Movie: Buppah Rahtree、ミウの歌、30+ Single on Sale、すれ違いのダイアリーズ、ホームステイ
401chermarn

5. Sutatta Udomsilp /Punpun
Insta: punpun_sutatta
FL-No: 734.5万人
Movie: May Who?
401punpun_sutatta

6. Pimchanok Luevisadpaibul /Baifern
Insta: baifernbah
FL-No:709.7万人
Movie: 人肉ラーメン、ファーストラブ、Cat a Wabb、Back to the 90s、フレンドゾーン
401baifernbah_20200510105801

7. Jarinporn Joonkiat /Toey
Insta: toeyjarinporn
FL-No: 690.5万人
Movie: Dear Galileo、Die Tomorrow
401toeyjarinporn_20200503161101

8. Ungsumalynn Sirapatsakmetha /Pattie
Insta: pattieung
FL-No: 543.5万人
Movie: Bangkok Traffic (Love) Story、Hormones
401pattieung

9. Sudarat Butrprom /Tukky
Insta: tukky66
FL-No: 445.9万人
Movie: ファーストラブ、OMG! (Oh My Ghost)、30+ Single on Sale
401tukky66

10. Woranuch Bhirombhakdi /Nune
Insta: nuneworanuch
FL-No: 438.7万人
Movie: Midnight My Love
401nuneworanuch

11. Celine Horwang /Cris
Insta: crishorwang
FL-No: 426.8万人
Movie: Bangkok Traffic (Love) Story、OMG! (Oh My Ghost)、Headshot
401crishorwang

12. Nittha Jirayungyurn /Mew
Insta: mewnittha
FL-No: 418.3万人
Movie: 一日だけの恋人
401mewnittha_20200503141301

13. Pattarasaya Kreuasuwansiri /Peak
Insta: peakpattarasaya
FL-No: 326.4万人
Movie: Tootsies & the Fake
401peakpattarasaya

14. Sananthachat Thanapatpisal /Fon
Insta: sananthachat
FL-No: 257.1万人
Movie: ATMエラー
401sananthachat

15. Preechaya Pongthananikorn /Ice
Insta: icepreechaya
FL-No: 256.9万人
Movie: ATMエラー、I Fine Thank You Love You
401icepreechaya

16. Violette Wautier /Vee
Insta: violettewautier
FL-No: 247.8万人
Movie: Die Tomorrow、フリーランス
401violettewautier

17. Narikun Ketprapakorn /Frung
Insta: frungnarikunn
FL-No: 216万人
Movie: May Who?
401frungnarikunn

18. Namthip Jongrachatawiboon /Bee
Insta: beenamthipofficial
FL-No: 174.2万人
Movie: The Promise
401beenamthiofficial

19. Maylada Susri /Bow
Insta: bow_maylada
FL-No: 150.5万人
Movie: London Sweeties
401bow_maylada

20. Focus Jeerakul /Focus
Insta: focusbabyhippo
FL-No: 107万人
Movie: フェーンチャン ぼくの恋人、Hormones
401focusbabyhippo

21. Apinya Sakuljaroensuk /Saipan
Insta: apinnya
FL-No: 92.4万人
Movie: Ploy、By the Time It Gets Dark
401apinnya

22. Phantira Pipityakorn /Minnie
Insta: mintira.q
FL-No: 88.1万人
Movie: Inhuman Kiss
401mintiraq

23. Nuengthida Sophon /Noona
Insta: noona_nuengtida
FL-No: 86.2万人
Movie: アンニョン!君の名は、Ruk Jub Jai
401noonan_nuengtida

24. Cherprang Areekul /Cherprang
Insta: cherprang.bnk48official
FL-No: 84.5万人
Movie: ホームステイ
401cherprang

25. Patchanan Jiajirachote /Orn
Insta: orn.bnk48official
FL-No: 75.7万人
Movie: App War
401orn

26. Chutimon Chuengcharoensukying /Aokbab
Insta: aokbab
FL-No: 54.1万人
Movie: バッドジーニアス、Die Tomorrow、Happy Old Year
401aokbab

27. Nattasha Nauljam /Nat
Insta: nat_nattasha
FL-No: 40.6万人
Movie: SuckSeed
401nat_nattasha

28. Chutima Teepanart /Tye (Tai)
Insta: tye.chutima
FL-No: 38.1万人
Movie: Hormones、Dear Galileo、すれ違いのダイアリーズ
401chutima

29. Thunyaphat Phathirathiracharoen /Namfah
Insta: namfah_thunyaphat
FL-No: 35.2万人
Movie: The Promise
401namfah_sunyaphat

30. Ploy Sornarin /Ploychompoo (モモ)
Insta: ploynarinn
FL-No: 34.2万人
Movie: 15+ Coming of Age
401ploynarinn

31. Eisaya Hosuwan /Oom
Insta: oomeisaya
FL-No: 31.7万人
Movie: バッドジーニアス
401oomeisaya

32. Kanya Rattanapetch /Loogtarn/Tarn
Insta: tarnkanya
FL-No: 28.2万人
Movie: ミウの歌
401tarnkanya

33. Warisara Yu /JingJing
Insta: jingjingyu36
FL-No: 27.6万人
Movie: App War
401jingjingyu36

34. Chanidapa Pongsilpipat /Best
Insta: best_chanidapa
FL-No: 15.7万人
Movie: ミウの歌
401best_chanidapa

35. Chayanan Manomaisantiphap
Insta: amchaai
FL-No: 1万人
Movie: Me Myself
401amchaai

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

タイ映画鑑賞:SuckSeed

「SuckSeed」は2011年のタイの学園ドラマです。十代の頃のもどかしい気持ちがよみがえってくるような、バンド、友情、ロマンスといろんな要素が詰まった、思いっきり笑えて最後は泣ける、青春ど真ん中の物語。

高校3年生のペットは幼馴染で親友のクンに誘われバンドを組むことに。ドラマーとしてX (エックス) も加わり、女の子にモテることを目指して "クン&フレンズ" の活動が始まりましたが、演奏はハチャメチャ。

クンの双子の弟ケーはギターの腕前も良く学校一の人気者。二人は昔から反りが合わず、ケーが組むバンド "アリーナ" が学生バンドコンテストに出ることを知り、対抗してクンもコンテストへの参加を決めました。テーマは "Love" という単語を使わないラブソング。

クンは最近バンコクから転校してきた女生徒で、ギターの凄腕をもつアーンをバンドにスカウト。彼女は小学校の幼馴染で、当時からペットは彼女のことを密かに想い続けていましたが、クンもアーンが好きだったと知ると、自分の気持ちは封印してしまうのでした。

作詞担当のペットが書きかけた歌を気に入るクンでしたが、アーンに告白したところ見事にフラれ、そのことからアーンをメンバーから外してしまいます。そして自らのやけくそになった気持ちを綴り歌にして、バンド名も "サックスィード" と改名しました。

一方アリーナは、ボーカルが作った歌にケーがぜんぜんOKを出さず内紛、ボーカルが脱退してしまったところに、アーンがスカウトされギター兼ボーカル、そして作詞を任されました。

アーンがバンドを離れた後、ペットは子供の頃アーンのために歌った歌を吹き込んだカセットテープを渡し、また自分の気持ちを綴りアーンに渡すと、二人はお互いの気持ちを確認しあい、クンには内緒で付き合うようになりました。

コンテストは決勝進出20組のうち、アリーナが1位通過、サックスィードはぎりぎり20位で通過しました。本戦で、1組前の出番であるアリーナの歌を舞台袖で聴くサックスィードのメンバー。演奏を聞くのは初めてでした (予選はCDで応募)。

その歌詞は、ペットがアーンに渡したものでした。驚くペットを舞台からアーンが笑顔で見つめています。そしてクンも、それがペットが書きかけていたものであることに気づいてしまいました。

クンは怒りが収まらず、自分たちの演奏途中で舞台を降りてしまいました。追いかけるペットに、なぜ本当のことを言わなかったんだと怒鳴り、その場を去っていったクン。二人の友情は壊れ、責任を感じたペットはアーンとも別れてしまいました。

4年後、高校の同窓会、ステージではCDデビューを果たしたアリーナが演奏していました。アーンと再会したペットがあらためて自分の気持ちを伝えると、アーンも未だにペットのことが好きだと言ってくれました。

高校時代のビデオが上映される中、ペットはクンに話しかけますが、受け流されしまいました。するとペットはステージに上がり、ベースを持ってサックスィードの歌を歌い始めました。しかしペットに背を向け歩き出すクン。

会場を出かけたところに弟のケーがいました。クンは大粒の涙を流しながら、ケーにピックを貸してくれと言いました。ピックを受け取るとステージに駆け上がり、ギターをかき鳴らし歌い始めたクン。それを見たエックスもあわててドラムに駆け寄りました。

久しぶりのサックスィードの演奏は、けっして上手とは言えないものでしたが、4年間のわだかまりを吹き飛ばすような、熱い熱い演奏でした。

ちなみにこのピック、高校時代にクンがバンコクの音楽ホールで偶然会った有名ロックバンドのボーカルに "いつかまた会おう!" と言って渡したもので、コンテストで優勝したアリーナが後にこのバンドの前座をつとめた時、双子のケーに勘違いで戻されたものでした。

主演4人の瑞々しい演技もいいし、映画のために書き下ろされた楽曲もいいです。また、当時の人気ロックバンドのメンバーも多数出てきます。Modern Dog、Blackhead、Paradox、Big Ass、So Cool、Bodyslamなど。So Coolの "Joke" は本作でも最高の演技でした。

430suckseed

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

タイ映画鑑賞:30+ Single on Sale

「30+ Single on Sale」は2011年のタイのロマンチックコメディ映画です。7年間付き合った末に30歳でフラれたイン (彼氏は外国に行っていてほとんど会えていなかった模様) が、焼き鳥屋兼占い師のジュートと、有名カメラマンのタンとの間で揺れ動くお話。

この時実年齢29歳のCherman Boonyasak (Ploy)が、見事な負け犬っぷりを演じています (まあ後半はモテモテなのですが)。インの友人役のSudarat Butrpromもさすがのコメディエンヌぶり。実際この人モテると思います。

彼氏が別の女性と結婚してしまい傷心のインは、焼き鳥 (実際にはたぶん豚) を使って占いをするジュートと出会い、彼の優しさに触れるうち次第に好きになっていきます。というか優しさ云々よりジュート (Arak Amornsupasiri) がイケメンすぎますね。

一方、インは写真スタジオを経営しているカメラマンで、憧れの有名カメラマン、タンとの出会いは、あれよあれよという間に北極探検隊への帯同 (タンのアシスタント) という話に。つまりはプロポーズ。

タンは世界各国に10の家を持つセレブ中のセレブ。高級車でインを出迎えたりしますが、まったく嫌味のないナイスガイ。対して、心優しきイケメンながら生活はかなり庶民派のジュート (移動は自転車)。

とにかく王道のストーリー展開でした。本作のいいところは、ライバルのタンを悪く描いていないところ。これはインも悩むよなあと。それでも最後はジュートを選んだイン。これはこれで納得。

でも、タンと一緒にチェックインまでしたのに、土壇場で飛行機に乗らなかったのは、さすがにドン引きかも。女性にはウケるかもしれませんが、男性目線だと「勘弁してよ・・」といったところ。

まあ多少ありますが、あまり深く考えずに、美男美女がワチャワチャやっているのを素直に見て楽しむ作品かと。そういう意味では十分及第点の良作でした。

429single

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

タイ映画鑑賞:London Sweeties

「London Sweeties」は2019年のタイのロマンチックコメディ映画です。英語がまったくしゃべれない3人 (ポン、ボー、ジュード) がそれぞれの事情からロンドンに行ってドタバタをくり広げ、最後はなんだかんだそれぞれいい感じになって終わる、極上のハッピームービー。

ポン (プロン/Pron) は姉の結婚式のためロンドンに呼ばれますが、フィアンセのマイケルから英語で話しかけられるのが怖くて逃げ回ってばかり。ボーやジュードと一緒に通う英会話スクールでは、フランス語しかしゃべらないトゥアンに一目惚れされ、こちらもかなり迷惑しています。

ボーはロンドン留学中の恋人フォーのもとを訪れますが、ルームシェアしている韓国人留学生ジュンオンとの仲を疑いケンカ別れしてしまいました。実はジュンオンはゲイなのでボーの勘違いでしたが、混乱したボーはフォーの説明に聞く耳を持ちませんでした。

ジュードは白人女性と寝たい一心で友人と賭けまでしてロンドンに来ましたが、バイト先で目をつけたケイティーからはとことん嫌われる始末。タイ人マネージャーからも厳重注意を受けましたが、謝罪をしようにも英語が出てきません。

こんな3人がポンの姉ペンの家に入り浸っていると、当然マイケルが訪ねてくるのですが、言葉のコミュニケーションを完全拒否する3人に、越えられない異文化の壁を感じたマイケルは、婚約破棄を言い出してしまいました。

ポンは責任を感じ、なんとか二人を仲直りさせようと努力しますが、結局、二人の仲は出会った時と同じく、運命の導きによって奇跡的に修復されたのでした。英語のスピーチと英語の歌を必死に練習したポンは、式の当日、あれこれ間違えながらも堂々と披露し喝采を浴びました。

最初はトゥアンから逃げ回っていたポンでしたが、ある時、トゥアンが聴いている音楽をイヤホンで聴かされた時、言葉の意味はわからないのに、心に訴えかけてくるような不思議な感情が湧きました。

インターン先の上司ポップがわざわざポンを訪ねてやって来ると、一度は一緒にタイに戻ろうとしたポンでしたが、空港に向かう車中でトゥアンと聴いたあの音楽を中断され (イヤホンを引き抜かれ)、ポップが強引にタイ語のラブソングを聴かせてきたことから、ポンの中では想いが固まりました。

最後、ポンは再びトゥアンのもとを訪れ路上で熱唱 (ジェイソン・ムラーズの "I'm Yours")、ボーはすれ違いで帰国してしまったフォーを追いかけ、ジュードはケイティーとなぜか仲良しに。それぞれ多少無理矢理感はあるものの、やっぱりハッピーエンドは気持ちがいい。

何よりポン (Maylada Susri) がとびきりキュートでした。仕草や表情が大げさでオッチョコチョイでいつもジタバタしてばかり。こんな挙動不審者、現実世界ではありえませんが (本当にいたらかなりイタい・・)、ラブコメ映画なのでやりすぎくらいで丁度よかったなと。

ただしジュード、あれはストーカーだしほぼ逮捕案件かと。彼のパートだけはもうちょっと何とかならなかったのかな。。

429london

| | コメント (0)

より以前の記事一覧