2017年5月15日 (月)

エイリアン:コヴェナント

エイリアンシリーズの新章と思い観てきたものの、実はリドリー・スコット監督の前作プロメテウスの続編でした。プロメテウスを観ていないとたぶん意味がまったくわかりません。自分も鑑賞中ずっとハテナマークが飛んでいました。

これは以前、ハンガーゲームの最終章だけ観たのに近い感覚。前作から続けて観ているファンにとっては納得そして胸熱の展開なんでしょうが、シリーズの様式美に無知な自分は、「なんでそうなるの?」としか思えず、ご都合主義な展開に気持ちが萎えてしまったのを憶えています(主人公いきなり歌うなよ・・・)。それはさておき。。

プロメテウスは評判がいまひとつなのでずっと避けてきましたが、あれはあれでぜんぜん「人類の起源」なんかじゃなくて、単純にエイリアンシリーズの前日譚だったと今さら知りました。だったら最初からそう言ってよ。観たのに。

ということであらためてプロメテウスのストーリーを知り、ようやくつながりました。かといって、エイリアン:コヴェナントが傑作だったかというと、これはまあ観た人によりますかね。そもそもプロメテウスのWikipediaでのストーリー説明が信じられないくらいB級感がほとばしっていて、それを読む限り、駄作の二文字以外容易に想像がつきません。その続編なので推して知るべしというか。

とにかく本作では、あまりにもみんなうっかりさん、あわてんぼさんなので、宇宙に出る人類ってもう少しかしこいんじゃないの?と思わずにはいられませんでした。

しかし画面のビジュアルはダークで耽美で秀逸の一言。エイリアンの世界観を余すことなく表現しています。そしてやはりなんといってもエイリアンの造形。恐怖と絶望が具現化したような存在であるにも関わらず、その機能美につい美しいと感じてしまう自分がいます。

ラストシーンも特筆に値します。これが先のエイリアンシリーズにつながる人類最大の恐怖の始まりだと戦慄せずにはいられない重要なシーンなのですが、、(以下略)。

324alien

| | コメント (0)

2017年5月10日 (水)

Stereomantic:ライブ告知

Stereomantic がサード・アルバム "Golden Sun & Silver Moon" の発売記念ライブをやります。5月20日 (土)、クマンのスイスベルホテル、7pm~。入場料はドリンク付き35,000ルピア、CD+ドリンクで100,000ルピア (800円)。

ジャカルタ在住の方、いかがですか。^^

319stereomantic

| | コメント (0)

2017年5月 7日 (日)

Stereomantic:ご本人登場

Stereomantic のセカンド・アルバム "Cyber Superstar" が手元に届いてから毎日聴いていましたが、ついに先週金曜日の夕方、ファースト・アルバム(中古CD)が見つかったという連絡が入りました。

サマリンダ(ボルネオ島の東カリマンタン州の州都)から送ってもらうと送料もかかるけどいい?と聞かれましたが、もちろんノープロブレムと返し、どうやって受け取ろうかと聞いてみると、なんと、日曜日にスタジオに来ないかとのお誘いが。5月20日にサード・アルバム "Golden Sun & Silver Moon" の発売記念ライブがあるため、日曜日はそのリハーサルを行うとのこと。

そして今日、日曜の昼12時、ドキドキしながらクマン地区のスタジオを訪ねました。フロントマンのAroelとMariaが少し遅れてやって来るまで、ベースマンのナイスガイといろんな話をしました。

インドネシアでは海賊版がはびこっていてCD販売は期待できないこと。でもそこから好きになってくれてiTunesなどから楽曲をダウンロードしてくれたらいいなと考えていること。ジャカルタとバンドンは若者の音楽的嗜好が似ていてバンドンでは自分たちの音楽がウケること。逆にスラバヤはヘビメタが盛んでなかなか受け入れてもらえないこと。ここ数年保守層からエンターテイメントに対するネガキャンがあってますます音楽ビジネスは厳しくなっていること。。

日本のバンドならラルクとかDEPAPEPEが好きなんだそうです。ピチカート・ファイヴの名前も出てきました(YouTubeで初めて Stereomantic の楽曲を聴いて渋谷系っぽいなと思いました)。iPhoneに入っているサカナクションやくるりを聴いてもらうと、かなり気に入った様子でした。嬉しい。^^

日本の人に Stereomantic の曲を聴かせたら、たぶんこれがインドネシアのバンドだとは思わず、普通に日本のだと思うんじゃないかなと思います。音楽に国境はないと言いますが、良質な音楽は国籍に関係なく、心に響くものですよね。Aroelは去年サマーソニックを見に日本に行ったそうです。いつか演者として出られたらいいなと言っていました。マグロックならなんとかならないかな。。

CDにサインしてもらい、最後は一緒に写真を撮ってもらいました。その後もしばらく手が震えていました、緊張と感動で。帰宅してからちょっと熱が出ましたよ。笑

314stereomantic01

| | コメント (0)

2017年5月 4日 (木)

ラジオでStreomantic

インドネシアのエレクトロポップバンド Stereomantic のファンになり、あれこれSNSをチェックしていたら、夜9時からラジオ Kis FM (95.1) に出演するとの告知が。ちょっと調べたらすぐにネットでストリーミングが聴けるとわかりました。

しばらくラジオを聴いていたら、こんどは Instagram からライブ動画配信の通知が。インスタを立ち上げると、狭いラジオ局のブースの中でスタンバイするメンバーの姿が。もうすぐサードアルバム発売なので、そのCDをかけるんだとばかり思っていましたが、生歌なんですね。

音の条件は悪そうですが、これは貴重と思いしっかりイヤホンで聴きました。でも、、、ファーストとセカンドアルバムの曲が2つ続いたのはなぜ・・・?リミックスとしてサードに入っているのかな?まあ Insomnia とかいい曲だからいいんですけどね。

あっという間の1時間でした。楽しかった。^^

311str01 311str02

| | コメント (0)

2017年5月 3日 (水)

Cyber Superstar : Stereomantic

CDが届きました。Stereomantic ご本人から。うれしい。さっそく聴いています。いいです。かなり。これは5月20日発売のサードアルバムも買わざるを。そして幻のファーストもいつかは。^^

310cd

| | コメント (0)

2017年4月30日 (日)

クリエイターズフェスタ2017

Creators Super Fest 2017を見てきました。規模は小さいですが、日本のコミケと変わらない雰囲気。オタク、サブカル、萌え、コスプレ。インドネシア人もがんばっています。みんな日本好きなんだろうな。^^

308fes02 308fes03 308fes04 308fes06

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

スシ大臣?

違法漁船に対する断固たる措置で世界的人気に火がついたスシ海洋水産大臣。

日本のマンガ(ゴルゴ13)に激似のキャラが登場したことを、インドネシア現地紙も取り上げました。

なんだかもうすごすぎて。^^;

305golgo1

| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス観ました!面白かったです!

1作目が傑作なだけにやや心配もありましたが、あいかわらずキャラは立っているし笑えて興奮して最後はちょっと泣けて。

マーベルの世界にどっぷり浸り、映画がいつまでも終わらなければいいのにと、久しぶりに思った作品でした。

304gog2

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

インドネシア音楽事情:Stereomantic

昨日パサール・サンタでインドネシアのバンドの演奏を聞いて、それがなかなか良かったものですから、夜、YouTubeで自分の好みのバンドはいないか探してみました。

そのうちヒットしたのが Stereomantic (ステレオマンティック) という男女二人組。ジャンルはIndie Pop (ギターポップ、ネオアコ、エレクトロポップ) で、自分的にかなりのツボ。

さすがにピチカート・ファイヴとはいきませんが、フリッパーズ・ギターのような軽快さとお洒落さを感じさせる極上のインディーポップです。いわゆるワールドミュージック的な泥臭さは皆無。Perfumeっぽいと言えなくも。

レベルが高いなあと思いバンドのことをいろいろ調べていたら、聴いた楽曲は2006年のファーストアルバム (Stereomantic) のものでした。これまで出したアルバムは2枚。

そしてなんと、パサール・サンタにも来ていた!前日の土曜日でしたが。実はそこで次のアルバムのカセットを限定100本、売っていたのだそうです。くそー。逃したー。

すぐにCDを買おうと、祝日の今日、町中をあちこち探してみたのですが、ジャカルタ (インドネシア) って音楽CDがまあ売られていません。

洋楽こそ少し見つかりましたが、インドネシアのものは結局ぜんぜん見つかりませんでした。海賊版と違法ダウンロードが横行しているので、正規のCDなんてほとんど誰も買わないのだそうです。

意気消沈して Stereomantic のFacebookを見てみたら、そこには、随時メッセージ受付中と書かれていました。しかも、10分以内で返信しますとも。

少し悩んだあと思い切って、「CDがほしいんですがどこで買えますか」と送ったところ、「WhatsAppのこの番号に連絡されたし」とすぐに返事がありました。

そうして、アルバムCD購入についてひととおりメッセージ交換をしました。残念ながらファーストアルバムは完売 (CD 5000枚、カセット 5000本)、あるのはセカンドアルバム (Cyber Superstar) のみ、5月20日発売のサードアルバム (Golden Sun & Silver Moon) はちょうど今晩から予約できますとのこと。

セカンドアルバム購入の意思を伝えたあと、さらに思い切って、「実はファーストアルバムが本当に大好きで、中古で良いからどこかにないでしょうか」と聞いてみました。

すると、5月20日の発売イベントで、ファーストアルバムのカセットテープ、ストック最後の1本(未開封)をオークションにかける予定があると教えてくれました。さらに、中古でよければCDを探してあげるよとも言われました。優しい!嬉しい!

こういう人たちがその作品で適正な収入を得てほしいとつくづく思います。でもキャリア11年でようやく3枚目のアルバム発売なんですよね。インディーズは厳しいのかなやっぱり。

ちなみに同じレーベル (Aksara Records:今はありません) の White Shoes & the Couples Company はもう少し売れているっぽいです。日本でもCDが売られたそう。ゆったりした南国ポップって感じで、さらにお洒落感満載。こちらもちゃんとCDがほしいな。

302st01 302st02

| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

レコード・ストア・デイ in ジャカルタ

ジャカルタのパサール・サンタでレコード・ストア・デイ (Record Store Day) のイベントをやっていました。ピストルズと一緒に並べられていたインドネシアのパンクバンド (たぶん) がかなり気になりました。インドネシアのロックシーンは昔っから熱いです。

299santa01_2 299santa02 299santa03 299santa04 299santa05 299santa06

| | コメント (0)

より以前の記事一覧