2020年1月 8日 (水)

Huawei nova 5T カメラレビュー (3)

nova 5Tを4週間ほど使ってみての感想など。まずはカメラ。もともとZenfone3のカメラが使えなくなったため買い替えたので、とにかく普通に写真が撮れるというだけで満足しているわけですが、いくつか微妙な点も。

ひとつはファーウェイのウェブサイト。「プロ級カメラ」という表現は明らかに誇大広告かなと。せいぜい2~3万円のコンデジと同等くらい。でもスマホにしてはけっこう良いんでしょうね。「5つのAIカメラ」を使った感想は:

■メインカメラ(4800万画素):○
 良い写真だけれど1200万画素の方が良い

■メインカメラ(1200万画素):◎
 日常使うにはこれがベスト、初期設定もこれ

■超広角カメラ(1600万画素):○
 撮影が楽しい、画質はメインカメラには劣る

■被写界深度測定カメラ(200万画素):△
 背景をぼかすアパーチャモードで使用、不自然な描写が多く被写体を選ぶ

■マクロカメラ(200万画素):×
 メインカメラで撮ってトリミングした方が画質が良い

■インカメラ(3200万画素):△
 4人並んで自撮りしたとき頭ひとつかふたつ後ろの人はピントが合っていなかったので、ここはAIが判断してパンフォーカスしろよと思いました、絞りF2.0だったのでもっと絞れば良いだけです、実際メインカメラでグループ写真を撮ったら絞りF2.8 (開放F1.8) になって奥の人までピントが合っていました、ピントが合っているところの画質は良いです、勝手にお肌加工してくれるのも今となってはありがたい

基本はAIをオンにして撮影していますが、できあがる写真は色鮮やかで、青はより青く、赤はより赤く写ります。これが今どきの画作りなのでしょうが、少し色味も変わってくるので、自分はやや不自然と感じます。一般的にはとてもきれいな写真が撮れるとも言えますが。

食べ物はAIが認識しやすいのかきっちり補正がかかります。葉っぱの緑色とかちょっとわざとらしいですよね。きれいといえばきれいですけど。補正レベルが3段階くらいで選べればなあ。
259noodle

猫の写真、撮った日や時間帯が同じではありませんが、実際はZenfone3の写真のようにちょっとほこりで薄汚れた猫でした。一方、nova 5Tはもう少し小綺麗な毛並みに見えます。路上で暮らす猫のリアリティーとしてはZenfone3の写真に軍配が上がると個人的には思うのですが。
259cat

nova 5Tの液晶画面がかなり色鮮やかなのも、写真の派手さに拍車をかけています。撮影した写真を見てギョッとすることもしばしば。パソコンに転送して見るとそこまででもなかったりするのですが。なお、夜景は手持ちでブレもなくちゃんと写真が撮れます。これは素直にすごい。

ということで、カメラについては総じて満足度は高いです。ただし、てんこ盛りのスペックうち自分が使うものは限られているし、不満足な部分は使わないので、自ずと使える部分だけ使っているという点において、満足度が高いと言えるのかもしれません。

スマホ全体の使い勝手については未だに悪戦苦闘中、というかイライラしっぱなしです。もう慣れるしかないのでしょうが。

(→カメラレビューその2)

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

Huawei nova 5T カメラレビュー (2)

nova 5T使用2日目。撮影モードをあれこれ試しました (→カメラレビューその1)。

【アパーチャ】
背景をぼかすモードです。手前の被写体がひとかたまりのものだと上手くいきました。これなら使ってもいいなと思えるレベル。
233test01

複雑な形状だとぼかしができていない部分も (右腕の下側)。さすがに不自然なのでこういうシーンでは使わないほうが良さそう。
233test02

ちなみにデジカメで撮るとこんな感じ (絞りF1.7)。
233test03

【スーパーマクロ】
被写体に4cmまで寄れるという売り文句ですが、画像サイズは1600x1200と小さく、これでは普通モード (サイズ4000x3000) で最短距離で撮った画像を同サイズにトリミングした方がまだ少し大きい画になるし画像も鮮明なので、いまいち存在意義がわかりません。使い方が違うのかな。。
233test05

ちなみにキヤノンの24-70mm/f4レンズに付いているマクロモード (0.7倍) でもこのくらい寄れるので、"スーパー" マクロと言うのなら等倍くらいまで寄れるのかなと思っていました。
233test06

【AI:猫モード】
nova 5Tは標準の2倍=52mm (35mm換算)、GF1は40mm (35mm換算)。同じ位置から撮っているのでレンズの画角が被写体の大きさに現れています。デジカメの方はほぼ実際の猫の毛色。くらべるとnova 5Tは色の補正が過剰です。単体で見ればとくに違和感はないですが。
233test04

【AI:犬モード】
猫モードとの違いはきっと猫より犬のほうがよく動くからシャッタースピードが早かったりするのかなと思いましたが、案の定、子犬がぜんぜん止まってくれず、犬モードも虚しくまともな写真は撮れませんでした。なお、画像情報を見たらシャッタースピードは特に早くなっているわけではありませんでした。
233test08

【夜景モード】
通常モードよりわずかに明るく写っていますが、効果のほどは微妙。もっと暗いシーンなら、よりはっきり効果を得られるのかもしれません。むしろ通常モードで手持ちでここまで撮れてしまうのがすごい。
233test10
233test09

AIモードは次のシーンに対応しているようです。パンダ・・・?
233test07

 

| | コメント (0)

Huawei nova 5T カメラレビュー (1)

【解像感】
※もともとこういう写真を撮っています。それぞれ写真のサイズと容量は次のとおり。
nova 5T/48MP: 8000x6000=11.4MB
nova 5T/12MP: 4000x3000=4.4MB
Lumix GF1: 4592x3448=7.6MB
232test00

一番小さいnova 5T/1200万画素に合わせ4000x3000にリサイズした後、900x1700で等倍切り抜きした画像を並べました。ただしレンズの画角が少し違うので、その分GF1の画像サイズを調整しています。
232test04

nova 5T/48MPは、12MP相当に縮小しても、nova 5T/12MPより解像感が高いです。SONYのイメージセンサーってすごいな。その分、写真1枚のサイズも11MB超えですが。(なお、常用は12MPが正解だそうです)

GF1は写真を撮る角度を間違えて少し空が多めだったので、たぶんそれもあって日影の部分がより暗くなっていますが、カメラで撮る写真は本来こういうもの (目で見た以上に明暗差が大きくなる)。

なので、nova 5Tは日影を明るく補正しているはずですが、目で見た光景に近いのはやはりnova 5Tの方。何も考えなくても今はこういう写真が撮れるんですね。

一方、センサーサイズが違うので (フォーサーズと1/2型)、解像感や立体感ではGF1が勝って当然。nova 5Tは絵の具で描いた絵のようなのっぺり感も感じられます (とくに緑)。

もちろん、パソコンやスマホの画面で見るくらいのサイズならほとんど気になりませんし、総じて、小さいセンサーでここまでの画を作るnova 5Tはすばらしいです。

【超広角】

あまり期待もしていなかった超広角レンズが思いの外おもしろいです。この画角を活かした画作りをしたいと思わせてくれます。35mm換算で、標準レンズ(上)が26mm相当、超広角(下)が17mm相当。

232test05
232test06

【AI補正】
上の写真、空がきれいな青ですが、青空補正がかかっています。どぎつい補正ではなく、ほどほどな感じが好印象。AIをオンにしておくと、カメラを構えると被写体が何なのかAIが判断して勝手に補正をかけます。下の写真は「フード」判定。明るさとコントラストが上がり、赤・緑・黄が少し鮮やかになっています。これくらいならAIは常にオンにしておいても良さそう。
232test07

【暗所撮影】
もっとも期待していたのが暗いシーンでの画質向上。夜、あまり明るくないレストランで、ちゃんと料理の写真を撮れたらうれしい。これまで自分が行った中でもっとも薄暗いレストランはスクンビットSoi 45の "カボチョンホテル (The Cabochon Hotel)"。あまりに暗くて料理の写真が真っ暗になり、ブログに載せるのをあきらめていたお店です。今回ようやく出せました。

部屋は実際このくらいの暗さ (GF1で撮影)
232test08

実際の料理の見え方はこんな感じ (GF1で撮影)
232test09

nova 5Tで撮影、料理がはっきり見える!
232test10

nova 5Tオートモードで部屋を撮影、色温度が異なるので雰囲気もだいぶ違う
232test11

nova 5Tプロモードで部屋を撮影、実際の見た目に近くなるよう設定を変更
232test12

ということで、なかなか楽しい撮影第1日目でした。
(→カメラレビューその2)

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

スマホの買い替え(購入!)

ついにZenfone3のカメラが死んでしまったので、もうこの辺で決断しようとタイの通信大手 "AIS" のショップに行き (いま使っているのもAISのSIMなので)、店員さんに相談した結果、やはりHuawei nova 5Tを買うことにしました。

値段は定価10,990バーツ(39,000円)のつもりでお金を持っていきましたが、長期滞在許可を持っているのでタイ人と同じ回線契約ができることから、スマホ本体5,990バーツ(21,000円)、デポジット1,500バーツ(5,300円)でした。

通信費649バーツ(2,300円)/月(データ16GB、通話250分)のプランに加入義務あり。ただしデポジットは12等分して月々の通信費から引かれるので、1年めの通信費は実質524バーツ(1,860円)/月。

今まで毎月399バーツ(1,400円/データ3GB)払っていたので通信費は上がりますが、データ量からしたらだいぶ割安なので、まあよかったなと。タイ赴任直後によくわからず入ったプランだったので (たぶん短期滞在者用?) こだわりもないし。

SIMカードをmicroからnanoに変更し、電話番号のキープをお願いしましたが、これは無料だったのかな?。結局この日支払った金額は7,430バーツ(26,400円)。60バーツ安いような気もしますが正確な計算は不明。

ということで、思ったよりずっと安くnova 5Tを手に入れることができました。Zenfone3のデータをPhone Cloneで吸い上げ、いま全体のセッティング中。予想はしていましたが、どこをどう設定変更すれば良いのか死ぬほど分かりづらい。

もちろんネット情報を見ればいけますが、ひとつひとつ探すのは本当に面倒。Zenfoneのセッティングはわりと直感的にできたので好きだったのですが、くらべるとイライラMaxです。まあ慣れるしかないですね。

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

スマホの買い替え(センサーサイズ)

あれからバンコクのめぼしいスマホショップはまわってみましたが、Nokia 7.2とOppoガンダムスマホは見つかりませんでした (→ひとつ前の記事)。Nokiaもタイから撤退したそうです。残念。古い型はちらほらありましたが。

ここでちょっとカメラの性能、というかイメージセンサー (撮像素子、CCD/CMOS) のサイズと画素数をまとめてみました。各社公式サイトに記載がないものはネット情報を総合して書いています。(サイズは大凡)

分類
------------
サイズ(mm)
-----------
カメラ/スマホ
-----------------
画素数
-------
フルサイズ 35.8x23.9 EOS 5D Mk4 3040万
APS-C 23.6x15.8 EOS M6 Mk2 3250万
フォーサーズ 17.3x13 Lumix GX7 Mk3 2030万
1型 13.2x8.8 コンデジハイエンド  
1/1.7型 7.5x5.6 コンデジ上位機
Huawei P20/30

4000万
1/2型 6.4x4.8 Huawei nova 5T 4800万
1/2.3型 6.2x4.6 コンデジ普及機  
1/2.5型 5.7x4.3 iPhone XS,XR,11 1200万
1/3型 4.8x3.6 iPhone 6,7,8,X 1200万

nova 5TのセンサーはSONY製と記載がありました。おそらく "IMX586" でしょう (SONYニュースリリース)。画素数に無理があるのではと思っていましたが、これならかなり信用できそう。

iPhoneのセンサーがこんなに小さかったことに驚きをおぼえました。ただしセンサーが小さい分、画素数は無理のない値かと。こちらもSONY製だそうですが、センサーに加えAppleの画像処理エンジンが優れているんでしょうね。

イメージセンサーのサイズ、画素数、画像処理エンジン、そしてやはりレンズと、出来上がる写真の良し悪しはいろいろな要素があるので、センサーの比較だけではnova 5TがiPhoneより "良い写真" が撮れるとは言えませんが、なんとなく前よりは期待値が上がりました。

ちなみにZenfone3のセンサーもSONY製 (IMX298, 1/2.8型) だそうなので、あらためてSONYってすごいんだなと思いました (小並感)。

※ダメだ、表のセル幅が固定できない、パソコン (Firefox) ではなんとかいけたけどPC版Chromeとかスマホではやっぱりダメ・・・

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

スマホの買い替え(迷走)

昨日お昼ご飯を食べていたらスタッフから「スマホ決めました?」と聞かれたので、「まだだけどやっぱりファーウェイかなあ」と言ったら、なかなかのマジトーンで「ホントですか?いいんですか?!」と驚かれてしまいました。(→ひとつ前の記事)

実のところ昨日はけっこう買う気満々で、夕方お店に行くつもりで通勤バッグの中にパスポートと現金を忍ばせていたのですが、あらためてこう言われ、再び迷ってしまう自分がいたのでした。

一番の不安は、Googleアプリが今後どうなるかという点です。nova 5Tは今はGoogleアプリが使えていますが、米中貿易問題がエスカレートした末に将来排除されてしまったらどうしようという、非現実的かもしれませんがそれでも漠然と残る不安感。

また、プロ級カメラと謳われているnova 5Tのカメラですが、実写サンプルを見たらすごいというほどではなかったので、そこも勢いが削がれている原因。"好ましい画作り" という点においては、iPhoneに一日の長を感じました。

このスペックが10,990バーツ (39,000円) で買えるので、依然nova 5Tは筆頭候補ですが、今はNokia 7.2とOppoのガンタムスマホも探してみようかなとやや迷走中。宝くじが当たればiPhone 11 Proなんだけどな。。

ちなみに今のZenfone3の写真を何枚か。この症状が断続的に出ます。なかなかピントが合わず、合ったと思っても数秒後にまたピントが外れたりするのでピンぼけ写真量産中。ここ数日はレンズが前後に小刻みに動くような挙動も出てきました (3枚目の写真)。
220camera01
220camera03
220camera02

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

スマホの買い替え(逡巡)

お昼時、一緒にご飯を食べながら、職場の若手タイ人スタッフに「スマホを見に行ったけどファーウェイの nova 5T っていい感じだったよ、買おうかな」と話してみると、「ファーウェイ?!、マジですかww」と半笑いの反応。

曰く、ファーウェイのスマホは信頼性が低い、米中貿易戦争に起因するGoogleアプリが使えない問題 (注:nova 5Tは使える)、人気の順は Apple>Samsung>>>Huawei、所有欲を満たせない、なんだかケチくさい、と散々な言われよう。

そんな彼らは2人ともiPhoneユーザー (XとXs)。自分も初めて手にしたスマホはiPhone3GなのでiPhoneの良さはわかりますが、何しろ高いんですよね。iPhone 11 Proの値段でnova 5Tが3台買えます。

もし買ったら「やっぱり買っちゃったんだww」と陰でヒソヒソ言われそう。iPhoneに復帰したいのはやまやまだけれど、、悩む。。
(→ひとつ前の記事)

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

スマホの買い替え(物色)

いよいよZenfone3のカメラがやばくなってきたので (→過去記事)、iPhone SE2の登場を心待ちにしつつも買い替えスマホの物色に行ってきました。場所はMRTラーマ9世駅隣接のショッピングモール "フォーチュンタウン" の2階。スマホショップがずらりと並んでいます。

たくさんお店はありますが、売られている機種はHuawei、Samsung、Oppo、Apple-iPhoneがほとんどで、ラインナップも値段もほぼ一緒。もともと無いとは聞いていましたが、やはりAsus-Zenfoneはありませんでした。あとSony-Xperiaもなかったな。

ひととおりショップを見てみて、目に止まったのが Huawei nova 5T (10,990バーツ/約39,000円)。最近バンコクの駅でよく広告を見ていたので、いま売り出し中の機種なんだなとは思っていましたが、たしかになかなか良さそうです。

日本で11月29日発売だそうですから、はやくネットに実機レビュー (とくにカメラ) が上がらないかなと期待しています。カメラもスペック上はかなりすごそうですが、実写を見てみないとなんとも言えませんからね。

ちなみに、フォーチュンタウンのあと自宅の方に戻ってきて、エンポリアムに入っているスマホショップを見てみたら、同じスマホが並んでいて値段も変わりませんでした。バンコクはどこで買っても値段はほとんど変わらないそうです。

214smart01
214smart02

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

3D写真を作ろう

急に3D写真が作りたくなり、とはいってもちゃんとそれ用の写真を撮りに行くのは道具もないしなかなか辛いなと思い、とりあえず同じ写真を並べるだけというお手軽3D写真に挑戦しました。奥行きのある写真を選べばなんとなくそれっぽく見えます。iPadに入れて鑑賞中。

最後の写真はちゃんと3D用に撮った写真 (位置を少し横にずらして撮影) なので、これぞ3D写真という立体感があります。くらべてしまうと最初の9枚は見劣りしますね。ちなみに同じ写真から左右を少しずらして切り出し横に並べても、結果は変わりませんでした。

2003d01
2003d02
2003d03
2003d04
2003d05
2003d06
2003d07
2003d08
2003d09
2003d10

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

Zenfone3のカメラ:画質

2年使っているZenfone3のカメラのピントの調子が悪く (→過去記事)、そろそろ買い替えどきかもと考え始めている今日この頃。iPhoneにしろ何にしろ、どうせ買うなら最新機種をと考えていますが、いかんせん値段が高い。

高い買い物を自分自身に納得させるため、あらためてZenfone3の画質を検証し、「しょせん3万円のスマホは写真もイマイチだねえ」という結論を導き出そうという思いで始めた過去写真の見直し作業。果たして結果やいかに。

Panasonic Lumix GX1 (20mm)
193cat01
等倍画像切り出し
193cat02

Panasonic Lumix GX1 (12-42mm)
193cat03
等倍画像切り出し
193cat04

Zenfone3
193cat05
等倍画像切り出し
193cat06

Zenfone3
193cat07
等倍画像切り出し
193cat08

うーん、、GX1 (マイクロフォーサーズ) と比べても意外と遜色ないな。夕方とか暗くなってくるとてきめんに画質は落ちますが、十分な光量さえ確保していればZenfone3の写真はかなり優秀。下手に買い替えて画質が下がったりしたらショックだな。

なお、スマホはどれもそうですが、広角レンズなので遠近感がかなり誇張されます。ほぼ同じ角度で写真を撮っても、EOS6D (フルサイズ) と比べるとコップの形状がだいぶ違うように写ります。もちろんこれはこれで、こういう表現手法に使えばいいのですが。
193cat09

スマホにいくら出せるかなあ。。

| | コメント (0)