2018年5月23日 (水)

神保町

バンコクのバス路線図を買いに神保町へ行きました。欲しいものが手に入った後は、もしかしたらここならあるかもと、ある本を探して神保町をうろうろ。それが故和田慎二先生の「クマさんの四季」。もう一度読みたいマンガの筆頭です。そして、見つけました。

527jimbo04

おぉ、、、サイン入りとはいえ1万円。。。いや、名作ですよ、ホント。子供の頃、何度読み返したことか。しかしねえ、うーん、1万円かぁ。。。踏ん切りつかずこの日は購入断念。手ぶらで帰るのは悔しいので、そのお店で「ふたりの明日香」と「パタリロ」の1巻を200円で買ってきました。久しぶりに読んだけれど、やっぱり面白い!

神保町といえば言わずと知れたカレー激戦区。これを食べねば始まらないと言われる老舗の黒いスマトラカレーと、当世人気ナンバー1のボンディを実食。黒い方はけっこう苦みばしっていて、昭和初期にこんなもの食べた日本人はきっと卒倒しただろうなと想像。ボンディはスパイシーと甘さが同居、これまた独特な世界観を有していました。

527jimbo01 527jimbo02

最後は日本で初めてウインナーコーヒーを出したという喫茶店ラドリオで濃厚ウインナーコーヒー楽しみました。神保町、楽しかったです。

527jimbo03

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

刀削麺の日々

この2週間というもの、すっかり刀削麺にハマり、毎日のように食べていました。訪れたお店はかなり限定されていますが、自分なりのお店ランキングは。。

1. 陳家私菜(有楽町店)
麻辣刀削麺のスープがもう絶品。花椒たっぷりで舌がビリビリ痺れます。旨くて辛くて痺れるスープは最後の一滴まで飲み干すこと必至。焼き刀削麺は優しい味ながら香辛料の使い方が本格的でした。自分の中ではダントツの第1位。
526tosho01 526tosho02 526tosho03

2. 西安刀削麺酒楼(牛込神楽坂店)
ここの麻辣刀削麺は辛味のパンチが効いていて美味しかったです。花椒はやや少なめ、パクチーはフレッシュ。担々刀削麺はゴマの香りが良く、葱油刀削麺はとろとろのチャーシューと酸味があるスープがとても美味しかったです。第2位。
526tosho04 526tosho05 526tosho06 526tosho06b

3. シーアン(市ヶ谷店)
お店自慢の麻辣刀削麺は上品な味わい。おとなしめの辛さに花椒がけっこう効いていて評判通りの美味しさでした。ただ、「パクチー大丈夫ですか?」と聞かれたわりに量が少なかったので減点。パクチーがちゃんと入っていたら2位だったのに。ということで第3位。
526tosho07 526tosho08

4. 銀香園(市ヶ谷店)
ここで初めて担々刀削麺を食べその美味しさに目覚めました。なので3回行きましたが、比べてみたらけっこう平凡な味かも。いや、美味しいんですけどね。特に牛肉麺はかなり満足感高いです。酸辣湯も美味しいし。ま、第4位で。
526tosho09 526tosho10 526tosho11_2 526tosho12

5. 猪八戒(市ヶ谷店)
麻辣刀削麺をオーダー。麺は普通の平打ち麺ぽかった。スープはあっさりした牛のスープ。やや酸味、そして強めの辛味。トータル、麻辣刀削麺ではなかったかな。まあそれなりに美味しかったです。第5位。
526tosho13 526tosho14

満腹です。。。

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

陳家私菜

東京で刀削麺が美味しいお店はないかなと探していたら、「陳家私菜」というお店がヒット。さっそく行ってみると、日本で初めて刀削麺を提供したと言うだけあって、さすがの美味しさでした。

写真は頂点石焼麻婆豆腐、絶品やみつき四川よだれ鶏、元祖麻辣刀削麺、焼き刀削麺、贅沢三宝海老チリソース炒め。

525chinka01 525chinka02 525chinka03 525chinka04 525chinka05

麻婆豆腐と麻辣刀削麺は唐辛子に加え大量の花椒が投入され、ひと口頬張るごとにビリビリと舌がしびれます。本当にこれまで経験したことのないレベルでした。

この日食べたものはすべて美味しかったです。他のメニューも全制覇したい!

| | コメント (0)

2018年5月15日 (火)

刀削麺

最近、刀削麺にはまりかけています。平たい三角の断面をした麺は、厚い真ん中部分はモチモチ、薄い両側部分はプルプルの食感。麺の形が不揃いなので、いろんなアクセントが楽しめます。スープはバリエーションがあって、牛肉麺、担々麺、麻辣麺といただきましたが、不思議なものでどれを食べても麺がジャストフィット。たぶんトマトスープでも酸辣湯でも油そばでも、あるいは中華でも和風でもイタリアンでも、この麺ならなんにでも合いそうな予感。店名は「西安」と付くところが多いようです。西安の名物料理なのかな。

523tosho02 523tosho01 523tosho03

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

北海道で味噌ラーメン

北海道といえばなんといっても味噌ラーメンなわけで、食べてみたらやっぱり美味しかったのでした。
みその
店主こだわりのブレンド味噌は、鶏ガラと香味野菜からとったスープと合わさって、奥深くキレの良い味わいのスープに。麺は非常に好ましいプリプリ麺。桜チップで燻製された大ぶりチャーシューと味玉はパンチの効いたアクセントを醸し出し、おろし生姜を混ぜていけば最後まで飽きずに完食できます。これは素晴らしい一杯でした。
522ramen01
梅光軒
旭川ラーメンの雄。動物系と魚介系のダブルスープに味噌を合わせた「こてあっさり」スープは、コクがあるのにスッキリとした後味です。何より特筆すべきはその美しい佇まい。色白のちぢれ麺、肌キメの細かいチャーシュー、指より太いメンマ、そして輝くバター&コーンで完成された器は、完璧なる調和を表しています。ザ・オーソドックス。一度は食べるべき一杯。
522ramen02


| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

スープカレー

札幌グルメは多々あれど、なかなか道外で食べられないものといえば美味しいスープカレー。今回は海老スープのものをいただいて、その美味しさに目覚めました。
SAMA:チキンと野菜のカレー/海老スープ
 脳天を突き抜けるような美味しさでした。海老のコクと香り高いカレーのスパイスが絶妙なハーモニーを奏でています。これならルーのカレーではなくスープカレーを食べたいと思います。写真はデリバリー品ですが、お店で食べれば右上の小さい写真のようにインスタ映え間違いなしです。
521curry01
奥芝商店:チキンと野菜のカレー/海老スープ
 海老スープの元祖と言われるお店。海老のコクがすごいことになっています。逆に海老海老しすぎていて、カレーのスパイス感はあっさり目かなと。なので自分はSAMAの方が好み。でもやっぱりスープは美味しいんです。ひと口またひと口と矢継ぎ早に口に運ぶものですから、あっという間にスープが底をつきそうに。食べログのレビューに「スープが少ない」というコメントがあるのも納得。美味しいが故ですね。
521curry02
新千歳空港でSAMAのレトルトがあればと思いましたが、残念ながらありませんでした。でも有名店のスープカレーが揃い踏みですね。
521curry03

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

羊肉専門店 辰

池袋で電車を降りて、何か食べたいなとぶらぶらしていたら、「羊肉専門店 辰」の看板が。一度は素通りしたものの、どうしても気になって引き返すと、たまらずお店の扉を開けました。一歩入るとプーンと羊肉の香りが漂っています。苦手な人はここでもうギブアップかもしれませんが、好きな人にはたまらない匂い。
メニューはどれも羊肉(ラム)を使った前菜、串焼き、火鍋、しゃぶしゃぶ、餃子、ジンギスカン、そしてラーメン各種(中国西域ラムラーメン)とかなりバラエティーに富んでいて、しかもそれぞれリーズナブルなお値段。
ラーメン2種と串焼きを頼んだところ、スパイス使いが中東で食べたそれに近く(実際は中国西域風とのこと)、また串焼きの脂がふわふわと柔らかく甘かったので、日本でもここまで美味しいラムが食べられるんだと驚きました。ラムの風味(クセ)が好きな人には最高のご馳走です。
520lum01 520lum02 520lum03 520lum04 520lum05

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

とんこつラーメン・ほんな骨

富士市って実はラーメン激戦区で、したがってどのお店もレベルが高い。さらに、あっさりを好みそうな静岡県にあって、意外なほど豚骨系が多いのも特色。「ほんな骨(こつ)」もそんなお店のひとつで、たしかにとっても美味しいです。
スープはコッテリで豚骨がグイグイ来ますが、なぜかスープをすする手が止まりません。チャーシューはとろとろ、麺は九州から取り寄せているそう。これが本場の味なのか。いや、九州でとんこつラーメンを食べた経験はないので、トータルで言って本当に本場の味かと言われたらわかりませんが。まあ美味しかったからいいや。
あと、何気にちゃんぽんがばかウマでした。これまでちゃんぽんてリンガーハットでしか食べたことありませんでしたが、きっとこれの方がより本場っぽいんじゃないかなと。リンガーハットよりワイルドだけどちゃんと深い旨みがありました。
519ton01 519ton02 519ton03

| | コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

らーめん矢吹

昨年、清水にも店舗ができた「らーめん矢吹」。もともと定評のあるお店でしたが、自分の中でハードルを上げつついただいてみても、文句のつけようのない味と丁寧な盛り付けに、久しぶりに感動する一杯となりました。
魚介豚骨・塩は魚介と豚骨のバランスがよく、スープを飲むごとに美味しさがにじみ出てきます。かえ玉(150円)はノーマルより少し細めの麺になるので食感の変化もあり楽しいです。醤油つけ麺は麺がツルツル、スープも変に甘くなく少し酸味も効いた絶妙な配合でした。
517ramen01 517ramen02 517ramen03

| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

新茶

新茶の季節です。伊藤園のおーいお茶・初摘み新茶、価格は驚きの1000円。さすがに買えなかった。。
516cha

| | コメント (0)

より以前の記事一覧