2019年5月23日 (木)

マムアン・ショップ

以前 "コチラ" で紹介したマムアンちゃん。パンファーブリッジの船着き場の近くにショップがありました。日本語の作品も多いのでずばりターゲットは日本人?でもやはり日本人にウケそう。ていうか名言コースター買っちゃいました。ファンです。もっとあれこれほしいな。

961mamuan01

961mamuan02

961mamuan03

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

十光のビーフスープ

タイ版ミシュランガイドでビブグルマンに選ばれた "十光 (Ten Suns)"
959tensuns01

ビーフスープ (麺抜き 100B/350円)、どうですか、この透明感
959tensuns03

スープの味はタイではお決まりのあっさりした薄味なので、テーブル調味料を使って自分好みに。ナンプラーと砂糖とチリパウダーを少々投入し、キリッとエッジの効いた味に調整。うまい。柔らかく煮込まれた牛肉もボリュームたっぷり。これは大満足の一品です。

店内はちょっとおしゃれな雰囲気
959tensuns02

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

カイガタ

バンコク旧市街の "コピ・ヒアタイキー" で "カイガタ" という目玉焼きセットをいただきました。イサーン地方の定番朝食メニューなんだそうです。

3店舗のうちのひとつ
958kaigata01

カイガタ (バゲットセット) 85B/300円、コーヒー 50B/175円
958kaigata02

フライパンごと出されるのが特徴
958kaigata03

周辺を散歩したあと帰りがけにこんな光景が、水キャッチ
958kaigata04

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

チーズティー

新スイーツの流行発信地台湾からやってきた "チーズティー" なるもの。タピオカミルクティーや台湾カステラは大好きですが、さすがにこれはどうだろう。。

若干疑いつつ、サイアムディスカバリーの "Heekcaa" へ。メニューはいろいろありますが、まずはシグネチャメニューのウーロン茶+チーズクリーム (90B/315円) を。

さっそくストローでひと口。あ、お茶しか入ってこない。ならば上のチーズクリームの層をちょっと吸ってからストローを深く差し込みお茶も同時に。あれ?美味しいかも?

チーズクリームが思っていたよりしっかりチーズ感があって、甘じょっぱいチーズクリームとお茶の味が意外にマッチしています。美味しいのかな、美味しいんだろうな、いや、あんまり自信ないな。。

終始回答が見つからないままあっという間に飲みきりましたが、自分は好きな味でした。

957tea01

957tea02

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

ドリアンのお得買い

そろそろタイの乾期 (夏) も終わりです。というか、タイ気象局からは5月26日頃雨期入りとの予報があったものの、実際にはもう雨期に入ったのではないかという声も。

昔は乾期の終わり=ドリアンの旬の終わりということでしたが、近年は生産調整が可能となり、一年中ドリアンが市場から消えることはありません。ただ、やはり今はドリアンの量も種類も雨期にくらべたらはるかにたくさんあるなと感じます。

自分がドリアンをよく買うのは自宅から歩ける距離にある "グルメマーケット"。ちょっと高級めのスーパーです。露店は言うに及ばず、近くの日系スーパーよりもだいぶ値は張りますが、確実に美味しいものが食べたかったら、結局ここで買うのが一番というのがこの1年の自分的結論。

しかしそうはいってもできれば安く買いたい。むき身で1キロ1500~3000バーツ (5000~1万円) とか、さすがに高すぎます。ではどうするか。グルメマーケットの場合、早ければ夜7時過ぎ、遅くても8時過ぎにはドリアンの安売りが始まるので、そこが狙い目です。

先週の実例では、モントーン412g=638B/2230円が155B/540円、プアンマニー244g=488B/1700円が194B/670円、ガーンヤオ256g=653B/2280円も194B/670円でした。これを知ってしまうと定価で買うのが馬鹿らしくなってしまいます。もちろん、安くなるとすぐなくなってしまうので、買えるかどうかは運次第。

もうすぐ旬も終わりだなと思ったら、この時はつい3パック (3種類) も買ってしまいました。それぞれ少しずつ食べて、残りは冷凍庫へ。翌日からちょっとずつ取り出してアイスドリアンを楽しんだのでした。

957durian

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

未知の味

オフィスではよくスタッフからお菓子や果物をもらうのですが、今朝はラスクをもらいました。

実は先日もラスクをもらっていて、それはそれで普通に美味しかったのですが、スタッフとしてはあまり納得のいくものではなかったようで、今回、満を持してお気に入りのお店 (Peng Kee) から買ってきてくれた様子。

さっそく袋を開けたところ、まず「ん?」と違和感が。立ち上ってくる砂糖の甘い香りと、まあまあ強めのニンニク臭。フライドガーリックではなくすりおろしニンニクの臭い。強烈です。

一口食べると、砂糖の甘さとニンニク臭の波状攻撃に頭はちょっとしたパニックに。なんとか1枚食べ終え若干放心状態になっていると、こちらの様子をうかがっていたスタッフが感想を聞いてきました。

困った、、素直に美味しいとは言えない、、と悩み、「日本にはない味かな」と伝えるのが精一杯でした。

その後、きっと日本には砂糖X生ニンニクなんて組合せはないだろうと思いネット検索してみたところ、、ある、、ありました、、ガーリックシュガートーストなる一品。このレシピを紹介している人、多いんですね。うーん、なんとも。。

中にはガーリックシュガーマヨネーズチーズトーストなんていうあれこれ乗っけすぎなレシピをあげている人もいて、さすがにこれは絶対ないだろうと思ってまた検索したら、なんとマヨネーズと砂糖でキャラメルトーストになるという情報が多数ありました。

いや、百歩譲って砂糖Xマヨネーズがキャラメル味になるとしても、そこにニンニクとチーズはやっぱり自分的にはありえないな。。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

ナムギャオ

カオソーイとならび北タイのニ大麺料理と称されるのがカノムジーン・ナムギャオです (カノムジーンは素麺のような細いお米の麺)。

豚のスペアリブを煮込んだスープはトマトベースの自然な酸味が加わり、あっさりとした口当たり。かならずドックギョウ(花のガクの部分)が入っています。

ドックギョウは赤い花を咲かせる綿の木の一種で、解毒作用が高いハーブと言われています。トゥアナオ (大豆発酵食材)、マクウェン (花椒) とともに、北タイ料理を特徴づける食材です。

イーツ・パヤオの一品 (160B/560円)
956namgyao01

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

カオソーイ (2)

その1に続いてまた何軒かカオソーイを食べましたが、意外と数が伸びなかったので、ここで一旦ひとまとめ。

1. Ros Niyom@The Market
ゆで麺が入ってなかったのが珍しく、コチラで投稿していました。トロトロのスープはクリーミーで味は悪くないです。漬物なし。税込み198B/690円
955kaosoy01

2. Krua Jiangmai@トンロー通り
ココナッツ感高くやや辛口。チキンは柔らか。見た目にもきれいな一品だが漬物が器に入っているのは個人的に若干難あり (漬物が苦手)。125B/430円
955kaosoy02
955kaosoy03

3. Pak Bakery@Asoke
ココナッツ感高くマイルド。ゆで麺のアルデンテ感は完璧。全体的に丁寧な調理を感じるが、パンチは弱め。日本人には食べやすいと思う。120B/420円
955kaosoy04
955kaosoy05

4. Nara@Siam Paragon
クリーミーで濃厚だがカレールウではなくちゃんとスープ。とても美味しいけれど、ショッピングモール内のお店はどうしても割高に。税込み187B/650円
955kaosoy06
955kaosoy07

これまで食べたカオソーイの麺は平縮れ麺と平麺がありました。スープがよくからむのはやはり縮れ麺の方。自分も縮れていた方が好きです。
955kaosoy10
955kaosoy09

そろそろバンコクを飛び出して、カオソーイの本場であるタイ北部に行ってみたい今日この頃 (大気汚染がおさまれば・・・)。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

グラフィティアート (7)

バンコク・スワンナプーム国際空港の近く、Runway 3119 Night Marketで、Meeting of Styles Bongkok 2019が5/10から5/12まで開催されています。目玉は内外のグラフィティアーティスト数十名によるライブペインティング。土曜日の午後、気温は40度近くあろうかという中、みんな汗だくになりながら一生懸命スプレーを吹いていました。完成はきっと日曜日。(グラフィティアートその6はコチラ
954runway01

飛行機がひっきりなしに飛んできます
954runway02

カナダ人アーティスト、エミリー・メイローズさん
954runway03

この人の絵もよく見ます
954runway04

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

酷暑期と土砂降り

暑い。いまバンコクは本当に暑いです。気温は毎日30度台後半。夕方バス停に立っていると体感温度は40度以上です。金曜日はバス停から見える範囲だけで大型バスが1台、乗用車が3台エンジンのオーバーヒートで止まっていました(みんなボンネットを開けていたのできっとそうでしょう)。

953heat01

そうかと思うと急に土砂降りになったりします。この日、職場を出てバス停に向かっていた時ですが、これだけ急に降られるともう上から下までずぶ濡れに。そうしてバスに乗りこんだところ、5分もしないうちに雨は止み、窓の外には青空が広がっていました。次に乗った電車では一人だけ濡れネズミだったのでさすがに恥ずかしかった。。うちの職場、たしかに町の中心部からは10km近く離れていますが、こんなに天気って違うものなんですね。この日、町の中心部は雨など一滴も降りませんでした。

953heat02
953heat03

| | コメント (0)

より以前の記事一覧