2019年5月20日 (月)

十光のビーフスープ

タイ版ミシュランガイドでビブグルマンに選ばれた "十光 (Ten Suns)"
959tensuns01

ビーフスープ (麺抜き 100B/350円)、どうですか、この透明感
959tensuns03

スープの味はタイではお決まりのあっさりした薄味なので、テーブル調味料を使って自分好みに。ナンプラーと砂糖とチリパウダーを少々投入し、キリッとエッジの効いた味に調整。うまい。柔らかく煮込まれた牛肉もボリュームたっぷり。これは大満足の一品です。

店内はちょっとおしゃれな雰囲気
959tensuns02

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

カイガタ

バンコク旧市街の "コピ・ヒアタイキー" で "カイガタ" という目玉焼きセットをいただきました。イサーン地方の定番朝食メニューなんだそうです。

3店舗のうちのひとつ
958kaigata01

カイガタ (バゲットセット) 85B/300円、コーヒー 50B/175円
958kaigata02

フライパンごと出されるのが特徴
958kaigata03

周辺を散歩したあと帰りがけにこんな光景が、水キャッチ
958kaigata04

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

チーズティー

新スイーツの流行発信地台湾からやってきた "チーズティー" なるもの。タピオカミルクティーや台湾カステラは大好きですが、さすがにこれはどうだろう。。

若干疑いつつ、サイアムディスカバリーの "Heekcaa" へ。メニューはいろいろありますが、まずはシグネチャメニューのウーロン茶+チーズクリーム (90B/315円) を。

さっそくストローでひと口。あ、お茶しか入ってこない。ならば上のチーズクリームの層をちょっと吸ってからストローを深く差し込みお茶も同時に。あれ?美味しいかも?

チーズクリームが思っていたよりしっかりチーズ感があって、甘じょっぱいチーズクリームとお茶の味が意外にマッチしています。美味しいのかな、美味しいんだろうな、いや、あんまり自信ないな。。

終始回答が見つからないままあっという間に飲みきりましたが、自分は好きな味でした。

957tea01

957tea02

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

ドリアンのお得買い

そろそろタイの乾期 (夏) も終わりです。というか、タイ気象局からは5月26日頃雨期入りとの予報があったものの、実際にはもう雨期に入ったのではないかという声も。

昔は乾期の終わり=ドリアンの旬の終わりということでしたが、近年は生産調整が可能となり、一年中ドリアンが市場から消えることはありません。ただ、やはり今はドリアンの量も種類も雨期にくらべたらはるかにたくさんあるなと感じます。

自分がドリアンをよく買うのは自宅から歩ける距離にある "グルメマーケット"。ちょっと高級めのスーパーです。露店は言うに及ばず、近くの日系スーパーよりもだいぶ値は張りますが、確実に美味しいものが食べたかったら、結局ここで買うのが一番というのがこの1年の自分的結論。

しかしそうはいってもできれば安く買いたい。むき身で1キロ1500~3000バーツ (5000~1万円) とか、さすがに高すぎます。ではどうするか。グルメマーケットの場合、早ければ夜7時過ぎ、遅くても8時過ぎにはドリアンの安売りが始まるので、そこが狙い目です。

先週の実例では、モントーン412g=638B/2230円が155B/540円、プアンマニー244g=488B/1700円が194B/670円、ガーンヤオ256g=653B/2280円も194B/670円でした。これを知ってしまうと定価で買うのが馬鹿らしくなってしまいます。もちろん、安くなるとすぐなくなってしまうので、買えるかどうかは運次第。

もうすぐ旬も終わりだなと思ったら、この時はつい3パック (3種類) も買ってしまいました。それぞれ少しずつ食べて、残りは冷凍庫へ。翌日からちょっとずつ取り出してアイスドリアンを楽しんだのでした。

957durian

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

未知の味

オフィスではよくスタッフからお菓子や果物をもらうのですが、今朝はラスクをもらいました。

実は先日もラスクをもらっていて、それはそれで普通に美味しかったのですが、スタッフとしてはあまり納得のいくものではなかったようで、今回、満を持してお気に入りのお店 (Peng Kee) から買ってきてくれた様子。

さっそく袋を開けたところ、まず「ん?」と違和感が。立ち上ってくる砂糖の甘い香りと、まあまあ強めのニンニク臭。フライドガーリックではなくすりおろしニンニクの臭い。強烈です。

一口食べると、砂糖の甘さとニンニク臭の波状攻撃に頭はちょっとしたパニックに。なんとか1枚食べ終え若干放心状態になっていると、こちらの様子をうかがっていたスタッフが感想を聞いてきました。

困った、、素直に美味しいとは言えない、、と悩み、「日本にはない味かな」と伝えるのが精一杯でした。

その後、きっと日本には砂糖X生ニンニクなんて組合せはないだろうと思いネット検索してみたところ、、ある、、ありました、、ガーリックシュガートーストなる一品。このレシピを紹介している人、多いんですね。うーん、なんとも。。

中にはガーリックシュガーマヨネーズチーズトーストなんていうあれこれ乗っけすぎなレシピをあげている人もいて、さすがにこれは絶対ないだろうと思ってまた検索したら、なんとマヨネーズと砂糖でキャラメルトーストになるという情報が多数ありました。

いや、百歩譲って砂糖Xマヨネーズがキャラメル味になるとしても、そこにニンニクとチーズはやっぱり自分的にはありえないな。。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

ナムギャオ

カオソーイとならび北タイのニ大麺料理と称されるのがカノムジーン・ナムギャオです (カノムジーンは素麺のような細いお米の麺)。

豚のスペアリブを煮込んだスープはトマトベースの自然な酸味が加わり、あっさりとした口当たり。かならずドックギョウ(花のガクの部分)が入っています。

ドックギョウは赤い花を咲かせる綿の木の一種で、解毒作用が高いハーブと言われています。トゥアナオ (大豆発酵食材)、マクウェン (花椒) とともに、北タイ料理を特徴づける食材です。

イーツ・パヤオの一品 (160B/560円)
956namgyao01

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

カオソーイ (2)

その1に続いてまた何軒かカオソーイを食べましたが、意外と数が伸びなかったので、ここで一旦ひとまとめ。

1. Ros Niyom@The Market
ゆで麺が入ってなかったのが珍しく、コチラで投稿していました。トロトロのスープはクリーミーで味は悪くないです。漬物なし。税込み198B/690円
955kaosoy01

2. Krua Jiangmai@トンロー通り
ココナッツ感高くやや辛口。チキンは柔らか。見た目にもきれいな一品だが漬物が器に入っているのは個人的に若干難あり (漬物が苦手)。125B/430円
955kaosoy02
955kaosoy03

3. Pak Bakery@Asoke
ココナッツ感高くマイルド。ゆで麺のアルデンテ感は完璧。全体的に丁寧な調理を感じるが、パンチは弱め。日本人には食べやすいと思う。120B/420円
955kaosoy04
955kaosoy05

4. Nara@Siam Paragon
クリーミーで濃厚だがカレールウではなくちゃんとスープ。とても美味しいけれど、ショッピングモール内のお店はどうしても割高に。税込み187B/650円
955kaosoy06
955kaosoy07

これまで食べたカオソーイの麺は平縮れ麺と平麺がありました。スープがよくからむのはやはり縮れ麺の方。自分も縮れていた方が好きです。
955kaosoy10
955kaosoy09

そろそろバンコクを飛び出して、カオソーイの本場であるタイ北部に行ってみたい今日この頃 (大気汚染がおさまれば・・・)。

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

タイ国産チョコレート

Kad Kokoaはタイ国産チョコレートをあつかうカフェ。
952choco01

国内4地域のカカオ豆から作られたチョコレートはそれぞれ異なる味わいが。試食もできます。
952choco02

どれも捨てがたいので結局4種詰め合わせを購入。日本へのお土産にしました。
952choco03

チョコレートドリンクやチョコレート菓子も美味しい。ちょっとアクセスが悪い分、静かで居心地のいいカフェでした。
952choco04

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

日本で食べたもの

ゴールデンウィークは日本でたくさん美味しいものを食べてきました。

「さわやか」のげんこつハンバーグ、これを食べなければ静岡に帰ってきた気がしない
951jpn01b

御殿場インター店の待ち時間・・・
951jpn01c

日本一美味しい(と信じてやまない)丸子峠の大鯛焼き (600円/26cm)
951jpn02

トムヤムクンラーメン&カオマンガイ握り@スシロー、カオマンガイのタレは再現度高し
951jpn03b

いつも最後はつるとんたん@羽田空港
951jpn04

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

肉骨茶(バクテー)

肉骨茶(バクテー Bak Kut Teh)はぶつ切りの豚肉(あばらや内臓)を漢方薬に用いる生薬と中国醤油で煮込んだ料理で、タイにもありますが主にマレーシアやシンガポールで盛んに食べられています。マレーシアは黒い醤油系スープ、シンガポールはコショウが効いた白濁スープ、なのかな。ということで、バンコクでいくつかお店をまわってみました。

1. 義肉骨茶(イー・バクテー)
中華街(ヤワラー)の老舗、肉骨茶専門店
948bakte01

土鍋グツグツ、白菜タップリ、1人前120B/420円、揚げパン15B/50円
948bakte02

白菜の下にはお肉いろいろ、湯葉、キノコ。それほど漢方薬臭くはなく食べやすい。イメージ通りのバクテーといった感じで王道の美味しさ。揚げパンはあまりカリカリ感なく柔らかめでお年寄りにも優しげ。客層は地元年配者とアジア系旅行者。中華街に行くのが面倒でなければ一番のおすすめです。
948bakte03

2. CHU(チュー)
スクンビットSoi 49、人気の麺屋セーウの横
948bakte04

器がふたつ、スープタップリ、120B/420円+17%、揚げパン40B/140円+17%
948bakte05

肋肉けっこう大きく食べごたえあり。モツは腸とレバー。スープは漢方臭さもなくラーメンスープのようで美味しい。揚げパンは食感ガリガリ。客層は地元若者と欧米系旅行者。店内(2階)はおしゃれ空間。他にもいろいろメニューあり。
948bakte06

3. Seng Huat(センフアット・バクテー)
MRTタイ文化センター駅から東に1.4km
948bakte07

高温!火傷注意、Mサイズ380B/1330円、揚げパン20B/70円
948bakte08_1

120Bで各部位(肉・内臓)単品も9種類ありますが、お肉がミックスされたものはMサイズのこれしかなかった。複数で来店するのが吉。味は普通。揚げパンはイマイチ。でも汁なしバクテーがあるのはここだけなので、意外と本格派のお店なのかも。簡単な野菜メニューがあります。
948bakte09_1

4. 好味点心
ホイクワンの点心のお店、火鍋食べ放題が人気
948bakte10_1

エノキたくさん、湯葉も、100B/350円
948bakte11

お肉の量はほどほど、やはりここでは火鍋の方がおすすめ
948bakte12

5. Song Fa(ソンファ・バクテー)
セントラルワールドに堂々オープン、シンガポールの人気店
948bakte13

見た目よし、写真は大サイズ250B/875円 (小220B/770円)、揚げパン50B/175円
948bakte14

味はほぼラーメンスープなので薬膳ぽさを求める人には評価低いかも(ニンニクは皮ごとゴロゴロ入っています)。でも単純に美味しいです。お肉の量が多く食べごたえもあります。なんといってもスープのおかわり自由というのが嬉しい。しかも熱々。自分はおかわり3杯もらいました。計4杯はさすがにお腹タプタプになりましたが。揚げパンも一番美味しかったな。
948bakte15

| | コメント (0)

より以前の記事一覧