2020年7月 8日 (水)

ココナッツモンキー

この度、アメリカを拠点にヨーロッパやアジア太平洋地域に支部を持つ世界最大規模の動物権利 (アニマルライツ) 運動団体であるPETAが、タイの猿がココナッツ収穫において虐待を受けているとして、タイのココナッツ (ココナッツ製品) の不買を呼びかけました。

タイでは猿を訓練してヤシの木からココナッツを摘み取る作業をさせていますが、もちろんこれは総量のごくごく一部です (ツーリスト向けのアトラクションとしても行われている)。当然、年間のココナッツ輸出 (世界総計395百万ドル、EUと英国合計71百万ドル) のすべてを猿が担っているわけではありません。

PETAのネガティブキャンペーンを受け、タイ政府はPETAの基本理念は支持するとしながらも、異文化を受け入れる寛容さも必要である旨述べるとともに、タイ在住の外交団に対し、猿使いの村を訪問しいかに村人が猿を大事に扱っているかの視察ツアーを申し出たとのことです。このニュースはタイのメディアで大きく取り上げられたので自分も知っていましたが、今朝、職場のタイ人から「どう思う?」と聞かれました。

もともとPETAは良くも悪くも過激さがウリなので、あまり真剣に取り合ってもしょうがないと答え、また日本も同様に動物を使う仕事があって (猿回しとか鵜飼いとか)、動物と人間の共生は文化的側面があるから、国内で批判されるならまだしも、外国人にはあれこれ言われたくないよねと伝えました。

動物愛護の精神はまったく批判するものではありませんが、食肉や皮革製品、羊毛・羽毛・絹製品がなくなったら実際のところ困るなあ。牛馬耕も途上国ではなくてはならないものだし (その農産物を我々食べているんだし)。動物園やサーカス、競馬やロデオなど娯楽への使役は個人的にはなくなってもかまわないですが (あとトリュフもいらないな ←豚を使役して収穫)、ペットもダメだと言われたら辛い。

460peta
460peta02

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

ドブネズミ

今も毎日夕方歩いていますが、4月、5月とくらべて大きく違うのは人の数。すっかり人出がもどり、幹線道路沿いを歩いていると、人とぶつからないよう少し気をつかうほどになりました。

あとは、先月までいたドブネズミたち。前は散歩の途中、必ずドブネズミを見かけましたが、今は人の気配に押されてか、そうそう姿を見せてくれません。都会でたくましく生きるドブネズミを見て、なんだか自分もがんばらなきゃなと、その度思う自分がいたんですけどね。

446rat01
446rat02

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

新型コロナと象トラブル

新型コロナの影響で、ここタイでは象をめぐるトラブルが多発しています。象キャンプを訪れる観光客がゼロになったせいで、経営者が象のエサ代 (1日500バーツ/1750円) を工面できず、各地で象キャンプが閉園を余儀なくされているのですが、それによってタイ北部では1000頭もの象が自然に戻されているとのこと。

野に放たれた象たちは故郷の村に帰ろうとのんびり歩く道すがら、果樹園やドリアンの畑に侵入し、大量の果物を食べてしまいます。農家にとってはなかなか防ぐ手立てもなく、かなり頭の痛い問題だそうです。象と対峙するなら怪我も覚悟しなければなりませんし。

一方、象を調教した象使いが象キャンプからその象を引き取る例も多く、そんな象たちはキャンプで観光客を相手にしていた時よりもずいぶん幸せそうに見えるのだそうです。記憶力が良いと言われる象ですから、親のような象使いを良く覚えているのでしょう。

ある村では、通常10頭の象を保有するところ、今回の件で90頭の象が居着いてしまったそうです。村は人口400人と小さく、周辺の森もトウモロコシ畑などに開墾されているので、象たちの食料はすぐに枯渇してしまいそうとのこと (1日300kg草を食べるそうです)。

タイ~ミャンマー国境の森では違法伐採が以前から問題視されてきましたが、今回の件がさらに問題に拍車をかけるのではないかと心配もされています。

439elephantnews

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

寝子

週末よく歩く道、通るたびに同じ猫が (ほぼ) 寝ています。

もともと野良でしたが (→コチラ)、今は首輪もついて飼い猫に。

飼い主のお店の軒下で、多少場所を変えながらいつもすやすや。

こんなに人通りの多い道端でよく寝られるものです。

タイ人て動物をいじめないから猫も安心しきっているみたい。

寝る子と書いてネコとはよくいったものです。

300neko01
300neko02
300neko03

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

こんな所にもオオトカゲ

朝、職場の正門を入るといつも池にオオトカゲがいます。日本なら大騒ぎになりそうなサイズですが、タイ人は誰一人気にすることなく、またトカゲの方も慣れたもので、カメラを向けても逃げようともしません。

なんだかとってもタイだなあと、毎朝しみじみ思うのでした。

263tokage01
263tokage02

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

守護犬

うちの職場、東の門と南の門に、毎日朝から夕方まで寝そべっている犬が。きっと守護犬に違いない。

東の守護犬、でっぷり
247dog01

南の守護犬、最近痩せてきて心配
247dog02

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

海岸侵食と海鳥

バンコク南岸の海岸侵食を見に行ったときのこと。ボートに乗って沖から帰ってくる際、杭の1本1本に鳥が1羽ずつ止まっているのがなんだかとても律儀に見えて、ちょっとくすりとなりました。

いま杭がある場所も数十年前はマングローブの干潟だったそうですが、エビの養殖のためマングローブを切り開いた結果、こうして数百メートルも海に沈んでしまったのだそうです。

当時は漁民の生計向上のためベターな選択肢と考えられたマングローブ伐採も、いまはこうして反省の教材となっています。本当は気候変動の影響 (地球温暖化による海面上昇等) を見るという観点で連れて行かれたのですが、それにも増して人間活動が与える影響の大きさをあらためて認識しました。

数百メートルの海岸侵食 (干潟の水没) は当時を知る地元民にとっては絶大なインパクトですが、地球規模で考えたら誤差みたいなスケールですし、初めて見た自分にとってはほとんど実感がわかなかったというのが正直なところ。

それに、なんだかんだ海上レストランまでできていて、人間ころんでもただでは起きないなと妙に感心してしまったのでした。

215tori01
215tori02
215tori03
215tori04

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

ルンピニー公園のオオトカゲ

いるいるとは聞いていたのですが、先日ルンピニー公園横の大通りを歩いていたら、柵の内側にオオトカゲを発見。

これは珍しいと思いあわてて写真を何枚も撮ったのですが、ひとしきり撮り終えて先に進んだら、次から次にいるわいるわ。

けっきょく数分のうちに7~8匹見ました。しかもみんなでかい。今度はビデオ撮ろうっと。

212tokage01
212tokage02
212tokage03

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

海獣の子供 in タイ

10月31日から映画「海獣の子供」がタイで公開されています。なんの予備知識もないまま観に行ったのですが、物語を取り巻く世界観と終盤の神秘的なイメージの洪水に圧倒されました。原作漫画あるんですね。読んでみたいな。紀伊国屋で売っているかな。
184kaiju01

海は怖い側面もあります。底が見えない深い海、夜の海、そして海で出会う圧倒的に巨大な生物。トンガ王国ババウ島でクジラツアーに参加して、幸か不幸かいきなりクジラに遭遇したときは感動する前に正直ビビりました。
185kujira01

この日は経験豊富なツアーガイドも驚くほど母クジラが穏やかで、我々が近づいても動じる気配がありませんでした。子クジラはまるで遊びたがっているかのように接近を繰り返し、嬉しかったけれど、これに当たったら死んじゃうなとけっこう怖くなったのでした。
185kujira03
185kujira04
185kujira05

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

猫になりたい

最近また股関節が痛くてあぐらをかくのも辛いので、こんな猫たちを見ると身体が柔らかくていいなあと心底思います。

176neko01
176neko02
176neko03
176neko04

| | コメント (0)

より以前の記事一覧